東京都教員採用試験

東京都教員採用試験 論文は読解力がないと評価はあがらない

東京都教員採用試験 論文試験

 東京都の論文試験の文字数や制限時間ってどんくらい?気を付けるポイントとか知りたいな。

と、いった悩みに回答します。

どうも、福永です。

この記事は東京都教員採用試験の論文試験を攻略する内容が書いてあります。

具体的な内容はこちら。

本記事を読むことで論文試験の傾向や評価をあげるポイントを理解することができます。

論文が苦手な人はもちろん、試験について知りたい人必見の内容です。それではご覧ください。

関連記事 東京都教員採用試験 日本の中心で教員を目指す

東京都教員採用試験 論文の傾向

東京都の論文試験は1次試験に実施されます。

一般的な論文は「理想とする教員像」や「自分の教育観」について論述させることが多いです。しかし、東京都の論文は、

  1. 文章題を読んで要点を理解する
  2. 具体的な方法を提示して、解決策を論じる

という「課題の把握力」、「教師としての実践的指導力」、「論理的表現力」を評価する試験となっています。

つまり自分の考えを書く前に課題をしっかり把握することが重要で、課題の把握がうまくできないと全体的な評価を上げることができません。

論文試験の配点は公表されていませんが、基準点が設定されており下回ると筆記試験が満点でも不合格になります。

実際に教養試験、専門教養の点数が90点を超えているのに論文が書けずに不合格になった人からの相談を受けたことがあるので確かです。

しっかりと課題を把握して、丁寧に文章を書くことができれば基準点を下回ることはありませんので、まずは論文の基礎知識を確認していきましょう。

SPONSERD LINK

東京都教員採用試験 論文の基礎知識

制限時間 70分
字数 910字~1,050字
内容 課題把握、問題意識の理解、具体的な取組み

よく論文試験の字数について「何文字くらい書けばいいのか」相談を受けます。Twitterでもよく発言するのですが、

東京都の場合は少なくとも「910字以上」なので最低文字数はOKですね。910字以上かけない人は問題外なので注意してください。

また最大字数は「1,050字以内」なので超えてもアウトです。理想的な文字数は1,000字前後を目安としましょう。1,000字程度かければ評価対象となります。

論文で気を付ける3つのポイント

  1. 誤字・脱字に注意する
  2. 丁寧に、見やすい字を心がける
  3. 文体の統一

誤字・脱字に注意

文章が書けても誤字・脱字があれば減点されます。

とくに誤字・脱字は試験官も注意深く見る傾向があるので注意が必要です。

スマホの登場もあり文字を書く機会が減っているので漢字を書けない人も多いはず。漢字がでてこないで迷ったら違う表現を使うなどして回避しましょう。間違った漢字を書いて減点されるよりはマシです。

また漢字で書くべき文字をひらがなにすることも可能ですが、試験官から「こんな字も漢字で書けないのかよ・・・」と悪い印象を持たれる可能性があるので注意。

丁寧、きれいを心がける

試験官も人間ですから当然、感情があります。

雑に書かれた字、薄い字、消しゴムで何度も消されて汚れた論文用紙。あなたが採点者なら読みたいと思いますか?

私が試験官なら見る気もおきませんね。

見る気がおきない=採点されないわけですから最低評価になりますよね。見られる文字を意識して仕上げるようにしましょう。

文体の統一

一般的に「ですます調」や「だ、である調」といいますね。

基本的には常体(だ、である調)で書くのがセオリーです。

最悪なのは混同させるパターン。評価は下がるので注意しましょう。

詳しくは「教員採用試験 論文試験のルール 常体と敬体はどっちがいいの?」を参考にしてください。

東京都教員採用試験 論文試験の過去問

  • 小学校
  • 小学校以外の校種

小学校

次の記述を読み、下の問題について、論述しなさい。

あなたは、第5学年の学級担任である。年度初めの学年会で、学年主任から「昨年度の児童の学習や生活における課題について、次のような引継ぎを受けました。まず、各教科等の学習において、学んだことを日常生活や学習にすすんで活用しようとする態度が十分とは言えないとのことでした。

また、係活動において、指示された仕事には真面目に取り組むものの、各係の活動の意味を理解して工夫して役割を果たそうとする意欲に欠けるため、5年生から始まる委員会活動などを進める上での課題となるのではないかとのことでした。そこで、今年度の学年経営の方針は「学習や生活における児童の意欲的な態度を育む。」という話があった。

