教員採用試験~Road to success~

教員採用試験の情報配信ブログ

福島県 教員採用試験 試験内容×試験日程×倍率他

SPONSORED LINK


SPONSORED LINK


教員採用試験【福島県】試験傾向×参考書×面接質問内容

福島県の教員採用試験を受験する、目指している人に向けて試験情報を書いています。

本記事では、福島県の試験概要(試験日程、試験内容、倍率など)について書いていきます。

ほかの記事でも福島県の筆記試験、面接試験の傾向や過去問例について書いています。

教員採用試験 福島県の求める教員像

教員採用試験では各都道府県・政令市ごとに求めている人物が違います。

自分の受験する都道府県・政令市はどんな人物を求めているのか知っておく必要があります。

① 児童生徒の人権を尊重し、教育的愛情と教育に対する情熱、使命感を持って常に学び続ける教師
② 教育者としての深い専門性や幅広い教養を持ち、実践的指導力のある教師
③ 社会人として心身共に健康で、高い倫理観と自律心を持ち、個性豊かで児童生徒、保護者、地域住民から信頼される教師

求める教員像は面接試験で聞かれることがあります。

教員採用試験 福島県 試験変更点

平成30年実施試験では主に2つの変更があります。

しっかりと内容を確認しておいてくださいね。

年齢の制限

一般選考 :「平成31年4月1日現在満50歳以下の者(昭和43年4月2日以降に生まれた者)」 
特別選考I:「平成31年4月1日現在満59歳以下の者(昭和34年4月2日以降に生まれた者)」 

教員免許複数所持者への加点

小学校教諭の志願者のうち、中学校教諭免許状、特別支援学校教諭免許状を所有、又は取得見込の場合、所定の手続を行うことにより第一次選考試験教科試験において加点(6点)します。

中学校教諭志願者のうち、小学校教諭免許状、受験教科以外の中学校教諭免許状、特別支援学校教諭免許状を所有、又は取得見込の場合、所定の手続きを行うことにより第一次選考試験教科試験において加点(6点)します。 

教員採用試験 福島県 年齢制限

平成30年実施試験では一般選考:昭和43年4月2日以降に生まれた人(50歳未満)、特例選考:昭和43年4月2日以降に生まれた人です(59歳未満)全国的に59歳まで受験できるように範囲が広くなってきています。 

教員採用試験 福島県 試験日程

教員採用試験は出願期間から最終合格発表まで長い期間(半年)かかります。

しっかりと日程を把握して学習計画をたてましょう。

出願日程
平成30年5月11日~5月25日

1次試験
平成30年7月21日(土)、22日(日)
合格発表
平成30年8月末

2次試験
一次試験とは違い受験する校種によって日程が異なっています。
小学校、中学校、養護教諭
平成30年9月8日(土)、9日(日)

高等学校
平成30年9月15日~17日の間で指定された2日間

特別支援学校
平成30年9月15日(土)、16日(日)

教員採用試験 福島県 募集教科と採用人数

大量募集は終了したといわれていますが、まだまだ採用数は多めです。

平成30年(2018年)実施試験の募集人数は以下のとおりです。
小学校
240人

中学校
全体で75人
(国語、社会、数学、理科、音楽、美術、保健体育、技術、家庭、英語)

高等学校
全体で40人
(国語、日本史、世界史、地理、倫理、政治経済、数学、物理、化学、生物、地学、保健体育、音楽、美術、書道、英語、家庭、農業、工業、商業、水産)

特別支援学校
70人

養護教諭
30人

教員採用試験 福島県 試験内容

一次試験
教養試験(30分)、専門教養(60~100分)、集団面接(30分)、実技試験が実施されます。

二次試験
受験する校種によって実施内容が異なります。

必ず内容を確認してから対策するようにしましょう。

小学校
試験日程:平成30年9月8日(土)
試験内容:個人面接、模擬授業、小論文、集団討論、適性検査

中学校、養護教諭
試験日程:平成30年9月9日(日)
試験内容:個人面接、模擬授業(養護教諭は場面指導)、小論文、集団討論、適性検査

高等学校
試験日程:平成30年9月15日~17日
試験内容:個人面接、模擬授業、小論文、集団討論、適性検査

特別支援学校
試験日程:平成30年9月15日(土)、16日(日)
試験内容:個人面接、模擬授業、小論文、集団討論、適性検査

教員採用試験 福島県 特例選考(試験の免除)

今までの経歴に応じて、筆記試験の免除等の特権を受けることができる選考があります。

必要な職務経験を満たしている場合は、一般選考よりも優位に選考を受けることができます。

講師経験者特別選考

1次試験の教養試験を免除
条件:福島県内の公立学校(小学校、中学校、高等学校及び特別支援学校)及び同県内の国立大学法人附属学校において、臨時的任用教員(福島県内の市町村が任命し、自ら設置する小学校・中学校で臨時的に任用をしている教員を含む。)として直近の3年度間(平成27年4月1日~平成30年3月31日)に、通算15ヶ月以上の教職経験がある者。

1日でも勤務した月は、1ヶ月と見なします。また、非常勤として週3日以上(1日の勤務時間は問わない。)任用されている期間は、教職経験として通算できます。

教員採用試験 福島県 倍率

福島県教員 倍率