使わなくなった参考書買取キャンペーン

【実は怖い?】教員採用 適性検査で不合格になるの?

適性検査で悩んでいる方、どうも、福永( @kyosai365)です。

適性検査って何をやったらいいのか分からないですよね。

合否に影響するんだろうか・・・って悩んでいる人もいると思います。

結論をいうと、自治体によっては不合格になることがあります

2017年の試験で筆記試験と面接試験の評価はよかったのに、適性検査(クレペリン検査)がとても悪くて不合格になった人を知っています。

この例はレアケースですが、覚えておいてくださいね。

この記事は教員採用の適性検査について書いています。

ぜひ、ご覧ください。

▼教採に本気で合格したい方へ▼

教員採用 適性検査

教員採用 適性検査に関する情報はこちら

教員採用試験では、多くの自治体で二次試験に適性検査が実施されています。

適性検査により、受験者の性格や仕事への適性、能力などをデータとして判断するわけです。

代表的な適性検査は次の2つ。

  1. YG検査
  2. クレペリン検査

適性検査の種類① YG検査

YG検査は120問の質問に「はい」「いいえ」「どちらでもない」から自分の性格に当てはまるものを選んで回答する試験です。

試験時間は30分しかないので、思ったままに答えましょう。

クレペリン検査

クレペリン検査は「内田・クレペリン精神検査」といいます。

隣り合う数字を足していく試験で、集中力や安定度などをチェックします。

前半、後半15分ずつ、合計30分ひたすら計算するので疲れますよ。

適性検査の対策は必要ないが、やっておくといい

教員採用 適性検査に関する情報はこちら

男性A

適性検査の対策って必要?何か方法はないの?

適性検査の対策は特にする必要はないです。

ただ、1回くらいは「体験」という意味でも触れておくとイメージがつきやすいです

キミスカ適性検査」を使えば無料で適性検査(自己診断)を体験することができますよ。

客観的なデータも見れますし、自己分析としても実は活用できます。

簡単に自己診断するなら

キミスカ適性検査

教員採用試験 独学で合格をめざす!3つのポイント 教員採用試験 教養試験の勉強法 (1)【初学者必見】教員採用 教養試験の勉強法|何からすればいいかをズバッと解決します!