使わなくなった参考書買取キャンペーン

千葉県・千葉市教員採用 模擬授業の傾向

千葉県千葉市教員採用 模擬授業の傾向

この記事は千葉県千葉市教員採用の模擬授業に関する情報をまとめています。

模擬授業の配点は50点と高くはありませんが、評価がもらえないと落ちます。

傾向やテーマを確認して、対策をしましょう!

千葉県・千葉市教員採用 個人面接で評価をあげるコツを紹介

▼教採に本気で合格したい方へ▼

千葉県・千葉市教員採用 模擬授業の傾向

模擬授業は与えられたテーマについて、考えをまとめ、時間内に授業をすることで教師としての適性や指導力、知識量を総合的に評価する試験です。

配点は、150点中の50点

試験の流れは、次のとおり。

  1. テーマが発表(当日)
  2. 5分間の構想
  3. 6分間の実演

千葉県・千葉市教員採用 模擬授業の時間

試験時間 11分

千葉県・千葉市教員採用 模擬授業のポイント

知識があるアピールより、楽しませることが点数アップの秘訣。

模擬授業だからといって、ただ知識があることをアピールするだけでは評価されることはありません。

なぜなら、「知識はあって当たり前」だからです。

それよりも、生徒が興味をもって授業をうけることができる内容か、どうかがとても重要

なので、どんどん楽しませるような授業を行うようにしましょう。

思いっきりやったほうがいいです。

そのため内容を極めるのも必要ですが、それ以外のパフォーマンス力を鍛えることが実は一番重要だったりします。

模擬授業の評価が高い人ほど演技力がうまい傾向にあり、不合格の人ほどつまらない授業をおこなっています。

そこを意識して対策をしてみましょう。

千葉県・千葉市教員採用 模擬授業のテーマ

模擬授業は次の4つのテーマから1つを指定されておこないます。

  • 教科指導
  • 生徒指導
  • 道徳指導
  • 特別活動

これらのテーマに対して

学年と単元は自由設定

児童生徒とやりとりを想定した授業

学習指導要領を踏まえた授業

の、3つを意識して構想するように指示があります。

1グループ6人程度で行われるため、ほかの受験生も生徒役として参加します。

模擬授業の攻略

教員採用試験 模擬授業で評価をあげるコツを紹介