教員採用試験~Road to success~

教員採用試験の情報配信ブログ

学校の先生になるには?教員採用試験とは?

SUPONSERD LINK

SUPONSERD LINK

f:id:dicekds644:20180502111431p:plain

学校の先生になるためには「教員免許」を取得して年1回実施される教員採用試験に合格することでなることができます。いじめ問題や部活動問題など教員を取り巻く環境は決していいものではありませんが、人気のある職業の一つです。

今回の記事では「公立学校の先生になるためには、どうすればなれるのか」について書いていきます。教員を目指す人にとって価値のある記事になっています。

教員免許を取得しよう

学校の先生になるためには「教員免許」が必要です。この免許がないと原則、学校の先生として働くことはできません。教員免許にも下記のように種類があります。

普通免許

一般的な教員免許です。大学の教育学部や教職課程で必要単位を履修することで発行されます。知っての通り、学校といっても小学校から中学、高校とあります。中学・高校では科目ごとに分かれますよね。当然ですが、指導したい校種・科目の免許を取得する必要があります。

中学・高校の社会科であれば多くの大学で取得することが可能ですが、小学校や養護教諭となると大学も限られてきます。そのため、大学を選択する場合は「自分の進学する大学で取れる教職免許」を確認しておくようにしましょう。

特別(臨時)免許

「なんでこの先生は数学も教えて理科も教えてるんだろうか?」みなさんの学校にもこういった先生がいませんでしたか?最近は教員の不足が加速化している傾向もあり、通常の免許のほかに「臨時免許」を発行して指導をさせるといった学校が増えているそうです。

また、特別免許は普通免許を持ってはいないが、特殊な技能や経験を持っている人を教師として採用する場合等に発行される免許状です。どちらも有効期限があるため無限にできるわけではない点は注意が必要です。

教員採用試験

学校には「公立学校」と「私立学校」の2種類があります。それぞれ試験の方法が違うため事前に確認しておく必要があります。今回は「公立学校」の正規教員になるための方法を教えます。

公立学校の先生になるためには、毎年、夏に実施される「教員採用試験」を受験する必要があります。試験は各都道府県・政令市で実施されるため、働きたい都道府県・政令市を受験する必要があります。もちろん、試験ですので不合格になる場合も当然ですがありますね。10年前に比べると倍率は低くなっているので、合格はしやすくなってはいますが、都道府県によっては10倍を軽く超えることもあるので、絶対に対策は必要な試験です。

教員採用試験 試験の流れ

3月~5月にかけて、実施要項配布・出願願書の提出を行います。当然ですが、願書を提出しないことには試験を受験できません。時期は各都道府県によって異なるので、希望する都道府県のホームページはチェックするようにしましょう。

6月下旬~7月下旬にかけて、1次試験が実施されます。大きく分けて北海道~関西~関東~九州・四国~東海・北陸・東北~の順で試験が実施されます。試験の日程が重なっていなければ複数受験することは可能です。合格のチャンスを広げる意味でも複数受験をオススメします。1次試験の合格発表は7月下旬~8月中旬です。

その後、8月中旬~9月上旬にかけて、2次試験が実施されます。多くの都道府県が2次試験まで。※一部3次試験まで実施するところもあります。

最終合格発表が9月下旬~10月中旬に出揃い、採用内定となります。

教員採用試験 試験の内容

教員採用試験では多くの試験が実施されます。主に「筆記試験」と「面接試験」に分けることができます。

皆さんもご存じのとおり、教育問題は多様化していますね。いじめ問題や不登校問題などです。科目の知識があることは当然ですが、それ以上に教育問題を解決できる教員としての能力が重要となっています。そのため、筆記試験よりも面接試験が重要となっています。

筆記試験は教養試験(教職教養、一般教養)と専門教養が実施されます。ボーダーライン(合格点)は約60~70%となっています。

面接試験は個人面接・集団面接の他、模擬授業、集団討論、実技試験等が実施されます。先程も書きましたが、この面接試験が非常に重要となってきます。都道府県によって実施内容は異なるため、実施要項のチェックは必須です。

 

教員採用試験 不合格の場合は?

もし教員採用試験に不合格となってしまっても講師(常勤・非常勤)として勤務することが可能です。非常勤講師は自分の担当する授業分だけを受け持ちます。給料も授業分しかでません。常勤講師は正規教員と同等に扱われます。もちろん、担任をすることも、部活の顧問になることもあります。給料も正規教員と同じく支給され、賞与ももらえます。どちらも任期があるため、必ず採用されるわけではないことも考えておく必要がありますね。

教員採用試験 まとめ

教員免許さえ取得していれば、何かしらの形で教壇にたつことは可能です。しかし、講師をだらだらとやり続けていれば、いずれ正規教員になれる。そんなことはありません。合格するためには、準備と努力が必要です。そのことを意識して対策をするようにしましょう。