教員採用試験~Road to success~

教員採用試験の情報配信ブログ

青森県 教員採用試験 試験日程×試験内容×倍率他

SPONSORED LINK


SPONSORED LINK


青森県 教員採用試験 試験内容 日程 倍率
青森県の教員採用試験を受験する、目指している人に向けて試験情報を書いています。

青森県の試験っていつあるの?
青森県の試験内容はどんな試験があるの?
青森県って倍率は高いの?低いの?

本記事では青森県の試験概要、試験内容や過去の倍率などについて書いていきます。まずは青森県の教員採用試験を知ることから始めてみましょう。

知ることができたら、「筆記試験の情報記事」や「面接試験の情報記事」で青森県の教員採用試験に合格するために必要な情報を確認してください。

ひととおり確認することができたら、「合格するために何をしないといけないか」わかりますよ。

教員採用試験 青森県 試験日程と試験内容

教員採用試験は出願→1次試験→2次試験→最終合格という流れで選考が行われます。

平成30年(2018年)実施試験の受付期間は平成30年4月26日(木)~5月18日(金)の約3週間です。

1次試験は平成30年7月21日(土)、7月22日(日)に実施されます。試験内容は筆記試験り教養試験、専門教養)、集団討論。合格発表日は平成30年8月31日です。

2次試験は平成30年9月22日(土)、9月23日(日)、9月24日(月)に実施されます。試験内容は個人面接(模擬授業含む)、適性検査、小論文、実技試験(科目による)。最終合格発表日は平成30年10月24日(水)です。

多くの県は合格発表まで2週間前後の期間ですが、青森県は1ヶ月以上も日程が空いているのが特徴です。

教員採用試験 青森県 主な試験変更

小学校・特別支援学校小学部を受験する人は、筆記試験の専門教養で「生活、音楽、図工、家庭、体育」にくわえて、「英語」が追加されます。
また、二次試験の模擬授業で実施していた英語による簡易な自己紹介が廃止になります。

小学校は2020年からスタートする次期(新)学習指導要領が大幅に変更されます。改めて内容を確認しておくようにしましょう。

教員採用試験 青森県 採用人数

平成30年(2018年)実施試験では下記の教科と校種の募集があります。採用人数などを確認しておきましょう。
募集校種 採用人数
小学校 110人
中学 国語 中学全体で40人
中学 社会
中学 数学
中学 理科
中学 音楽
中学 美術
中学 保健体育
中学 技術
中学 家庭
中学 英語
高校 国語
高校 地理歴史 高校全体で65人
高校 公民
高校 数学
高校 物理
高校 生物
高校 化学
高校 地学
高校 音楽
高校 美術
高校 書道
高校 保健体育
高校 家庭
高校 英語
高校 商業
高校 農業
高校 工業
高校 福祉
高校 情報
特別支援学校 30人
養護教諭 25人

教員採用試験 青森県 年齢制限

平成30年(2018年)実施試験では昭和34年4月2日以降に生まれた人が受験することができます。

全国的に年齢制限を事実上撤廃(60歳未満まで受験可)しています。青森県も60歳未満まで受験可能なため多くの人にチャンスがあります。

教員採用試験 青森県 特別(特例)選考

経験豊富な講師や社会人を積極的に採用している県が増えています。条件は各県によって様々です。

一般選考に比べて筆記試験の免除などの特例を受けることが多いです。まずは条件に当てはまるか確認してみましょう。

正規教諭経験者

平成31年3月31日現在で3年以上の正規教諭経験がある人は1次試験の教養試験が免除になります。

講師経験者

青森県内の公立学校において平成25年4月1日~平成30年5月31日までの間で3年以上の講師経験(非常勤講師除く)がある人は1次試験の教養試験が免除になります。

社会人経験者

高校英語のみ実施。民間企業で正社員として5年以上の勤務実績がある人で、実用英語技能検定1級、TOECI860点以上、TOEFL600点以上のいずれかを満たす人は1次試験を個人面接に変更できる。

スポーツ特別選考

スポーツの分野において平成25年4月1日以降、①国際的又は全国的規模の大会で優秀な成績を有する人②①の者を指導育成した実績を有する人は1次試験を書類審査と個人面接に変更できる。

教員採用試験 青森県 過去の倍率

平成29年(2017年)~平成27年(2016年)の3年分の倍率(主な試験)になります。
参考程度に確認しておきましょう。
教員採用試験 青森県 倍率
☑︎青森県の筆記試験について特徴や傾向をまとめています。 あわせてご覧ください。
関連記事青森県 筆記試験の特徴×傾向×過去問他青森県 教員採用試験 傾向 過去問 合格点