教員採用試験~Road to success~

教員採用試験の情報配信ブログ

千葉県・千葉市 教員採用試験 2018年実施 筆記試験の考察

SPONSORED LINK


SPONSORED LINK


千葉県・千葉市 教員採用試験 問題 解答 過去問 傾向
千葉県・千葉市(平成30年(2018年)7月8日実施)の教員採用試験を受験した人お疲れさまでした。

試験はどうだったでしょうか?手応えがある人も、ない人も2次試験に切り替えて準備をしていきましょうね。

試験の本番は2次試験です。ここで評価をもらえないと筆記試験の点数が高くても意味がありませんので注意したいですね。

本ブログでも2019年実施試験に向けて情報記事を書いていかなければいけません。

本記事では「千葉県・千葉市 教員採用試験 2018年実施 筆記試験の考察」について書いていきます。

千葉県・千葉市 教員採用試験 出題数・出題形式

出題数や出題形式に大きな変化はなく、問題数は例年通り30問の出題でした。

解答が発表されています。答え合わせをしましょう。
https://www.pref.chiba.lg.jp/kyouiku/syokuin/ninyo/h30/h31saiyousennkouseitou.html

2017年実施試験で出題数が増えた「千葉県に関連する問題」は、昨年と同じく7問出題されています。

千葉県に関連する問題の内容は①「千葉県総合教育センター 学級づくりガイドブック」、②「規律ある明るい学校環境づくり」、③「新みんなで取り組む『教育立県ちば』プラン」、④「平成30年度 千葉県学校教育指導の指針」。

⑤「千葉県子どもの読書活動推進計画」、⑥「千葉県の健康教育」⑦です。

千葉県・千葉市 教員採用試験 出題傾向

昨年度(2017年)も出題されていた「次期(新)学習指導要領」は、4問出題されています。

2018年3月に告示された高等学校学習指導要領の出題はありませんでした。

その他、中央教育審議会の答申である「学習指導要領の改善及び必要な方策等」に関する問題が4問出題されていました。

学習指導要領に関する問題と千葉県に関する問題だけで約半数を占めていますね。

教育原理は「学校人権教育指導資料第37集」、「生徒指導提要」、教育法規は「いじめ防止対策推進法」「義務教育の段階における普通教育に相当する教育の機会の確保等に関する法律」、「学校給食法」、教育心理は「適正処遇口交互作用(ATI)」「メタ認知」から出題されていました。

しっかりと参考書などで対策をしておけば正答できる問題が多かったです。

2018年 千葉県・千葉市 教員採用試験 難易度

例年に比べると、教育時事関連の問題に難しい問題が目立ちました。

苦戦した受験生が多いのではないでしょうか。

出題された教育時事

  • 子どもの貧困対策に関する大網
  • これからの学校教育を担う教員の資質能力の向上
  • 学校事故対応に関する指針
  • 学校における働き方改革に関する総合的な方針
  • 人づくり革命担当大臣などの政策会議の中間報告

来年度、千葉県・千葉市を受験する人は、まず学習指導要領に関する知識を押さえておきましょう。

もちろん、中央教育審議会の答申についてもです。その上で、千葉県の教育委員会について調べておけるといいですね。

おすすめの予備校
次期(新)学習指導要領と千葉県対策ができる予備校は資格の学校TACで決まり!
千葉県・千葉市 教員採用試験 問題 解答 過去問 傾向
ガイダンスや資料請求をして、実態を確認してみましょう。
既に対策を始めているライバルはたくさんいますよ。