大阪府教員採用試験

大阪府教員採用試験 日程の他に必ず知っておきたい情報まとめ

大阪府教員採用試験
大阪府で学校の先生になりたい。でも、試験がいつあるのか、どんな試験なのかわからない。あと、倍率はどれくらいなのか知りたい。

このような疑問を解決します。

どうも、福永です。

この記事は大阪府教員採用試験の概要をまとめています。

本記事を読むメリット
  • 大阪府の教員になる方法がわかる
  • 採用試験の日程や内容がわかる
  • 倍率を確認できる。

大阪府の公立学校で働くためには、夏にある「大阪府公立学校教員採用選考テスト」を受験して、合格する必要があります。

試験に合格しなくても「講師」として働くことはできますが、契約社員みたいなものなので・・・。

講師については「教員採用試験に不合格 常勤講師や非常勤講師はするべき?」に書いています。興味があれば読んでください。

と、いうわけで試験の全体像を見ていきましょう。

大阪府の先生になりたい人、大阪府教員採用試験をはじめて受験する人におすすめの内容です。

大阪府教員採用試験 倍率
大阪府教員採用試験 倍率から考える合格の可能性大阪府 教員採用試験の倍率をまとめました!最新から過去の推移まで。合格の可能性を知りましょう!...

大阪府教員採用試験 求める人物像

教員採用試験は自治体ごとに採用をおこなっています。

そのため自治体が求める人物像(教員像)も様々です。

自分がやりたいことと教員像が合っているかを確認してミスマッチがないようにしたいですね。

大阪府が求める教員像
  • 豊かな人間性
  • 実践的な専門性
  • 開かれた社会性

1.豊かな人間性

実践的な専門性開かれた社会性何より子どもが好きで、子どもと共感でき、子どもに積極的に心を開いていくことができる人

2.実践的な専門性

幅広い識見や主体的・自律的に教育活動に当たる姿勢など、専門的知識・技能に裏打ちされた指導力を備えた人

3.開かれた社会性

保護者や地域の人々と相互連携を深めながら、信頼関係を築き、学校教育を通して家庭や地域に働きかけ、その思いを受け入れていく人。

SPONSERD LINK

大阪府教員採用試験 日程はいつから?

大阪府の選考は7月~9月にかけて試験があります。

2019年(令和2年度)の試験日程は次のとおり。

受付期間 【インターネット受付のみ】
3月28日(木)~4月24日(水)
1次試験 7月6日(土)
1次試験
合格発表
7月19日(金)
2次試験 7月24日~28日の指定された1日
2次試験
合格発表
8月15日
3次試験 8月24、28、31日、9月15日の指定された日
8月下旬~9月上旬の間で指定された日
最終合格発表 10月25日(金)

関西地区の併願はできない?

できるだけ多くの自治体を受験したいな!

と、思っている人は多いと思います。

当然、教員採用試験は全国で実施されているので複数の自治体を受験することができます。

しかし1次試験がある7月6日は大阪府以外にも大阪市や京都府、奈良県なども同時に試験があるので併願はできません。

併願するなら日程がずれている関東地区や東海地区を受験しましょう。

関連記事 【2019年度】教員採用試験 日程一覧まとめ

大阪府教員採用試験 対策すべき内容は?

試験内容を事前に確認することは大切です。

理由は自治体によって試験内容が違うからです。

正確に試験内容を理解していないと何をしたらいいのかわかりませんよね。

大阪府で実施される試験は次のとおり。

1次試験 教養試験
2次試験 個人面接
3次試験 個人面接
模擬授業
専門教養
実技試験
小論文

大阪府教員採用試験 教養試験の内容

  • 試験時間:90分
  • 問題数:30問
  • 内容:教職教養、教育関連の法規、教育公務員の倫理(服務規律)、教育時事、思考力・判断力を問う問題

傾向を「大阪府教員採用試験 教養は一般知能を攻略せなあかん理由」で深堀しています。勉強の負担を減らす方法も書いているので参考にしてください。

大阪府教員採用試験 専門教養の内容

専門教養は教員として指導する教科に関する問題が出題されます。

時間や配点は科目によって違うので確認しましょう。

校種・科目 時間 形式 配点
小学校 120分 択一 350点
中学校 国語 90分 択一+記述 400点
社会 90分 択一+記述 400点
数学 90分 択一+記述 400点
理科 90分 択一+記述 400点
音楽 70分 択一+記述 200点
美術 70分 択一+記述 200点
保体 70分 択一+記述 200点
技術 90分 択一+記述 400点
家庭 90分 択一+記述 400点
英語 70分 択一+記述 200点
高校 国語 90分 択一+記述 400点
数学 90分 択一+記述 400点
理科 90分 択一+記述 400点
音楽 90分 択一+記述 400点
美術 90分 択一+記述 400点
書道 70分 択一+記述 200点
保体 70分 択一+記述 200点
農業 90分 択一+記述 400点
工業 90分 択一+記述 400点
英語 70分 択一+記述 200点
情報 90分 択一+記述 400点
地歴 90分 択一+記述 400点
公民 90分 択一+記述 400点
養護教諭 90分 択一+記述 400点
栄養教諭 90分 択一+記述 400点

