教員採用試験~Road to success~

教員採用試験の情報配信ブログ

教員採用試験【愛知県】の論作文 特徴×テーマ×勉強法

SUPONSERD LINK

SUPONSERD LINK

f:id:dicekds644:20180508213224j:image

こんにちは、教員採用試験アドバイザーのラビットです。

「教員採用試験 愛知県」について合格するための試験情報を4回に分けて書いています。

前回は「教員採用試験 愛知県の筆記試験」について書きましたね。今回の記事(3記事目)では第3回「教員採用試験 愛知県の論作文」について書いています。

教員採用試験の論作文は必ず傾向があります。傾向を把握して答案を書く練習をすることで一気に評価がもらえる答案を作成することができますよ。この記事を読むことで悩みが解決できると幸いです。

教員採用試験 愛知県 論作文試験の特徴

愛知県の論作文試験は2次試験に実施されます(社会人特別選考は1次試験にも実施)。特徴は「文章を読み取って書くタイプ」と「グラフを読み取って書くタイプ」の2種類から出題がされます。

自分の考えを書くだけではなく「文章(グラフ)を読み取って」書く必要があります。

文字数と試験時間

文字数は900字以内で制限時間は60分です。原稿用紙は縦書きタイプの書式です。最低でも800字以上は書くようにしましょう。

教員採用試験 愛知県 論作文試験のテーマ

①次の図表は,日本を含めた7か国の満13~29歳の若者を対象とした意識調査結果からの抜粋である。この図表からあなたは何を読み取り,それを踏まえて教員としてどのような教育を心がけたいかを述べよ。(平成29年実施)

f:id:dicekds644:20180508225002p:plain

②次の詩を読んで,この筆者の考えをあなたはどうとらえるか。また,それを踏まえて,あなたはどのような教員になりたいと考えるか。

あなたの<こころ>はどんな形ですか。とひとに聞かれても答えようがない自分にも他人にも<こころ>は見えないけれどほんとうに見えないのであろうか確かに<こころ>はだれにも見えないけれど<こころづかい>は見えるのだ それは人に対する積極的な行為だから同じように胸の中の<思い>は見えないけれど<思いやり>はだれにでも見えるそれも人に対する積極的な行為なのだから(平成28年実施)

教員採用試験 愛知県 論作文の傾向

平成27年実施のテーマは「グラフを読み取る形式」、平成26年実施のテーマは「文章を読み取る形式」・・・と交互に出題されていることがわかります。

よって平成30年実施の論作文は「文章を読み取る形式」で練習をしておくことをおすすめします。

 

教員採用試験 愛知県 論作文 おすすめテキスト(参考書)

まったく論作文が書けない人にオススメのテキストです。トレンドの教育テーマ(いじめやアクティブラーニングなど)の模範解答例がたくさん掲載されています。それを徹底的に覚え、自分なりの考えをいれる方法が書いてあります。まさに手取り足取りの参考書です

実際の論作文をもとに添削例が豊富に載っています。論作文の基礎がない人もある程度書ける人も読んでおけば評価がワンランクアップするスグレモノです。