教員採用試験~Road to success~

教員採用試験の情報配信ブログ

教員採用試験 【横浜市】の面接試験 特徴×傾向×質問内容

SUPONSERD LINK

SUPONSERD LINK

 

f:id:dicekds644:20180503204021p:plain

こんにちは、教員採用試験アドバイザーのラビットです。

「教員採用試験 横浜市」について合格するための試験情報を4回に分けて書いています。

前回は「教員採用試験 横浜市の論作文」について書きましたね。今回の記事(4記事目)では「教員採用試験 横浜市の面接試験」について書いています。

教員採用試験の面接試験は聞かれた質問、テーマを入手することが対策の第1歩です。

攻略のためには、どんな形式なのかを把握すること。それから、どんな質問内容・テーマなのかを把握してシュミレーションをすることが重要です。この記事を読むことで悩みが解決できると幸いです。

教員採用試験 横浜市 面接試験の特徴

横浜市の面接試験は2次試験に実施されます。

内容は個人面接、模擬授業、集団面接が実施されます。筆記試験の結果は持ち越さず、面接試験の結果だけで最終合格になります。

 

教員採用試験 横浜市 個人面接の傾向

試験時間は20分程度で試験官が2名います。2次試験の際に提出する面接カードに記載した内容から質問されます。

1つの話題に対して深く聞かれるため、しっかりと準備をしておく必要があります。傾向として個人面接のなかで2分間場面指導をします。

教員採用試験 横浜市 場面指導のテーマ

・校門であいさつをしているとAさんが顔にあざをつくって登校してきました。あなたは「どうしたの。」と聞くと無視されてしまいました,その後どう対応しますか。

・クラスでドッジボールをしようとしたときにある児童が「私下手だからやりたくない。」と言いました。あなたならどのような対応をしますか。

・クラス開きの時に「前の先生の方が良かった。」と言う子どもがいました。あなたはどう対処しますか。

・通勤途中で生徒がタバコを吸っているのを見かけたところ,生徒はタバコを消して隠しました。どう指導しますか。

・教室で二人の生徒がケンカしていました。周りの生徒たちはケンカを止めるわけでなく、はやしたてています。あなたはどう指導しますか。

・体育大会のリレーの選手が決まりません。あなたはどのように対応しますか。 他

教員採用試験 横浜市 個人面接 質問内容

1.緊張していますか。

2.志望動機を教えてください。

3.横浜市を志望する理由は何ですか。

4.大学で頑張っていることは何ですか。

5.卒業論文について教えてください。

6.ボランティアで学んだことはありますか。

7.学生時代の部活動について教えてください。また,キャプテンとして頑張ったことは何ですか。

8.教育実習について教えてください。

9.教育実習において心に残ったことは何ですか。

10.教員にとって大切なことは何ですか。

11.問題を起こした子どもについてどう思いますか。

12.横浜市の魅力を2つ教えてください。

13.なぜ私立出身なのに公立がいいのですか。

14.公立と私立の違いは何ですか。それぞれの良さ・改善点を教えてください。

15.わかる授業とは何ですか。

16.わかる授業をするために,あなたはどんな取組みをしますか。

17.いじめが起きたらどう対処しますか。

18.新学習指導要領の道徳について知っていることがあれば教えてください。

19.部活動の顧問はできますか。

20.反抗的な態度の生徒にどう指導しますか。

21.親友とはどういうものだと考えますか。

22.現在自分が教師として足りない部分はどこだと思いますか。

23.横浜市の求めている教師像を3つ教えてください。

24.もし今,たくさん時間があったら誰と何をしたいですか。

25.いつごろから本格的に教員を目指し始めましたか。

26.保護者と接する上で大切だと思ったことは何ですか。

27.横浜市の研修制度で気になるものはありますか。

28.生徒指導の際に心掛けていることは何ですか。また学校の生徒指導方針と自分の意見が合わなかったらどう対応しますか。

29.ストレス度を100%とすると最近のあなたは何%ですか。

30.言い残したことがあれば自己PRも含めて1分で話してください。

一般的なことから、知識に関することまで幅広く質問されています。横浜に関する質問も多く聞かれているため調べておきましょう。

 