大阪府教員採用試験 論文試験の内容

小論文は小学校(特別支援学校含む)のみ実施されます。

試験時間は専門教養(120分)内で行われるので注意が必要です。

文字数は450字~550字で、あまり多くはありません。

傾向を「大阪府教員採用試験 小論文はクセが強い?傾向をつかもう」で書いています。小学校を志望する人は必見です。

大阪府教員採用試験 個人面接の内容

面接官の質問に対して答える試験です。

今までの経験をもとに具体的に話す必要があります。

  • 試験時間:10分~20分
  • 面接官:2~3人

個人面接の質問内容や傾向を「大阪府教員採用試験 面接が苦手な奴に見てほしい傾向まとめ」で書いています。参考にしてください。

大阪府教員採用試験 実技試験の内容

受験する科目によっては実技試験があります。

実施される科目と内容は次のとおり。

小学校 水泳(クロール、平泳ぎ、背泳ぎ、バタフライのいずれかで25mを泳ぐ。)
英語
  • リスニング(筆答テスト時に実施)
  • スピーチ及び英語による口頭試問
保体

※網掛けは選択

水泳(平泳ぎで25m、途中から泳法を変えクロール、背泳ぎ、バタフライのいずれかで25m、計50mを泳ぐ。)
マット運動(倒立前転→伸膝前転→側方倒立回転→1/4 ひねり→伸膝後転)
ハードル走
  1. 柔道(前回り受け身、投げ技、固め技(抑え技))
  2. 剣道(素振り、対人の基本打突)
  3. ダンス(現代的なリズムのダンス(曲目は当日指定))
  1. バスケットボール
  2. バレーボール
  3. ハンドボール
  4. サッカー
  5. ラグビー
書道 「漢字仮名交じりの書」、「漢字の書」、「仮名の書」の3分野における臨書、創作、目的や用途に即した表現
美術 描写・立体
音楽
  • ピアノ弾き歌い
  • アルトリコーダー

大阪府教員採用試験 倍率は高い?低い?

2018年(平成31年度)の最終倍率は5.3倍でした。

全国平均が4倍なので高い傾向にあります。

大阪府教員採用試験 2018年(平成31年度)の倍率

受験者 合格者 倍率
小学校 2008 552 3.6
中学校 1986 311 6.4
高等学校 1998 204 9.8
特別支援学校 876 214 4.1
養護教諭 410 25 16.4
栄養教諭 95 10 9.5
全体 7373 1316 5.6

大阪府教員採用試験 2017年(平成30年度)の倍率

受験者 合格者 倍率
小学校 2199 614 3.6
中学校 2391 298 8.0
高等学校 2561 215 11.9
特別支援学校 799 186 4.3
養護教諭 481 35 13.7
栄養教諭 102 15 6.8
全体 8533 1363 6.3

大阪府教員採用試験 2016年(平成29年度)の倍率

受験者 合格者 倍率
小学校 2399 682 3.5
中学校 2764 503 5.5
高等学校 3197 619 5.2
特別支援学校 243 79 3.1
養護教諭 558 46 12.1
栄養教諭 138 15 9.2
全体 9299 1944 4.8

科目ごとの倍率は過去の倍率は「大阪府教員採用試験 倍率から考える合格の可能性」でまとめています。ぜひ参考にしましょう。

大阪府教員採用試験 年齢制限

2019年(令和2年度)の年齢制限は昭和49年4月2日以降に生まれた人が受験できます。

小学校や特別選考で受験する人は昭和44年4月2日以降に生まれた人が受験できます。

全国的に年齢制限を撤廃する自治体が増えていますが、大阪府はまだ制限がありますね。

関連記事 教員採用試験 何歳まで受験できる?年齢が高くても合格できるのか?

大阪府教員採用試験 採用人数

2018年(平成31年度)に比べて小学校で100人減っています

全国的に採用人数は抑制の傾向にあるので今後は厳しい戦いになると予想されます。

2019年(令和2年度)の採用区分と人数は次のとおり。

校種・科目 採用予定
小学校 450人
中学校 国語 380人
社会
数学
理科
音楽
美術
保体
技術
家庭
英語
高校 国語 200人
数学
理科
音楽
美術
書道
保体
農業
工業
英語
情報
地歴
公民
特別支援学校 小学部 80人
中学部 40人
高等部 120人
自立活動 10人
養護教諭 25人
栄養教諭 30人

大阪府教員採用試験 主な特例(特別)選考

教員採用試験は今までの経験を活かして試験の免除や加点を受けることができる選考を実施しています。

条件に当てはまる人は活かしましょう。

大阪府の特別選考、加点に当てはまる主な選考は次のとおり。

社会人経験者 民間企業または官公庁等で正社員として2019年3月31日までに5年以上ある人。
教職経験者 2017年4月1日~2019年3月31日までの間に大阪府内の公立学校で常勤経験が1年以上ある人
現職教諭経験者 2019年4月1日現在、公立学校、私立学校で正規教員の経験が2年以上ある人

関連記事 教員採用試験 働きながら合格できるの?方法を教えます。

大阪府教員採用試験のまとめ

大阪府の試験はシンプルですが、内容が複雑ですね。

教養試験は一般知能が出題されるし、1次試験と2次試験は合格しやすいのに、最後で一気に落としますからね。

まずは、各試験の傾向を知ってから準備をはじめましょう。

大阪府教員採用試験 教養試験の勉強法
大阪府教員採用試験 教養対策のはじめに過去問を使う理由とは大阪府の教養試験は教職教養と一般知能という珍しい出題があります。いきなり勉強するよりも過去問を使って傾向を知ることが大切!傾向や出題内容、勉強法をまとめています。参考にどうぞ!...
ABOUT ME
アバター
福永 真
42歳 関東圏在住/大卒→中学・高校教員(社会科)→教育出版業を経て教職コンサルタントとして躍進中。教育問題の課題、解決に向けたセミナーを開催・企画しています。