神奈川県

神奈川県教員採用試験を受験する人のための記事

神奈川県教員採用試験 試験日程

 神奈川県の教員を目指しています。試験日程や内容などが知りたいです

と、いった質問に回答します。

どうも、福永です。

この記事は神奈川県教員採用試験の概要を簡単にまとめています。

具体的な内容はこちら。

神奈川県の教員として働くには神奈川県が実施する教員採用試験に合格する必要があります。

  • いつ試験があるのか。
  • どんな試験なのか。
  • 倍率はどれくらいなのか。

知っていますか?

合格するには準備が必要でして、まずは試験の全体を知ることが重要です。

もし、あなたが神奈川県の教員を目指しているなら本記事が役に立つはずです!

すべてを読み終えると試験の概要や対策すべきことがわかりますよ。それではご覧ください。


関連記事 神奈川県教員採用試験 人物重視?倍率を確認しよう

神奈川県教員採用試験 求める教員像

教員採用試験では、都道府県・政令市ごとに「求める教員像」があります。

「こういう人物を採用したい」という採用者側からのメッセージです。面接試験でも、質問されることが増えているため、内容を理解しましょう。

神奈川県では3つの要素を求める教員像としています。

  1. 人格的資質と情熱を持っている人
  2. 子どもや社会の変化による課題を把握し解決できる人
  3. 子どもが自ら取り組むわかりやすい授業を実践できる人

人格的資質と情熱を持っている人

  • 豊かな人間性と社会性、高い対人関係能力とコミュニケーション能力を持っている人
  • 子どもへの教育的愛情と責任感、教職に対する使命感と誇りを持っている人
  • 高い倫理観をもち、公平・公正に行動できる人
  • 変化に対応し、学び続ける向上心を持っている人

子どもや社会の変化による課題を把握し解決できる人

  • 子どもをよく理解し、多様な教育的ニーズに対して適切に対処・指導できる人
  • 得意分野をもち、個性豊かで、連携・協力しながら指導できる人
  • 教職員全体と協力し、学校全体を意識しながら組織的に取り組むことができる人
  • 保護者、地域の人々と協力して取り組むことができる人

子どもが自ら取り組むわかりやすい授業を実践できる人

  • 子どものやる気を引き出し、意欲を高めることができる人
  • わかりやすい授業の実践ができる人
  • 高い集団指導の力をもち、望ましい学級づくりができる人
  • 授業研究を生かした行内研修に進んで取り組むことができる人

面接試験や論作文試験で出題されることがあります。受験する以上は知っておく必要があるので覚えておきましょう。

SPONSERD LINK

神奈川県教員採用 試験日程

神奈川県教員採用試験は7月~8月にかけて選考があります。

2019年(平成32年度)の日程は次のとおり。

申込受付 【インターネット出願推奨】
4月24日~5月20日
【郵送受付】
4月24日~5月20日(消印有効)
1次試験 7月14日(日)
1次試験合格発表 7月26日(金)
2次試験 8月5日~16日の指定された日
最終合格発表 10月1日(火)

神奈川県受験者の併願は?

教員採用試験は自治体ごとに選考をやっているので試験日が違っていれば複数の自治体を受験することができます。

しかし神奈川県から近い東京都や千葉県(千葉市)など関東地区は同じ日に試験を実施するため併願することができません。

2019年(平成32年度)は九州地区も同じ日に試験があります。

そのため東海地区や関西地区を併願先として選びましょう!

