教員採用試験~Road to success~

教員採用試験の情報配信ブログ

奈良県 教員採用試験 面接試験×集団討議 傾向や質問内容

SPONSORED LINK


SPONSORED LINK


奈良県 教員採用試験 面接試験 傾向 質問内容
奈良県の教員採用試験を受験する、目指している人に向けて試験情報を書いています。

奈良県の人物試験って何があるの?
奈良県の集団討論の傾向やテーマは?
奈良県の個人面接ってどんな質問がされるの?

このような悩みや疑問をお持ちの方、多いのではないでしょうか。

面接試験は、教員採用試験のなかで1番重要な試験で、合否に直接関係すると言っても過言ではありません。

昨今の教師を取り巻く環境は決していいものではありませんよね。いじめ問題や不登校、モンスターペアレンツなど教師の仕事は増える一方です。

勉強だけできても、そういった教育問題に対応できなければ教員としては認められない時代になっています。

そのために面接試験などを通して人間的な魅力をもっているかどうかで最終合否を出すことになっています。

本記事では奈良県の面接試験について特徴や傾向を書いていきます。まずは奈良県の面接試験の傾向を知って、自己分析をしていきましょう。

ひととおり確認することができたら、「面接試験対策をはじめるために必要なこと」がわかるはずです。

ほかの記事では奈良県の試験概要や筆記試験についてまとめています。

奈良県 教員採用試験 面接試験の内容と配点

奈良県は1次試験に集団面接、2次試験に集団討議と個人面接(模擬授業含む)が実施されます。

配点は集団面接と集団討議がそれぞれ100点、個人面接が200点となっています。

面接試験では、点数によってA〜Eの5段階評価をつけることが多いです。その評価がD,E評価の場合、筆記試験の点数が良くても、不合格とすることが多いです。

筆記試験で満点近く点数を取れば面接試験の評価が悪くても合格するという話はありませんので注意しましょう。

奈良県 教員採用試験 集団面接の傾向と質問内容

集団面接は1グループ7人程度で実施されます。面接時間は30分。

ひとつの質問に対して1分程度で回答を求められますが、時間を過ぎると打ち切りになります。

時間をオーバーしたら不合格になることはありませんが、評価には響くと思っておきましょう。面接練習をするときから、時間を意識することが大切ですね。

奈良県 教員採用試験 集団面接 質問内容

・奈良県の魅力を教えてください。
・授業中に教室内を歩き回る児童・生徒への対応の仕方を教えてください。。
・共に学ぶとはどういう意味だと思いますか。

・あなたにとって優しさとは何ですか。
・今までで一番頑張ったことは何ですか。
・頑張ったことをどう教育に活かしますか。
・奈良県の子どもの体力低下が問題視されていますが、何が原因だと思いますか。

・子どもと接するとき,大切にしていることはありますか。
・どのような学級を作りたいですか。
・どのような子供を育てたいですか。
・自己PRをしてください。

奈良県 教員採用試験 集団討議の傾向とテーマ

集団討議は1グループ7人程度で実施されます。試験時間は35分。

討論の初めにテーマが発表されるので、2分間テーマについて考える時間が与えられます。その後、グループ全員で討議を行います。

集団討議では、まず討議に参加することが大切です。そのうえで、ほかの受験者の話を聞く、協力できているか。など試験官に評価されます。

討議に参加しないことは論外ですが、自分だけ意見を言っても評価はあがらないことを知っておきましょう。

奈良県 教員採用試験 集団討議 テーマ例

いじめへの対応
道徳教育の充実
情報社会におけるモラル教育
教職員のコンプライアンス意識の向上など。

奈良県 教員採用試験 個人面接の傾向と質問内容

奈良県の個人面接は模擬授業も同時に実施されます。

面接試験の時間は45分で、面接の最初に模擬授業を実施し、その後面接に入ります。
最初に模擬授業のテーマが発表され5分程度考える時間が与えられます。
模擬授業実施後、すぐに個人面接になります。

奈良県 教員採用試験 個人面接の質問内容

・模擬授業の出来はどうでしたか。
・模擬授業のこの後の展開はどうなる予定でしたか。
・模擬授業の点数は何点ですか。

・模擬授業の時間配分はどうでしたか。
・廊下で叩かれている生徒がいました。その子は笑っています。どう対応しますか。
・クラブ活動を決めるときにひとつのクラブに人気が集中しています。どうしますか。

・部活動やサークル活動はしていましたか。
・サークル活動を通して何を学びましたか。
・サークル活動で得た力を教育にどうやって活かしますか。

・遠隔地の勤務でも大丈夫ですか。。
・どんな学級を作っていきたいですか。
・奈良県の教育目標を知っていますか。

・なぜ奈良県を志望するのですか。
・なぜその教科を希望するのですか。
・生徒指導に活かせる経験はなにかありますか。

・教師としてのやりがいは何ですか。
・スマートフォンを休み時間に触っていたので取り上げました。放課後保護者が学校に怒鳴り込んできました。その時の対応をしてください。

・煙草を吸っている生徒を目撃した。貴方が急いで詰めより,質問したところその生徒ははぐらかした。どう対応するか。
・あなたは担任で,「クラスにはクラス分けにより同じクラスに友人がいなくなってしまった。」と主張する生徒がいる。この生徒の親からクラス分けについてのクレームがきた。
対応しなさい。

まとめ

教員採用試験では面接試験の評価が最も重要になっています。筆記試験が出来ていても、面接試験で一定の評価を受けることができないと不合格になってしまいます。

面接試験試験では自己分析にどれだけ時間を使うかで内容の濃さが変わってきます。
ぜひ、時間をかけて自己分析してください。