学年会終了後、学年主任からあなたに、「先ほどの学年経営の方針に基づいて、学級経営の重点をどこに置き、どのように取り組んでいくか。具体的に考える必要がありますね。」と話があった。

【問題】
学年主任の発言を受けて、あなたなら学級担任としてどのように学級経営を行っていくか、「学習指導」と「生活指導」について具体的な方策を一つずつ挙げ、それぞれ10行(350字)程度で述べなさい。その際、その方策を考える上での問題意識やまとめを明確に書き、全体で30行(1050字)字以内で述べなさい。ただし、26行(910字)を超えること。

小学校以外の校種

AとBから1題を選択して論述せよ。

A 次の記述を読み、問題に答えなさい。

年度初めの職員会議で、教務主任から、「昨年度、学校で独自に実施した生徒対象の学習に関する調査の、『授業中に自分の考えを表現することができた。』の項目で、『できなかった』の回答が多くありました。また、各教科の教科主任からも、自分の考えはもっているものの、それを的確に表現できない生徒が多いという報告を受けています。

そこで、今年度、各教科の指導において、『自分の考えを的確に表現する力を育む。』を重点事項にしたいと思います。」と報告があった。職員会議終了後、指導教員からあなたに、「先ほどの重点事項に基づいて、どのように学習指導に取り組んでいくか、具体的に考える必要がありますね。」と話があった。

【問題】
指導教員の発言を受けて、あなたならどのように学習指導に取り組んでいくか、志望する校種と教科等に即して、具体的な方策を二つ挙げ、それぞれ10行(350字)程度で述べなさい。その際、その方策を考える上での問題意識やまとめを明確に書き、全体で30行(1050字)字以内で述べなさい。ただし、26行(910字)を超えること。

B 次の記述を読み、問題に答えなさい。

あなたは、生活指導・保健指導部に所属している。年度初めの生活指導・保健指導部会で、生活指導主任から、「昨年度、各委員会活動において行った生徒対象のアンケートの、『自らの役割を責任をもって果たすことができた。』の項目で、『できなかった』の回答が多くありました。また、委員会活動の担当教員からも、自らの果たす役割は何かということを自覚していない生徒が多いという報告を受けています。

そこで、今年度、生活指導・保健指導部として、『自らの役割を責任をもって果たすことができる力を育む。』を重点事項にしたいと思います。」と報告があった。部会終了後、生活指導主任からあなたに、「先ほどの重点事項に基づいて、生活指導・保健指導部の一員として、どのように指導に取り組んでいくか、具体的に考える必要がありますね。」と話があった。

【問題】
生活指導主任の発言を受けて、あなたならどのように児童・生徒の指導に取り組んでいくか、志望する校種に即して、具体的な方策を二つ挙げ、それぞれ10行(350字)程度で述べなさい。その際、その方策を考える上での問題意識やまとめを明確に書き、全体で30行(1050字)字以内で述べなさい。ただし、26行(910字)を超えること。

東京都教員採用試験 論文対策はいつからやるべき?

まずは論文を実際に書いて添削を受けてみましょう。

自分では論文が書けていると思っても、書けていない場合が多いです。

論文が書けている人は月に1回程度、書く練習をすれば十分ですし、苦手な人ははやめに対策をする必要があります。

目安として得意な人は春先から、苦手な人は遅くとも年明け頃には着手したほうがいいです。

筆記試験と違って1人では対策できませんからね。早めに動けば添削をしてくれる人(大学の就職課、勤務先の先生、予備校など)はたくさんいますよ。

後回しにする人ほど残念な結果になることは言うまでもありませんね。

終わりに

論作文は練習することで評価を上げることができます。必ず、書いたら誰かに見てもらってくださいね。

論文対策は面接試験の対策に関連する部分も多いです。

面接の傾向は「東京都教員採用試験 集団面接の内容にダマされるな!」で書いているので参考にしてください。

関連記事 東京都教員採用試験 集団面接の内容にダマされるな!

ABOUT ME
アバター
福永 真
42歳 関東圏在住/大卒→中学・高校教員(社会科)→教育出版業を経て教職コンサルタントとして躍進中。教育問題の課題、解決に向けたセミナーを開催・企画しています。