教員採用試験~Road to success~

教員採用試験の情報配信ブログ

教員採用試験 一般教養の傾向と対策|一般教養が出ない自治体はどこ?

SUPONSERD LINK

SUPONSERD LINK

f:id:dicekds644:20180502111736p:plain

「教員採用試験の一般教養ってどんな試験?」
「教員採用試験の一般教養はどうやって対策すればいいの?」
「一般教養のレベルは中高の内容って聞くけど本当?」

そう思っている方、多いのではないでしょうか。一般教養は教職教養に比べると科目数も多く対策に時間がかかります。そのため、しっかりと計画を立てる必要がありますね。

こんにちは、教員試験アドバイザーのラビットです。前回「教職教養」について記事を書きました。まだ、見ていないという方は見ておきましょう。

教員採用試験 一般教養とは?特徴と傾向

教員採用試験の一般教養は、今まで学校で勉強してきた内容(主に中学校~高校)の問題が出題されます。社会人として「常識的に知っておかないと恥ずかしいですよ」と思われてはダメなので、勉強する必要があるんですね。

「常識的に知っておかないといけないのに勉強するんだ・・・」というツッコミはしてはだめですよ。

出題される科目は「国語」「社会」「数学」「理科」「英語」の5教科が一般的です。都道府県によっては「音楽」「体育」「美術」「倫理」「情報」「一般常識・時事」からの出題もあります。みなさんが、学生の頃に勉強したことのある科目ばかりですね。

教員採用試験の一般教養は科目数が多い試験

なんといっても、一般教養は対策しなければならない科目数が多すぎます。教職教養であれば、最大で5科目でよかったですね。一般教養では、国語、社会、数学、理科、英語、音楽、体育、美術、倫理、情報、一般常識もあります。

ちなみに、「社会」は、さらに日本史・世界史・地理・政治・経済に分けられます。「理科」は、さらに物理・化学・生物・地学に分けられます。

これを合計すると18科目もあります。教職の3倍以上の科目数があるわけです。しかも、みなさんご存知のとおり、日本史や世界史って範囲が膨大ですよね。物理や地学は、高校で履修していない受験生も多いと思います。でも、教員採用試験では、そんなこと関係なく出題があります。

教員採用試験の一般教養は対策がしにくい

「科目数が多い」「出題範囲が膨大」=対策がしにくいのです。理由は明白です。「確実にでる分野がしぼれない」からです。例えば日本史のイメージって「縄文時代から始まって、鎌倉幕府~戦国時代~江戸幕府~明治維新~昭和~現代」って半端ないくらい長いですよね。それで頑張って勉強したけど、「本番では出題はありませんでした・・・完。」ということが良くあります。

要するに一般教養は科目も多くて、範囲も膨大。でも確実に試験にでるか。っていわれるとそうじゃない。だから対策がしにくい!わけなんですね。

しかし、教養試験の約半分が一般教養であることも事実ですので、対策するしかない。

教員採用試験 一般教養の難易度(レベル)

「数学とか理科とか、中高でまったくだめだったけど・・・」「社会とか暗記科目はほんと無理!」

こういった不安をもっている人も多いのではないでしょうか?一般教養のレベルですが、はっきりいって・・・

高校入試≧教員採用試験≧センター試験」といったところです。

冒頭でも書きましたが、【社会人として「常識的に知っておかないと恥ずかしいですよ」】なので、難しい問題を出しても意味がないんですね。だからこそ基礎をしっかりとしておけば、十分というわけです。

ちなみに、一般教養ですが、私の息子(高校2年生)に神奈川県と愛知県の問題を数年分解かせたところ、5教科に関しては80%以上の正答をしました。※息子の高校は偏差値でいうと55前後の普通の学校です。そんな息子でもこの正答数ですので、そんなにレベルが高いということはないですよね。

中学~高校1年レベルであれば、コツをつかんでしっかりと対策さえすれば正答することは容易です。

教員採用試験 一般教養がない都道府県・政令市

どうしても一般教養が不安で仕方ない・・・。という方は、「一般教養の出題がない」都道府県・政令市を受験する手もありますね。

「え?一般教養の出題がないなんてことあるの?」と思った方。

教員採用試験も一般教養がない県もありますよ!

現在(2018/3/28)東京都、岩手県、福島県、熊本県、熊本市、岐阜県、宮崎県、岡山県、広島県・広島市が一般教養の出題がないです(教職教養と専門試験)。

当然ですが、「一般教養がない」ということは、平均点(ボーダーライン)も高くなります。安易に、一般教養を捨てることはしない方がよいです。

教員採用試験において、一般教養は差が付きやすい教科です。点数が伸びない人の多くが、一般教養で点をとることができていません。

科目数も非常に多いです。勉強をこれから始める方は、「自分の都道府県・政令市では、どんな科目がでているのか」を把握して対策をするようにしましょう。科目ごとの特徴や攻略法を書いています。一般教養の問題ってどんなの?と思う人は是非確認しておきましょう。