教員採用試験~Road to success~

教員採用試験の情報配信ブログ

徳島県 教員採用試験 試験日程×試験内容×倍率他

SPONSORED LINK


SPONSORED LINK


徳島県 教員採用試験 試験日程 試験内容 合格点 倍率
徳島県の教員採用試験を受験する、目指している人に向けて試験情報を書いています。

徳島県の試験っていつあるの?
徳島県の試験内容はどんな試験があるの?
徳島県って倍率は高いの?低いの?
本記事では徳島県の試験概要、試験内容や過去の倍率などについて書いていきます。まずは徳島県の教員採用試験を知ることから始めてみましょう。

知ることができたら、「筆記試験の情報記事」や「面接試験の情報記事」で徳島県の教員採用試験に合格するために必要な情報を確認していきましょう。

ひととおり確認することができたら、「合格するために何をしないといけないか」がわかりますよ。

教員採用試験 徳島県の年齢制限と試験日程

平成30年(2018年)実施試験は昭和54年4月2日以降に生まれた人までが受験できます。

40歳未満なので全国的には年齢制限がきつめの県になります。

全国的に年齢制限の実質撤廃(60歳未満)が行われています。

教員採用試験 徳島県の試験日程

教員採用試験は出願→1次試験→2次試験→最終合格という選考スケジュールです。

必ず実施要項で試験日程は確認しておくようにしましょう。

平成30年(2018年)実施試験の出願日程は平成30年5月14日~5月28日です。この期間内に履歴書や自己PR書などを記入して提出する必要があります。

1次試験は平成30年7月23日(全校種)、7月24日(実技試験のある校種)、7月25日~30日の指定された1日(全校種)と期間が長いです。

2次試験は平成30年8月15日(全校種)、8月16日(小学校)、8月17日~26日の指定された1日(全校種)。受験する試験区分によって日にちが異なるため、併願受験を考えている人は注意が必要ですね。

教員採用試験 徳島県の試験内容

平成30年(2018年)実施試験では筆記試験【教養試験(教職教養、一般教養)、専門教養】と人物試験【実技試験、個人面接、模擬授業、集団面接、論文試験】が実施されます。

教員採用試験は人物試験重視の傾向にあります。そのため自己分析は早めに準備できるようにしておきましょう。

教員採用試験 徳島県の倍率

平成29年〜平成27年 過去3年分の倍率になります。目安程度みておきましょう。
徳島県 教員採用試験 倍率
☑︎徳島県の筆記試験について特徴や傾向をまとめています。 あわせてご覧ください。
関連記事徳島県 筆記試験の特徴×傾向×過去問他f徳島県 教員採用試験 筆記試験 合格点 傾向