青森県教員採用試験

青森県教員採用試験 面接で必ず知っておきたいこと

青森県教員採用試験 面接試験の傾向
りんごくん
りんごくん
青森県の教員になりたいです。面接試験について情報がほしいな。

と、いった悩みに回答します。

どうも、福永です。

この記事は青森県教員採用試験の面接試験に関する情報をまとめています。

本記事をおすすめしたい人
  1. 青森県の面接試験を知りたい人
  2. 傾向や特徴が知りたい人
  3. 質問内容やテーマを知りたい人

個人面接って何が聞かれるのかわからないから不安ですよね?

時間をかけて自己PRや志望動機を考えても本当に聞かれるのか、内容がおかしくないのか・・・。

本記事では個人面接の傾向や質問内容をまとめています。

読むことで不安を少しでも解消できると思いますよ。ぜひ、ご覧ください。

青森県教員採用試験のまとめ
青森県教員採用試験 受かるために読む記事まとめ青森県の教員になりたい人へ。本記事は青森県教員採用試験の試験概要(日程、内容、傾向、倍率、年齢制限、特別選考)を書いています。試験に合格したい人必見の内容です。...

教員採用試験の面接試験って?

教員採用試験では筆記試験のほかに面接試験が実施されています。

面接試験では筆記試験で評価することができない、

  • 人間力
  • コミュニケーション能力
  • 教育に対する情熱
  • 教員としての資質・使命感

と、いった人間性を評価する試験です。

筆記試験で高得点がとれても必ず教育指導や生徒指導ができるとは限りませんよね。

実際に教員としてやっていけるのかを判断するために面接試験が行われているのです。

面接試験といっても多くの種類があることを知っていますか。

教員採用試験における面接試験は、

  • 個人面接
  • 集団面接
  • 模擬授業
  • 集団討論
  • グループワーク

といった種類があります。

実際におこなわれる試験は自治体によって様々なので、受験先の実施要綱を確認しておくようにしましょう。

青森県教員採用試験の面接試験

1次試験 集団討論
2次試験 個人面接
模擬授業
SPONSERD LINK

青森県教員採用試験 集団討論の傾向

受験者 7~8人
面接官 3人
試験時間 40分

集団討論は1次試験に実施されます。

1つのテーマについて受験者で話し合って、意見をまとめる試験です。

討論の中で気をつけることは、

  • 1人でしゃべりすぎない
  • 他の受験者にも気をつかう
  • 討論に参加する
  • 他人の意見を否定しない

です。

ついつい話し合いになると他の受験者と衝突することがあるかもしれません。

そういった状況での態度や対応も評価対象となっているので注意しましょう。

集団討論の流れ
  • STEP1
    テーマの発表
    試験会場に入ると集団討論の説明とテーマの発表がおこなわれます。

    テーマは面接官が1回読み上げるだけなので集中して聞くようにしましょう。

    ここで聞き漏らすと最悪です。

  • STEP2
    テーマについて考える
    集団討論のテーマが発表されたら、3分間で自分の考えをまとめるように指示されます。

    日頃から短い時間で意見を考える練習をしておきましょう。

  • STEP3
    グループで討論
    3分間で意見をまとめたら、グループ内で意見交換(討論)を25分間おこないます。
  • STEP4
    感想を述べる
    討論が終わったら1人1分程度で感想を述べて(講評)終わります。

最後まで気を抜かないようにしましょうね。

青森県教員採用試験 集団討論のテーマ

集団討論のテーマは校種によって違います。

実際に出題されたテーマは次のとおり。

小学校・中学校

不登校を予防するためには,子どもが学校に来ることを楽しいと感じ,充実した学校生活を送ることができるようにすることが大切です。このことについて,どのような取組が大切だと考えますか。話し合ってください。

高等学校

自主的・実践的な態度を育成するために,ホームルーム活動を活性化させることが大切です。このことについて,どのように取り組むか,話し合ってください。

養護教諭

子どもが充実した学校生活を送るために,感染症を予防することは重要です。このことについて,養護教諭として,どのように取り組むか,話し合ってください。

特別支援学校

子どもが健康な生活を営むためには,健康的な生活習慣を身に付けるための指導が大切です。このことについて,特別支援学校において,どのように取り組むか,話し合ってください。

