教員採用試験~Road to success~

教員採用試験の情報配信ブログ

【大阪府】教員採用試験|試験日程×試験内容×倍率他

SPONSORED LINK


SPONSORED LINK


f:id:dicekds644:20180502114033p:plain

大阪府の教員採用試験を受験する人、目指している人に向けて試験情報を書いています。

平成31年度(平成30年実施)教員採用試験 大阪府の募集要項配布及び出願が始まりました。

本記事では大阪府教員採用試験 試験概要、試験内容や倍率などについて書いていきます。

次のページでは筆記試験、論作文試験、面接試験の特徴や傾向、過去問や質問内容について書いています。

大阪府の求める教員像

教員採用試験ではそれぞれの都道府県・政令市で求める教員像を提示しています。

必ず、自分が受験する都道府県・政令市の教員像を確認しておきましょう。面接試験等で質問されることもあります。

平成30年(2018年)実施試験で、大阪府はこんな先生を求めています。

1.豊かな人間性

実践的な専門性開かれた社会性何より子どもが好きで、子どもと共感でき、子どもに積極的に心を開いていくことができる人

2.実践的な専門性

幅広い識見や主体的・自律的に教育活動に当たる姿勢など、専門的知識・技能に裏打ちされた指導力を備えた人

3.開かれた社会性

保護者や地域の人々と相互連携を深めながら、信頼関係を築き、学校教育を通して家庭や地域に働きかけ、その思いを受け入れていく人。

教員採用試験 大阪府の年齢制限

教員採用試験の年齢制限は幅広い経験のある人を採用するために高く設定する都道府県が多くなってきています。年齢によって不利になることもないため年齢が高くてもチャンスはあります。

一般選考(幼稚園・小学校共通、小学校)
年齢制限は、昭和43年4月2日以降に生まれている人を対象としています。

一般選考(その他の区分)
昭和48年4月2日以降に生まれている人を対象としています。

教員採用試験 大阪府の主な採用人数

大量募集は終了したといわれていますが、まだまだ採用数は多めです。平成30年(2018年)実施試験の募集人数は以下のとおりです。

小学校
550人

中学校
全体で380人
【国語、社会、数学、理科、音楽、美術、保健体育、技術、家庭、英語】

高等学校
全体で200人
【国語、地歴、公民、数学、理科、保健体育、農業、工業、英語、看護、情報】

養護教諭
25人

栄養教諭
10人

教員採用試験 大阪府の試験日程

平成30年(2018年)実施試験 大阪府の試験は、下記の日程で選考が進んでいきます。試験日まで残り何日かを把握して、学習計画を立てるようにしましょう。

教員採用試験 大阪府の出願期間
平成30年3月29日~4月25日

教員採用試験 大阪府 1次試験の日程
平成30年6月30日(土)
合格発表
7月13日(金)

教員採用試験 大阪府 2次試験の日程
平成30年7月18日~22日の指定された1日
合格発表
8月9日(木)

教員採用試験 大阪府 3次試験の日程
平成30年8月16,18,25,26日 科目によって異なる。平成30年8月下旬~9月上旬
最終合格発表
10月19日(金)

教員採用試験 大阪府の試験内容

教員採用試験の選考では筆記試験以外にも面接試験や論作文、集団討論などが実施されます。

実施される試験内容は都道府県・政令市によって異なります。

実施要項を確認して、どんな試験が実施されるのか把握しておきましょう。

教員採用試験 大阪府 1次試験の内容

大阪府の筆記試験は教養試験が実施されます。

ちなみに大阪市、堺市、豊能地区も同じ試験問題を使って実施されます。

教養試験は教職教養と一般知能の出題があります。

教員採用試験で一般知能の出題がある都道府県は大阪府(大阪市、堺市、豊能地区含む)だけなので聞きなれないかもしれませんね。

内容は数的推理、判断推理、文章理解、資料解釈で、公務員試験でよく出題される内容です。

教員採用試験 大阪府 2次試験の内容

二次試験では個人面接が実施されます。

大阪府は筆記試験で基準点を取った人を対象に個人面接を実施します。

教員採用試験 大阪府 3次試験の内容

大阪府の三次試験は種類が多いです。実施される試験は専門試験、個人面接、模擬授業、実技試験です。

教員採用試験 大阪府の倍率

平成29年(2018年)の倍率は6.3倍でした。全国の平均倍率が4.6倍なので、平均よりは高い傾向にあります。

科目ごとの倍率は以下のとおりです。

f:id:dicekds644:20180415132057j:image