大阪府

大阪府教員採用試験 倍率2倍越え!?個人面接を攻略する

大阪府 教員採用試験 個人面接

個人面接が不安です。どんな質問が聞かれるのか分からないし、どこを見て評価されているのかわからないから・・・

と、いった不安を解決します。

本記事の内容

個人面接の傾向
模擬授業の傾向
質問内容
評価のポイント

大阪府は面接試験がとても重要です。

と、いうのも「大阪府教員採用試験 倍率について解説します」に書いていますが、3次試験の倍率が2倍強と高いです。筆記試験の倍率1.5倍程度と比べても難易度が高いことがわかりますね。

面接試験で重要なことは「印象」を良くする。と、いうことが重要。

本記事を読むことで面接試験の傾向や評価ポイントを知ることができます。

大阪府の面接試験を知りたい人や面接試験で上手く評価をとれない人におすすめの記事です。

大阪府教員採用試験 面接試験の内容

大阪府の面接試験は、

・個人面接(2次試験)
・個人面接(3次試験)
・模擬授業(3次試験)

の、3つが実施されます。

個人面接が2回実施されること、倍率が高いことから、「人物試験重視」であることがわかりますね。

大阪府教員採用試験 個人面接(2次試験)の傾向

面接官2人よる10分程度の個人面接があります。

1次試験の合格発表から1週間以内に実施されるため、早いうちから準備しておく必要があります。と、いいますか面接試験の倍率を考えたら筆記試験と同じくらい対策しておく必要がありますね。

面接試験では事前にホームページからエントリーシートをダウンロードして記入する必要があります。

記入項目は氏名や住所、学歴・職歴にくわえて、

・この選考を受験するに至った主な動機(120字程度)

・教員になった場合に役立つ又は教員として役立っていると思われる自らの経験(クラブ、ボランティア等)、資格、趣味、特技など(200字程度)

を記入する必要があります。この内容をもとに質疑応答があるので、聞かれても堂々と答えられるエピソードを記入しましょう。

大阪府教員採用試験 個人面接(2次試験) 質問内容

・昨夜は眠れましたか。

・待ち時間に何を考えていましたか。

・1分間で自己PRと志望動機を述べてください。

・大阪府の志望動機は何ですか。

・長所と短所は何ですか。

・短所を克服するために気を付けていることはありますか。

・あなたの理想とする教師像はありますか。

・今までの人生や経験で良かったことはありますか。

・今までの人生や経験で苦労したことはありますか。

・大阪市で勤務していますが、なぜ大阪府を受験するのですか。

・教育実習で気を付けていたことはありますか。

・部活動で学んだことは何かありますか。

・チームで成し遂げたことは何かありますか。

・今までで一番がんばったと思うことは何かありますか。

・いじめ防止のためにどのようなことを行いますか。

・今まで不合格だったのは,なぜだと思いますか。

大阪府教員採用試験 個人面接(3次試験)の傾向

3次試験では20分間の個人面接が行われます。

はじめに模擬授業(4分)をやった後、個人面接

2次試験と違い、時間が長いので広く深く質問されます。

大阪府教員採用試験 個人面接(3次)質問内容

・自己PRと志望動機を1分間でしてください。

・民間企業から教員に転職する理由は何ですか。

・「チーム学校」とあるが,どんな制度ですか。

・大阪府の教育課題は何ですか。

・理想の教師像について。

・専門性を磨くためにしていることはありますか。

・教室の挨拶を30 秒でしてみてください。

・中学校・高校の部活動で身に付けた力は何かありますか。

・最後に言い残したいことを20秒でいってください。

・教員になるにあたっての不安はありますか。

・社会人からの転職理由は何ですか。

・保護者との関わり方で気を付けていること何ですか。

・これまで取り組んできたことの中で,一番印象に残っていることを具体的に話してください。

・教員になったとき,保護者とどう関わっていきますか。

・授業で大切にしていることは何ですか。

・教員同志で意見が衝突したとき,どうやって解決しますか。

・模擬授業はどうでしたか。

・いまの模擬授業に点数をつけてください。点数の理由も。

・いまの模擬授業で失敗したな。と、思ったところはありますか。また、それはなぜですか。

大阪府教員採用試験 模擬授業

先程も書きましたが、個人面接の最初に4分程度で実施します。

特別、厳しいルールはなくテーマについて導入・展開・まとめなど、好きなところから始めていいです。A4サイズのカンペの持ち込みも可能なので、必要な知識はそこにまとめておきましょう。

ただし、カンペの見すぎは絶対にマイナス評価をつけられます。あくまで補足程度にとどめましょう。また、ホワイトボードも使用するので字の大きさ、見易さに配慮することも評価アップにつながるポイントです。

面接官を生徒役に見立てて行います。問いかけをしても反応してくれませんが、必ず反応したと見立てて進行するようにしてください。けっこうこの部分がみられていたりします。一方的な授業展開は評価があがりにくいです。

大阪府教員採用試験 模擬授業のテーマ

決められたテーマはなく、学習指導要領に記載のある内容を理解して、自分でまとめて授業を展開する形です。

例えば、小学校。

算数【第2学年】2内容 D数量関係(3)身の回りにある数量を分類整理し、簡単な表やグラフを用いて表したり読み取ったりすることができるようにする。

例えば、中学保健体育

中学校学習指導要領 保健体育【保健分野】2内容(4)健康な生活と疾病の予防について理解を深めることができるようにする。

イ 健康の保持増進には、年齢、生活環境等に応じた食事、運動、休養及び睡眠の調和のとれた生活を続ける必要があること。また、食事の量や質の偏り、運動不足、休養や睡眠の不足などの生活習慣の乱れは、生活習慣病などの要因となること。

と、各校種・教科の学習指導要領 内容の一部分がテーマとして出されます。それをもとに模擬授業を展開していくので、対策方法としては、「内容」に書いてあることをすべて対策することですね。

面接試験の評価ポイントについては「教員採用試験 面接試験で評価をあげる2つのポイント|質問例と回答例他」にまとめています。あわせて読んでくださいね。

SPONSERD LINK

終わりに

面接試験に苦手意識を持っている人は、克服するためには実践練習が必要です。何回も繰り返すことでしか克服することはできません。

苦手なのに後回しにしていいのでしょうか?ダメですよね。

苦手だから、不安だからこそ練習をするしかありません。面接が得意な人が3回練習したら3倍の9回は練習しないと勝てないということです。

やることはわかったのですから、あとはやるだけです!

ABOUT ME
福永 真
大学卒業後、9年間中学・高校の社会科教諭として勤務。家庭の事情で退職後、某出版社へ就職。教員採用試験の担当を7年経験して41歳で独立。現在、大学や短大で今までの経験を活かし、教職アドバイザーとして活動中。高校受験の家庭教師もやっています。