教員採用試験~Road to success~

教員採用試験の情報配信ブログ

岡山県 教員採用試験 筆記試験の特徴×傾向×過去問他

SPONSORED LINK


SPONSORED LINK


教員採用試験 岡山県 筆記試験 傾向
岡山県の教員採用試験を受験する、目指している人に向けて試験情報を書いています。

本記事では岡山県の筆記試験(特徴、傾向、過去問など)について書いていきます。

他のページでも岡山県の試験概要、論作文、面接試験の特徴や傾向について書いています。

教員採用試験 岡山県 筆記試験の特徴

岡山県の筆記試験は教養試験と専門教養が実施されます。

教養試験は「教職教養のみ」出題されます。一般教養は出題がありません。

教養試験はマークシート式、試験時間50分、配点は100点です。

専門教養は記述式、試験時間60分、配点は100点です。

教員採用試験 岡山県 教養試験の傾向

教職教養25問の出題があります。

一般教養がないため平均点は高くなりやすいです。

教育原理の出題が半分以上を占めています(16問)。

その他、教育法規5問、教育心理3問、教育史2問の出題があります。

教育原理
「学習指導要領」「生徒指導」「人権教育」「特別支援教育」の4分野から毎年出題されています。

昨年(平成29年実施)は学習指導要領5問、教育時事4問、生徒指導3問、特別支援教育3問、人権教育1問の出題数です。

時事の問題も多いため答申の確認は必ずしておきましょう。

教員採用試験 岡山県 過去問例(教育原理)

次の文章は,「生徒指導提要」(平成22年3月文部科学省)の一部である。
( A )~( E )に当てはまる語句の組合せとして正しいものはどれか。

自己指導能力をはぐくんでいくのは,( A )の場を含む,学校生活のあらゆる場や機会です。

授業や( B ),放課後,部活動や地域における体験活動の場においても,生徒指導を行うことが必要です。

その際,( C )など目前の問題に対応するだけにとどめることがないようにする必要があります。

発達の段階に応じた自己指導能力の育成を図るには,各学校段階や各学年段階,また年齢と共に形成されてくる精神性や( D )の程度を考慮し,どの児童生徒にも一定水準の共通した能力が形成されるような( E )な生徒指導が求められます。
A  B  C  D  Eの順
1 .学習指導、給食、問題行動、自発性、総合的
2 .学習指導、休み時間、問題行動、社会性、計画的
3 .進路指導、休み時間、虐待や貧困、自発性、計画的
4 .学習指導、休み時間、虐待や貧困、自発性、総合的
5 .進路指導、給食、虐待や貧困、社会性、計画的

教育法規
「教育基本法」「教職員に関する法規」「児童・生徒に関する法規」「学校に関する法規」から連続で出題があります。

昨年は教育基本法1問、教職員に関する法規1問、児童生徒に関する法規1問、学校に関する法規2問が出題されていました。

問題は空欄補充で4,5つの空欄に当てはまる組合せを選ぶ形式が多いです。

問題集を使って、頻出の条文は覚えておけるようにしましょう。

教員採用試験 岡山県 過去問例(教育法規)

次の文章は,学校教育法施行規則(昭和22年文部省令第11号)の一部である。

( A )~( E )に当てはまる語句の組合せとして正しいものはどれか。

2  前項の規定にかかわらず,知的障害者である生徒を教育する場合は,国語,社会,数学,理科,音楽,美術,保健体育及び( B )の各教科,道徳,総合的な学習の時間,特別活動並びに( A )によつて教育課程を編成するものとする。

ただし,必要がある場合には,( C )を加えて教育課程を編成することができる。

第130条 特別支援学校の小学部,中学部又は高等部においては,( D )場合は,第126条から第128条までに規定する各教科(次項において「各教科」という。)又は別表第三及び別表第五に定める各教科に属する科目の全部又は一部について,合わせて授業を( E )。
A B C DEの順
1 .自立活動、職業・家庭、外国語科、特に必要がある、行うものとする
2 .自律活動、職業、外国語活動、教育的ニーズがある、行うものとする
3 .自立活動、職業・家庭、外国語科、特に必要がある、行うことができる
4 .自律活動、職業・家庭、外国語活動、教育的ニーズがある、行うものとする
5 .自立活動、職業、外国語科、特に必要がある、行うことができる




教育心理
「発達」「学習」分野が頻出です。

学説に関する空欄補充や学説と人名が正しいか○×で答える問題が出題されています。

人名と学説を整理して覚えておけば正答することは十分可能です。

教員採用試験 岡山県 過去問例(教育心理)

次の文は,ハヴィガーストの発達課題(青年期)についての説明である。A~Eについて正しいものを○,誤っているものを×としたとき,その組合せとして正しいものはどれか。

青年期の発達課題として,
①A同年代の男女と新しい成熟した関係を結ぶ,
②B性別と性差および性的な慎みを学ぶ,
③自分の身体を受け入れ,効率的に使う,
④C親や他の大人たちから情緒面で自立する(心理的離乳),
⑤結婚と家庭生活の準備をする,
⑥D就職する,
⑦行動の指針としての価値観や倫理体系を身につける,
⑧E社会的に責任ある行動をとりたいと思い、またそれを実行するの8項目をあげている。
 
A B C D E
1 .○ × ○ ○ ×
2 .○ ○ × ○ ○
3 .× ○ × × ×
4 .× ○ ○ × ○
5 .○ × ○ × ○

教育史
教育史も1~2問出題があります。日本に関すること1問、海外に関すること1問の出題があります。

早い時期からガッツリと対策する必要がありません。問題集を中心に重要人物は把握しておくようにしましょう。

教員採用試験 岡山県 過去問(教育史)

次のA~Eの説明文について,正しいものを○,誤っているものを×としたとき,その組合せとして正しいのはどれか。

A.古代アテネの哲学者ソクラテスは,問答法として「産婆術(助産術)」を実践した。
また,弟子のプラトンがソクラテスの思想を書き記している。

B.古代ギリシャのクインティリアヌスは,アテネに私塾アカデメイアを設立し,形而上学と呼ばれる教育理論を確立した。

C.中世ヨーロッパにおいて,中等教育以上のカリキュラムの中核に据えられたのは,文法,論理学,修辞学,医学,算術,幾何,天文,音楽の「八自由科」であった。

D.アリストテレスの論理学と弁証法を重視するスコラ哲学は,トマス・アクィナスによって大成された。

E.ルソーは,シュタンツの孤児・貧児収容施設に行き,民衆救済の教育方法を実践した。

  A B C D E
1 .○ × ○ ○ ×
2 .○ ○ ○ × ×
3 .× ○ × ○ ○
4 .○ × × ○ ×
5 .× ○ ○ × ○

教員採用試験 岡山県 合格点(ボーダーライン)

教職教養はマークシート式で、基礎的な出題が多いため80点以上(25問中20問以上)は取れるようにしたいです。

専門教養は記述式で文章で解答する問題も多く出題されています。

そのため、出来不出来が一目でわかる試験です。

特に中学校、高等学校は倍率も高くあるため、最低でも70%以上の点数がほしいです。

目安として小学校志望者60%、中学校の倍率が低い教科は65%前後、倍率が高い教科70%前後、高等学校は80%前後の得点は必要と思いましょう。

もちろん面接試験の評価が高ければ、少し点数が悪くても合格することは十分にあります。