教員採用試験~Road to success~

教員採用試験の情報配信ブログ

教員採用試験 【鹿児島県】の教師になる|傾向×対策×倍率他

SUPONSERD LINK

SUPONSERD LINK

f:id:dicekds644:20180511205219j:image

こんにちは、教員採用試験アドバイザーのラビットです。

教員採用試験 鹿児島県の募集要項配布及び出願が始まります。鹿児島県を受験する人は必ず確認してくださいね。

これから全3回にわたって「教員採用試験 鹿児島県」について合格するための試験情報を書いていきます。

第1回「教員採用試験 鹿児島県の試験概要」

第2回「教員採用試験 鹿児島県の筆記試験」
第3回「教員採用試験 鹿児島県の面接試験」

今回の記事では「教員採用試験 鹿児島県の試験概要」について書いています。

教員採用試験 鹿児島県の求める教員像

都道府県・政令市ごとで求める教員像は変わります。その都道府県・政令市が抱えている教育問題や教育方針が違うからです。必ず確認しておきましょう。

平成30年実施の鹿児島県はこんな先生を求めています。

1心身ともに健やかで明朗活発な教師

2高い専門性と幅広い教養をもち謙虚に学び続ける教師

3情熱と使命感にあふれ、教育的愛情をもつ教師

4人間性豊かで的確なコミュニケーション能力をもつ教師

求める教員像は面接試験で聞かれることもあります。

 

教員採用試験 鹿児島県の年齢制限

平成30年実施試験は昭和53年4月2日以降に生まれた人になります。40歳までのため全国的には年齢制限が低い部類に入ります。

社会人特別選考の場合は昭和48年4月2日以降に生まれた人になります。

 

教員採用試験 鹿児島県 試験日程

平成30年(2018年)実施試験 大阪府の試験は、下記の日程で選考が進んでいきます。試験日まで残り何日かを把握して、学習計画を立てるようにしましょう。

教員採用試験 鹿児島県 出願日程

平成30年5月21日~6月4日です。電子申請の場合は6月1日までと少し短くなります。

教員採用試験 鹿児島県 1次試験の日程

平成30年7月14日・15日の二日間実施されます。

合格発表8月中旬

教員採用試験 鹿児島県 2次試験の日程

平成30年8月27日~9月7日のうち指定された1日。

合格発表10月中旬

 

教員採用試験 鹿児島県 募集教科と採用人数

大量募集は終了したといわれていますが、まだまだ採用数は多めです。平成30年(2018年)実施試験の募集人数は以下のとおりです。

小学校

160名

中学校

国語 6名

社会 4名

数学 7名

理科 7名

英語 18名

音楽 3名

美術 若干名

家庭 若干名

保健体育 18名

技術 若干名

高等学校

国語 4名

地理歴史 4名

数学 4名

理科 若干名

英語 4名

音楽 若干名

美術 若干名

家庭 3名

保健体育 4名

工業 若干名

農業 若干名

商業 3名

水産 若干名

看護 若干名

特別支援学校

小学部 12名

中高部 22名

養護教諭

小中高特 26名

栄養教諭

小中特 5名

 

教員採用試験 鹿児島県 1次試験の内容

平成30年実施試験の1次試験は7月14日(音楽のみ)、15日の2日間実施されます。

試験内容は教養試験(教職教養、一般教養)、専門教養、実技試験が実施されます。

実技試験は中学校(音楽、美術、保健体育)、高等学校(音楽、美術、保健体育)、特別支援学校(音楽、美術、保健体育)

 

教員採用試験 鹿児島県 2次試験の内容

平成30年実施試験の2次試験は8月27日~9月7日の指定された1日で実施されます。

試験内容は個人面接、適性検査、グループ討議が全員必須です。

小学校受験者(特別支援含む)は体育実技試験(水泳含む)があります。

中高特家庭の受験者は被服実技があります。

中高特英語の受験者は英語会話があります。

 

教員採用試験 鹿児島県 特例選考(試験の免除)

経験豊富な人材を確保するために多くの都道府県で特別選考を実施しています。経歴や経験によって試験の免除などの特例措置を受けることができます。

教員経験者特別選考

条件:鹿児島県外の地区で正規教員として勤務しており過去に文部科学省又は都道府県・政令市において優秀教員表彰等を受けた人

1次試験の教養試験を免除

社会人特別選考

高等学校の家庭と看護のみ募集

条件:調理法8条の3第1項に規定する調理技術に関する審査に合格し、同法施行規則21条第1項の認定証書の交付を受けた人、もしくは調理師の資格をもち調理師として5年以上の実務経験を有する人。

または国公立又は民間の医療機関で看護師として5年以上の実務経験を有する人

1次試験の教養試験と2次試験の被服実技を免除

小学校英語特別選考

条件:実用英語検定準1級以上の所有者、TOEFL79点以上、TOEIC1095点以上のもの(TOEIC IPは除く)のいずれかに該当する人

1次試験の教養試験を免除

 

教員採用試験 鹿児島県 倍率

鹿児島県の倍率は全国的にみてもかなり高いです。そのためしっかりとした対策が必要ですね。

f:id:dicekds644:20180511205248p:image

教員採用試験 鹿児島県を目指す人におすすめのテキスト

<<関連記事 おすすめの参考書TOP5>>

勉強を始める前に過去問を使って出題傾向の把握やレベルの確認をすることから始めましょう。