関連記事 【2019年版】教員採用試験 日程一覧まとめ

神奈川県教員採用 試験内容

受験する自治体によって試験内容は違うので注意しましょう。

神奈川県で実施される試験内容は次のとおり。

1次試験 教養試験
専門教養
論文
2次試験 模擬授業
個人面接
実技試験

神奈川県教員採用試験 教養試験の内容

  • 試験時間:60分
  • 問題数:50問(教職20問、一般30問)
  • 形式:マークシート方式

出題傾向を「神奈川県教員採用試験 過去問をみれば教養試験の傾向がわかる!」で深堀しています。

時間を見つけて読んでおきましょう。

神奈川県教員採用試験 専門教養の内容

教員として各教科(科目等)の授業等を行う上で必要な専門的教養に関する問題が出題されます。

  • 試験時間:60分
  • 問題数:教科による
  • 形式:マークシート方式

科目ごと、分野ごとに基準点が設定されています。

神奈川県教員採用試験 論文試験の内容

文章を通して課題把握、教師としての実践的指導力、論理的表現力等を評価します。

  • 試験時間:60分
  • 字数制限:600字~825字以内
  • 特記:採点は2次試験

新学習指導要領を踏まえてどんな授業・指導をするのか聞かれます。

校種による学習指導要領を踏まえた内容を理解する必要があります。

詳しい傾向や出題テーマを「神奈川県教員採用試験 論文試験ってどんな問題がでているの?」で書いています。参考にしてください。

神奈川県教員採用試験 模擬授業の内容

  • 試験時間:125分
  • 受験者:8~10人
  • 面接官:3人

模擬授業のなかで集団討論もあります。

流れや傾向を理解しておかないと対策は難しいです。

試験の傾向を「神奈川県教員採用試験 模擬授業と集団討論の傾向」で詳しく説明しているので確認しましょう。

神奈川県教員採用試験 個人面接の内容

自己アピールや志望動機について面接官の質問に答える試験です。

  • 試験時間:20分
  • 面接官:3人

面接は当日に提出する面接カード及び単元指導案をもとに質問されます。自信を持って答えられるように内容を考えましょう。

実際に質問された内容や傾向を「神奈川県教員採用試験 個人面接が一番重要!傾向を教えます。」で解説しています。参考にしてください。

神奈川県教員採用試験 実技試験の内容

音楽
  • 歌唱
  • ピアノ演奏
  • リコーダー又は篠笛
  • 弾き歌い
美術
  • 素描
  • デザイン
  • 立体
保健体育
  • 器械運動
  • 陸上競技
  • ダンス
  • 水泳
  • 球技
  • 武道
技術 ものづくりに関する基礎的実技
家庭 食物に関する基礎的実技
英語 英語コミュニケーション能力

神奈川県教員採用試験 倍率

2018年(平成31年度)の最終結果は4.9倍でした。

3年連続で減少傾向にあります。

神奈川県教員採用試験 人物重視?倍率を確認しよう」で詳しく解説しています。あわせて確認しましょう。

神奈川県教員採用試験 年齢制限

教員採用試験の年齢制限は、幅広い経験のある人を採用するため年齢制限を撤廃(60歳未満)する都道府県が増えています。

神奈川県の年齢制限は60歳未満まで受けられるので実質撤廃です。

2019年(平成32年度)の年齢制限は「昭和35年4月2日以降に生まれた人」が受験することができます

関連記事 教員採用試験 何歳まで受験できる?年齢が高くても合格できるのか?

神奈川県教員採用試験 採用人数

教員の大量採用は終了したといわれていますが、ここ2年間の採用人数は全国で増加傾向にあります。

2019年(平成32年度)の採用人数は次のとおり。

小学校 355人
中学校 国語 32人
社会 20人
数学 32人
理科 22人
音楽 10人
美術 16人
保健体育 22人
技術 8人
家庭 8人
英語 20人
高等学校 国語 60人
地歴公民 60人
数学 55人
情報 8人
理科 40人
音楽 3人
美術 3人
保健体育 40人
家庭 10人
英語 85人
工業 11人
商業 2人
農業 3人
特別支援学校 125人
養護教諭 20人
障害者枠 20人

神奈川県教員採用試験 主な特例(特別)選考

今までの経験や実績に応じて、試験の一部免除等の優遇措置を受けることができます。

条件を確認して、当てはまれば積極的に特別選考で受験してみましょう。

神奈川県の特別選考は次のとおり。

教職経験者 国公私立学校において正規教員又は常勤講師として平成27年4月1日~平成31年3月31日までの4年間で通算1年以上の勤務がある人は1次試験の教養試験を免除。
臨時的任用 平成30(2018)年度実施の第2次試験における不合格者のうち「不合格(臨時的任職員候補者)」の通知を受け、その通知に対し任用の意向を示し平成31年4月に神奈川県内公立学校の臨時的任用職員として任用されている人は1次試験の教養試験を免除。
社会人経験 民間企業、官公庁等で正社員として平成26年4月1日~平成31年3月31日までの5年間で通算3年以上の勤務経験がある人は1次試験の教養試験を免除。
スポーツ・芸術 国際的又は全国的規模の競技会、コンクール、展覧会等における高等学校以降の特別に優秀な実績者は1次試験の専門教養を免除
英語資格所有者 TOEIC730点以上、TOEFL80点以上、実用英語検定準1級以上のいずれかに当てはまる人は1次試験の専門教養を免除。
かながわティーチャーズカレッジ 「かながわティーチャーズカレッジ」の平成30年度修了者は1次試験の教養試験を免除。

 

関連記事 講師経験者、社会人経験者は有利?|教員採用試験の特別(特例)選考とは。

神奈川県教員採用試験のまとめ

神奈川県の教員採用試験について概要を書きました。

倍率は下がり続けていますが、今後は採用数が抑制されるので高くなります。

あと2,3年がチャンスだと思って対策をはじめましょう。

まずは対策に時間がかかる教養試験の対策です。傾向を「


関連記事 神奈川県教員採用試験 過去問をみれば教養試験の傾向がわかる!

ABOUT ME
アバター
福永 真
42歳 関東圏在住/大卒→中学・高校教員(社会科)→教育出版業を経て教職コンサルタントとして躍進中。教育問題の課題、解決に向けたセミナーを開催・企画しています。