千葉県・千葉市

千葉県|千葉市教員採用試験 倍率が低すぎてチャンスですよ

千葉県・千葉市教員採用試験 倍率

千葉県の教員を目指しているけど、合格しやすいのかしりたい。できれば筆記試験と面接試験の倍率も知りたいな。

と、いった質問に回答します。

どうも、福永です。

本記事の内容は、

  1. 2018年(平成31年度) 結果の考察
  2. 1次試験の倍率
  3. 2次試験の倍率
  4. 過去の倍率推移

です。

試験対策をはじめる前に受験先の難易度(倍率)を知っておくことは大切です。

理由は、1次試験(筆記試験)の倍率が高ければ、筆記試験の対策に時間をかける必要があり、2次試験(面接試験)の倍率が高ければ、面接試験の対策に時間をかける必要があるからです。

例えば、筆記試験の倍率が1.1倍、面接試験の倍率が3.0倍だったら、どっちに時間をかけて対策しますか?

正解は面接試験ですよね。

不合格になる人は倍率1.1倍でも筆記試験に時間をかけている人です。そうならないためにも倍率をしっておくことが大切なのです。

本記事を読むことで、全体の倍率を知ることができる。さらに1次試験、2次試験の難易度もわかる。

これから千葉県・千葉市の教員を目指そうと思っている人は必見です。

関連記事 千葉県・千葉市 教員採用試験 傾向と試験内容、倍率他

千葉県・千葉市教員採用試験 2018年(平成31年度)倍率

全体倍率は3.4倍。

同じ関東圏の埼玉県4.3倍、神奈川県4.9倍、横浜市3.8倍と比べても低いことがわかります。※東京都はさらに低い2.9倍。

倍率がもっとも低かった校種・科目は、

・高校農業 1.1倍
・中学技術 1.8倍
・高校工業 1.8倍

です。

逆にもっとも高かった校種・科目は、

・中学高校保健体育 10.3倍
・養護教諭 7.6倍
・中学高校社会 6.9倍

でした。

保健体育は毎年10倍を超えていますが、全国的にみると決して高いとはいえません。例えば沖縄県では97.5倍という恐ろしい倍率になる自治体もありますからね・・・。

その他の校種・科目の倍率は、

校種・科目 受験数 合格数 倍率
小学校 2023 854 2.4
中学技術 14 8 1.8
中高国語 358 125 2.9
中高社会 579 84 6.9
中高数学 503 104 4.8
中高理科 336 97 3.5
中高音楽 133 25 5.3
中高美術 41 18 2.3
中高保健体育 825 80 10.3
中高家庭 84 33 2.5
中高英語 350 140 2.5
高校農業 9 8 1.1
高校工業 20 11 1.8
高校商業 37 12 3.1
高校書道 37 9 4.1
高校福祉 8 3 2.7
高校情報 29 6 4.8
高校水産 0 0
高校看護 4 3 4.0
特別支援学校 480 167 2.9
養護教諭 311 41 7.6

と、なっています。

志望する校種・科目の倍率を知っておきましょう。

SPONSERD LINK

千葉県・千葉市教員採用試験 1次試験の倍率

平均倍率は1.8倍

多くの校種・科目で2倍を下回る倍率となりました。「千葉県・千葉市 教員採用試験 筆記試験の傾向×勉強法×過去問他」にも書いていますが、1次試験は筆記試験が中心です。

教員採用試験を受験する多くの人は、

「筆記試験が嫌だ・・・」

と、思っているはずです。

例えば、神戸市や兵庫県では筆記試験の倍率が3倍を超える自治体もあります。

そんな自治体であれば、筆記試験に重点をおいた対策をしなければいけません。でも、千葉県・千葉市は1.8倍です。

最も倍率が高い、中学・高校保健体育でも4.4倍です。この程度の倍率なら合格する可能性は十分ありますね。

校種・科目ごとの倍率は、

校種・科目 受験数 合格数 倍率
小学校 2023 1468 1.4
中学技術 14 12 1.2
中高国語 358 247 1.4
中高社会 579 200 2.9
中高数学 503 250 2.0
中高理科 336 228 1.5
中高音楽 133 50 2.7
中高美術 41 32 1.3
中高保健体育 825 189 4.4
中高家庭 84 48 1.8
中高英語 350 219 1.6
高校農業 9 8 1.1
高校工業 20 17 1.2
高校商業 37 22 1.7
高校書道 37 18 2.1
高校福祉 8 4 2.0
高校情報 29 12 2.4
高校水産 0 0
高校看護 4 3 1.3
特別支援学校 480 272 1.8
養護教諭 311 100 3.1

と、なっています。

千葉県・千葉市教員採用試験 2次試験の倍率

全体平均は1.9倍。

千葉県・千葉市の教員を目指している人、チャンスですよ!

2次試験の平均倍率も2倍を下回っています。面接試験が重視される時代に2倍をきることは珍しいです。

これなら1次試験を1.5倍程度にして、2次試験を2.3倍~くらいにした方が試験っぽくなると思うのですが・・・。大阪府なんてまさにそうですよ。

多くの校種・科目で1次試験よりは少し倍率が高くなりますが、十分合格する可能性は高いです。「千葉県・千葉市 教員採用試験 面接試験の特徴×傾向×質問内容他」を読んで、しっかり対策をしましょう。

校種・科目ごとの2次試験倍率は、

校種・科目 受験数 合格数 2次倍率
小学校 1468 854 1.7
中学技術 12 8 1.5
中高国語 247 125 2.0
中高社会 200 84 2.4
中高数学 250 104 2.4
中高理科 228 97 2.4
中高音楽 50 25 2.0
中高美術 32 18 1.8
中高保健体育 189 80 2.4
中高家庭 48 33 1.5
中高英語 219 140 1.6
高校農業 8 8 1.0
高校工業 17 11 1.5
高校商業 22 12 1.8
高校書道 18 9 2.0
高校福祉 4 3 1.3
高校情報 12 6 2.0
高校水産 0 0
高校看護 3 3 1.0
特別支援学校 272 167 1.6
養護教諭 100 41 2.4

と、なっています。

校種・科目によって、倍率は様々です。筆記試験、面接試験のどちらに対策の重きをおくのか考えながら勉強をはじめましょう。

千葉県・千葉市教員採用試験 倍率の推移

さいごに、過去3年分の倍率で千葉県・千葉市の試験状況を把握しておきましょう。

千葉県教員採用試験 倍率

終わりに

関東圏では東京都の次に倍率が低いです。

併願を考えている人も千葉県を狙ってみてはどうでしょうか。

ABOUT ME
福永 真
大学卒業後、9年間中学・高校の社会科教諭として勤務。家庭の事情で退職後、某出版社へ就職。教員採用試験の担当を7年経験して41歳で独立。現在、大学や短大で今までの経験を活かし、教職アドバイザーとして活動中。高校受験の家庭教師もやっています。