大阪府

大阪府教員採用試験 最新!情報まとめ

大阪府教員採用試験 試験日程と内容を書いています。

 大阪府で学校の先生になりたい。でも、試験がいつあるのか、どんな試験なのかわからない。あと、倍率はどれくらいなのか知りたい

このような疑問を解決します。

どうも、福永です。

本記事の内容は、

  1. 試験日程と試験内容
  2. 年齢制限や受験資格
  3. 採用人数と倍率
  4. 大阪府の求める人物

と、いった、大阪府教員採用試験の概要を書いています。

大阪府の公立学校で働くためには、夏にある「大阪府公立学校教員採用選考テスト」を受験して、合格する必要があります。

試験に合格しなくても「講師」として働くことはできますが、契約社員みたいなものなので・・・。講師については「教員採用試験に不合格 常勤講師や非常勤講師はするべき?」に書いています。興味があれば読んでください。

と、いうわけで試験の全体像を見ていきましょう。

大阪府の先生になりたい人、大阪府教員採用試験をはじめて受験する人におすすめの内容です。


大阪府教員採用試験はいつある?試験日程を確認

試験を受けるとしても、日程がわからないと試験勉強もできませんよね。まずは、大まかでいいので、日程を確認しておきましょう。

大阪府の教員採用試験は、

  1. 実施要項の配布・出願
  2. 1次試験
  3. 2次試験
  4. 3次試験

と、いう流れで試験が実施されています。

大阪府教員採用試験 実施要項の配布・出願

例年、3月下旬~実施要項の配布、願書の提出がはじまります。

2019年(平成32年度)の申込期間は3月28日から4月24日です。

出願方法は電子申請のみ。

4月に入ると「受験説明会」が開催されていたりするので、時間があったら参加しましょう。説明会でしか聞けないマル秘情報を聞くことができるかも!しれません。

大阪府教員採用試験 1次試験の日程

例年、6月末~7月1週目に試験が実施されます。

2019年(平成32年度)の試験は7月6日(土)に実施されます。

同じ日程で京都府や奈良県、兵庫県など近畿地方を中心に試験をやるので、

 大阪府と京都府を併願しよう。グヘヘ…

と、いった併願は無理なので気をつけましょう。

大阪府教員採用試験 2次試験の日程

合格発表から試験日まで最短5日しかありません。

と、いうのも2次試験は複数日程があり、指定された1日で試験を行います。

運が悪いと合格発表日から5日後に試験があることも・・・。

2019年(平成32年度)は7月24日~28日です。

大阪府教員採用試験 3次試験の日程

大阪府は3次試験まであるので気が抜けませんよ。

そして、3次試験が、一番試験の種類が多く、難易度が高いってことが大阪府の難しいところです。試験内容は後述しているので、確認してください。

例年、8月下旬~9月上旬に実施されます。

SPONSERD LINK

大阪府教員採用試験 年齢制限と受験資格

50歳未満で法律に違反していないことが条件

当たり前ですが教員免許を持っている(取得見込)ことが絶対条件です。その上で、

・年齢制限
・受験資格

を、満たしていることが必要。

大阪府 年齢要件

一部の特例選考を除いて、昭和44年4月2日以降に生まれた人が受験することができます。

大阪府 受験資格

これは、大阪府に限ったことではありませんが、法律違反を犯して逮捕経験があったりすると受験できません。

詳しくは地方公務員法16条、学校教育法9条を確認しましょう。意外とこの条文が試験に出題されていたりするので見ておくといいですよ。

 アメリカ人だけど、高校で英語オシエタイヨ、受験デキマスカ??

日本国籍の有無は自治体によって異なりますが、大阪府は日本国籍でなくても要件を満たしていれば受験することはできますよ。

大阪府教員採用試験 内容

筆記試験と面接試験が実施されます。

実施される試験の内容は、

  1. 教養試験
  2. 専門教養
  3. 個人面接、模擬授業
  4. 実技試験
  5. 小論文

が、実施されます。

大阪府教員採用試験 教養試験

1次試験に教養試験が実施されますが、とても難しいです。

でも、ボーダーラインはかなり低めに設定されているため不安になることはありません。

教養試験の出題は『教職教養』と『一般知能』です。

教職教養は全国の教員採用試験で出題されるので馴染みがありますが、問題は一般知能。

大阪府でしか出題がありません。※大阪市、堺市、豊能地区も同問題で実施。

そして、多くの受験者が点数をとることができていません。

大阪府教員採用試験 専門教養

3次試験で実施されます。

先生として指導する教科・科目に関する筆記試験が実施されます。

試験時間や配点は受験する校種・科目によって違いますが、50%前後の配点です。

大阪府教員採用試験 個人面接・模擬授業

個人面接は2次試験、3次試験、模擬授業は3次試験で実施されます。

大阪府教員採用試験 小論文

小論文は3次試験に実施されます。

実施される試験区分は小学校志望者のみです。

専門教養と同じ時間内で実施されるので注意が必要です。

大阪府教員採用試験 実技試験

小学校、保健体育、音楽、英語、書道、美術志望者のみ3次試験に実施されます。

小学校は水泳、体育は水泳とマット運動、銃剣道など、指導するにあたって実技が備わっているのか見られます。

最低限、学習指導要領にのっている項目はできるようにしておく必要があります。

大阪府教員採用試験 倍率と採用人数

 大阪府の採用人数はどれくらいなんだろう。

2018年(平成31年度)の採用人数は、

募集区分 採用人数
小学校 550人
中学校 380人
高等学校 200人
養護教諭 25人
栄養教諭 10人

と、なっています。

中学校の募集科目は国語、社会、数学、理科、音楽、美術、保健体育、技術、家庭、英語。

高等学校の募集科目は国語、地歴、公民、数学、理科、保健体育、農業、工業、英語、看護、情報。

また、2018年(平成31年度)の倍率は5.3倍でした。

これも大都市圏で比べると高い水準です。

大阪府教員採用試験 求める教員像

教員採用試験ではそれぞれの都道府県・政令市で求める教員像があります。

こんな人物を採用したい」という採用者側からのメッセージです。面接試験でも問われることがあるため、必ず確認してください。

1.豊かな人間性

実践的な専門性開かれた社会性何より子どもが好きで、子どもと共感でき、子どもに積極的に心を開いていくことができる人

2.実践的な専門性

幅広い識見や主体的・自律的に教育活動に当たる姿勢など、専門的知識・技能に裏打ちされた指導力を備えた人

3.開かれた社会性

保護者や地域の人々と相互連携を深めながら、信頼関係を築き、学校教育を通して家庭や地域に働きかけ、その思いを受け入れていく人。

終わりに

大阪府の試験はシンプルですが、内容が複雑ですね。

教養試験は一般知能が出題されるし、1次試験と2次試験は合格しやすいのに、最後で一気に落としますからね。

まずは、各試験の傾向を知ってから準備をはじめましょう。

ABOUT ME
アバター
福永 真
42歳 関東圏在住/大卒→中学・高校教員(社会科)→教育出版業を経て教職コンサルタントとして躍進中。教育問題の課題、解決に向けたセミナーを開催・企画しています。