教員採用試験 横浜市 集団面接と模擬授業の特徴

1つのグループで模擬授業と集団面接を同時に実施します。

最初は模擬授業で黒板に3つの課題(テーマ)が掲示されます。受験者は5分間の構想時間が与えられ、くじ引きで模擬授業の順番を決めます。グループ全員の模擬授業が終わったらそのまま集団面接になります。

試験時間は全体で80分、1グループ6~8人で試験官が3名います。

教員採用試験 横浜市 集団面接 質問内容

1.チーム学校を知っていますか。また新人教員としてどのように仕事に取り組みますか。

2.いじめのない学級づくりのためにあなたが担任としてできることはありますか。

3.子どもに夢や希望を持たせるために具体的にどのように指導しますか。

4.現在の学校の課題はなんですか。それについての対応策を教えてください。。

5.学級開きに一番伝えたいことは何ですか。

6.保護者と信頼関係を築くために何をすればいいですか。

7.あなたが教員になった時に受けたい研修はありますか。

8.保護者との信頼関係を築き,連携していくために具体的にどのような取組みをしますか。

9.学習活動として,地域との連携を行うとするならば,どのような場面で行うのがいいと思いますか。

10.子どもに寄り添うためにはどうすればいいですか。

この質問内容から2~3つほど質問されています。集団面接は個人面接と違って簡潔に発言することが求められます。

教員採用試験 横浜市 模擬授業のテーマ

平成29年(2017年)実施試験で出題されたテーマの一例を載せておきます。参考にしてください。

小学校

・「物語」「チームワーク」「職業」

・「季節」「発表会」「生命尊重」

中高国語

・「ポスターセッション」「漢和辞典」「勇気」

中高社会

・「納税の義務」「明治時代」「正義」

中高保健体育

・「病原体」「飲料水」「仲間作り」

中高英語

・「私たちの町」「依頼をする」「自由と責任」

特別支援学校

・「本」「店」「信頼」

養護教諭

・「運動」「思春期」「清潔」

 

教員採用試験 横浜市 面接試験の対策をいつからやるといいか

見ての通り横浜市の面接試験は多義にわたります。面接試験の対策をするためには「評価をしてくれる人」や「一緒に練習をしてくれる人」を探す必要があります。

対策が早ければ練習相手を探す時間もありますよね。試験間近になると他の受験者も筆記試験や面接試験で忙しくなり、なかなか一緒に練習することができなくなります。

対策は早めに行った方がいいでしょう。教員採用試験対策予備校でも早くから面接対策講座を募集しているところもあります。ひとりでは対策が難しい面接対策は予備校を利用する手もありますね。

私がおすすめする予備校は「資格の学校TAC」「東京アカデミー」「教栄学院」です。なかでも「資格の学校TAC」は面接対策と論作文添削が無制限のためおすすめです。
資格の学校TAC<教員採用試験対策 面接講座>

教員採用試験 面接試験で受かる人と落ちる人の特徴

受かる人:素直な人、ヤル気・熱意がすごく元気な人、明るい人、ハキハキしゃべれる人、しっかりした志望動機がある人、自分のことをしっかり分析できている人。

落ちる人:理屈っぽい人、ひねくれている人、素直に受け取ることができない人、暗い人、話に一貫性がない人、志望動機が曖昧な人、自分のことがわかっていない人。

教員採用試験で受かる人はこのような人たちです。みなさんも人間の好き嫌いってありますよね。面接試験も人間と人間の試験ですから感情も入ってきます。面接時間が20分で受験者の教育観や使命感を読み取ることはできません。

面接カードや自己アピール書をもとに「しっかりとコミュニケーションをとることができているか」「面接をしていて楽しいか」「しっかりと自分の言葉で自分を表現できているか」を判断する試験です。面接試験は「印象が大事」といわれるのは、こういうところからです。

 

教員採用試験 面接対策でおすすめのテキスト(参考書)

面接のポイントを写真、DVDを使って勉強することができます。視覚的に対策することになるため非常にわかりやすいです。初級~上級とレベル分けされたチェック項目があり、それをクリアするころには自然と面接対策が完了したことになります。DVDには「面接試験で実際にA評価をもらった受験者の映像再現と圧迫面接対応映像が収録されています