青森県教員採用試験 集団討論の評価観点

集団討論は主に、

  1. 話し方・聞き方
  2. 発言内容
  3. 全体的な態度・印象
  4. 教員としての適性

といった4つの項目にしたがって評価されます。しっかりと理解した上で対策をするようにしましょう。

話し方・聞き方

適切な言葉遣いや態度で臨み、誠意をもって話したり聞いたりしているか。また、まわりの人の意見を踏まえながら、討論に積極的に参加しているか。

発言内容

テーマを正しく理解し、自分の考え方を持っているか。また、目的意識や問題意識を持ち、建設的な内容であるか。

全体的な態度・印象

礼儀正しく、服装や態度など他に対して好ましい印象を与えているか。また、落ち着きがあり、周囲との協調性が感じられるか。

教員としての適性

教育者としての使命感、子どもに対する教育的愛情、豊かな人間性を有しているか。また、教員としての可能性や将来性が感じられるか。

青森県教員採用試験 個人面接の傾向

試験時間 30分
面接官 3人
その他 模擬授業含む

個人面接は2次試験に実施されます。

個人面接の最初に模擬授業があるので覚えておきましょう。

面接では

  • 模擬授業の内容
  • 自己PR
  • 志望動機

など幅広い質問があります。

以下を参考に、答える練習をしておきましょう。

青森県教員採用試験 個人面接の質問内容

・なぜ模擬授業でその学年を設定したのですか。

・模擬授業で児童生徒の興味・関心を引くために工夫した点はどこですか。

・模擬授業後の展開はどうなる予定でしたか。

・模擬授業の反省点はありますか。

・模擬授業に点数をつけると何点ですか。

・教師を目指したきっかけは何ですか。

・どんな教師になりたいですか。

・青森県の教員になりたい理由はなんですか。

・なぜ、その教科・校種を志望するのですか。

・どのようなクラスを作っていきたいですか。

・どのような生徒を育てていきたいですか。

・積極的に活動できない子にどのように対応しますか。

・グループ活動で仲間に入れない子にどのように対応しますか。

・授業中に立って歩く児童に対してどのように指導しますか。

・宿題や持ち物を繰り返し忘れてしまう児童に対してどのように指導しますか。

・自分の指導を素直に聞き入れない児童に対してどのように指導しますか。

・保護者からクレームがきたとき,どのように対応しますか。

・先輩教師と自分の意見が違ったらどう対処しますか。

・職場での人間関係を築くためにはどうしますか。

・中学、高校で部活動はしていましたか。

・部活動の指導はできますか。

・ボランティア経験はありますか。

・リーダシップを発揮したことはありますか。

・リーダシップを発揮したことがあるエピソードを教えてください。

・ストレス解消法について教えてください。

・教育実習で学んだことは何ですか。

・自己PRをしてください。

青森県教員採用試験 模擬授業の傾向

試験時間 7分
面接官 3人
その他 個人面接のはじめに実施

模擬授業は個人面接の最初にあります。

試験がはじまる前に控え室で模擬授業のテーマが発表されます。

そこで約20分間、時間があるので内容をまとめることができます。

時間になったら試験会場に行って模擬授業をおこないます。

模擬授業は7分ほど。

模擬授業のテーマは、

  • 教科指導
  • 生徒指導

の2種類あります。

指定される学年は自由に決めてOKです。

各学年に応じた指導ができるように準備しておく必要があります。

青森県教員採用試験 模擬授業のテーマ

・あなたは小学校2年1組の教科担任です。新年度最初の算数の授業です。子どもたちがこの教科を学習する意義を理解できるように授業を行ってください。

・あなたは小学校4年1組の学級担任です。新年度が始まり、学級活動の時間で係分担を決めました。係活動の意義を踏まえて授業のまとめを行ってください。

・あなたは中学校1年1組の教科担任です。先日実施した英語のテスト結果が思わしくありませんでした。この教科の学び方や学ぶ姿勢について子どもたちに考えさせる授業を行ってください。

・あなたは中学校3年1組の学級担任です。学年主任からあなたの学級の昼休みの過ごし方がよくないと指摘されました。昼休みの望ましい過ごし方について、子どもたちに考えさせる学級活動の授業を行ってください。

・高等学校2年公民の授業です。公民を学ぶことの大切さと面白さについて説明し、学習意欲を高めさせるため、どのように指導しますか。担当している科目の一場面を設定して授業を行ってください。

・高等学校1年1組のホームルーム担任です。学校の重点目標に「挨拶の励行」が掲げられています。挨拶について、どのように指導しますか。ホームルーム活動の一場面を設定して授業を行ってください。

科目のところを自分の受験科目に置き換えて考えてみましょう。

青森県教員採用試験 個人面接の評価観点

個人面接は次の5つの観点にそって評価をします。自己PRや志望動機を考えるときに1度これらの項目に内容がそっているか確認しておきましょう。

  1. 模擬授業は児童生徒にとってわかりやすい授業であるか。
  2. 教員としての使命感や教員になろうとする意欲があるか。
  3. 組織の一員として自覚を持ち、協力して職務を遂行しようとする協調性があるか。
  4. 児童生徒に対する教育的愛情があるか。
  5. 本県の教員として望ましい資質・能力について、総合的な適性があるか。

終わりに

全国的に面接試験重視の傾向が強まっています。

青森県も2次試験の倍率が2倍を超えており、筆記試験で高得点が取れても安心はできません。

はやめに対策するようにしましょう。

青森県教員採用試験 教養試験のまとめ
青森県教員採用試験 教養試験は出題傾向を知れば勉強できる青森県の教養試験で苦しんでいる方へ。本記事では教養試験の傾向や難易度、出題科目についてまとめています。試験を攻略するためには傾向をつかむこと!これが最重要。傾向を知りたい人必見の内容です。...
ABOUT ME
アバター
福永 真
42歳 関東圏在住/大卒→中学・高校教員(社会科)→教育出版業を経て教職コンサルタントとして躍進中。教育問題の課題、解決に向けたセミナーを開催・企画しています。