使わなくなった参考書買取キャンペーン

青森県教員採用試験の集団討論を攻略する!傾向を解説します。

青森県教員採用 集団討論の傾向

この記事は青森県教員採用試験の集団討論についてまとめています。

「誰かと話し合うことは得意ですか?」

これから仕事をするうえで、誰かと協力して話し合うことは必須なスキルです。なので、集団討論を実施してそのスキルを評価されるわけです。

本記事を読むことで集団討論の傾向から出題テーマ、具体的な対策法まで知ることができますよ。

▼教採に本気で合格したい方へ▼

青森県教員採用 集団討論の傾向

集団討論は1次試験に実施されます。

1つのテーマについて受験者で話し合って、意見をまとめる試験です。

討論の中で気をつけることは、次の4つ。

  • 1人でしゃべりすぎない
  • 他の受験者にも気をつかう
  • 討論に参加する
  • 他人の意見を否定しない

ついつい話し合いになると他の受験者と衝突することがあるかもしれません。

そういった状況での態度や対応も評価対象となっているので注意しましょう。

青森県教員採用 集団討論の時間

試験時間 40分

青森県教員採用 集団討論の流れ

[ti label=‘STEP1’ title=‘テーマの発表’]試験会場に入ると集団討論の説明とテーマの発表がおこなわれます。

テーマは面接官が1回読み上げるだけなので集中して聞くようにしましょう。

ここで聞き漏らすと最悪です。

[/ti] [ti label=‘STEP2’ title=‘テーマについて考える’]集団討論のテーマが発表されたら、3分間で自分の考えをまとめるように指示されます。

日頃から短い時間で意見を考える練習をしておきましょう。

[/ti] [ti label=‘STEP3’ title=‘グループで討論’]3分間で意見をまとめたら、グループ内で意見交換(討論)を25分間おこないます。

[/ti] [ti label=‘STEP4’ title=‘感想を述べる’]討論が終わったら1人1分程度で感想を述べて(講評)終わります。

[/ti]

青森県教員採用 集団討論の評価基準

集団討論は次の4項目について評価されます。

  1. 話し方・聞き方
  2. 発言内容
  3. 全体的な態度・印象
  4. 教員としての適性

しっかりと理解した上で対策をするようにしましょう。

話し方・聞き方

適切な言葉遣いや態度で臨み、誠意をもって話したり聞いたりしているか。また、まわりの人の意見を踏まえながら、討論に積極的に参加しているか。

発言内容

テーマを正しく理解し、自分の考え方を持っているか。また、目的意識や問題意識を持ち、建設的な内容であるか。

全体的な態度・印象

礼儀正しく、服装や態度など他に対して好ましい印象を与えているか。また、落ち着きがあり、周囲との協調性が感じられるか。

教員としての適性

教育者としての使命感、子どもに対する教育的愛情、豊かな人間性を有しているか。また、教員としての可能性や将来性が感じられるか。

青森県教員採用 集団討論のテーマ

実際に出題された集団討論のテーマをまとめています。

小学校・中学校

  • 子どもをインターネットが原因のトラブルから守るためには,子どもが主体的にトラブルを回避する力を育成することが大切です。このことについて,どのような取組が大切だと考えますか。話し合ってください。
  • 通常の学級に在籍する特別な支援を要する子どもに対しては,個に応じたきめ細かい指導が求められます。このことについて,どのような取組が大切だと考えますか,話し合ってください。
  • 確かな学力を育成するためには,「主体的・対話的で深い学び」の視点に立った授業づくりが求められています。このことについて,どのような取組が大切だと考えますか,話し合ってください。
  • 不登校を予防するためには,子どもが学校に来ることを楽しいと感じ,充実した学校生活を送ることができるようにすることが大切です。このことについて,どのような取組が大切だと考えますか。話し合ってください。

高等学校

  • 学校生活の充実を図るためには,教員と生徒間だけでなく,生徒相互に信頼関係を築かせることが大切です。このことについて,どのように取り組むか,話し合ってください。
  • 青森県の学校教育指導の重点の最初に「授業の充実」があげられ,言語活動の充実を図りながら指導することが求められています。このことについて,どのように取り組むか,話し合ってください。
  • 子どもたちを健やかに育むために,学校が地域社会と連携・協働することは大切です。このことについて,どのように取り組むか,話し合ってください。
  • 自主的・実践的な態度を育成するために,ホームルーム活動を活性化させることが大切です。このことについて,どのように取り組むか,話し合ってください。

養護教諭

  • 子どもの心身の健康課題を解決するためには,学校と家庭の連携が大切です。このことについて,養護教諭として,どのように取り組むか,話し合ってください。
  • 子どもが充実した学校生活を送るために,感染症を予防することは重要です。このことについて,養護教諭として,どのように取り組むか,話し合ってください。
  • 子どもの望ましい生活習慣づくりのためには,学校における保健指導が大切です。このことについて,養護教諭として,どのように取り組むか,話し合ってください。
  • 学校の管理下における熱中症事故は毎年発生しており,熱中症を予防することが大切です。このことについて,養護教諭として,どのように取り組むか,話し合ってください。

特別支援学校

  • 特別支援学校は,特別支援教育の専門性を生かした地域への支援が求められています。このことについて,どのように取り組むか,話し合ってください。
  • 子どもが健康な生活を営むためには,健康的な生活習慣を身に付けるための指導が大切です。このことについて,特別支援学校において,どのように取り組むか,話し合ってください。
  • 子どもの自立と社会参加を促進するためには,地域との相互連携が大切です。このことについて,特別支援学校において,どのように取り組むか,話し合ってください。
  • 子どもの良い点や可能性などを把握し,学習の定着を図るためには,学習状況や結果を適切に評価することが大切です。このことについて,特別支援学校において,どのように取り組むか,話し合ってください。

青森県教員採用試験 集団討論の対策

「どんなことに気をつけたらいいの」「対策法はある?」という方におすすめの記事を2つ紹介します。

集団討論で不合格になる人

教員採用試験 集団討論で不合格になる人の共通点とは

集団討論のコツ

教員採用試験 集団討論で不合格になる人の共通点とは

青森県教員採用試験 集団討論まとめ

この記事は青森県教員採用試験の集団討論をまとめていました。

討論では様々人と話し合う試験です。そのため自分の意見を言えなかったり、協力できなかったりすると落ちます。

必ず1回は練習して試験に臨むようにしましょう。