千葉県・千葉市教員採用試験

千葉県・千葉市教員採用試験 面接対策は傾向をつかむことが肝心!

千葉県千葉市教員採用試験 面接試験の傾向をまとめています。
千葉県(千葉市)の教員を目指しています。面接試験が重要って聞いたけど、どんな内容なの?傾向や質問内容が知りたいな・・・。

と、いった質問に回答します。

どうも、福永です。

この記事は千葉県教員採用試験で実施される面接試験の傾向や質問内容をまとめています。

本記事を読むメリット
  • 千葉県(千葉市)の面接試験が分かる。
  • 傾向や注意点が分かる
  • 質問内容やテーマを知れる

今の教員採用試験は「面接試験重視」といっても過言ではありません。

筆記試験が満点でも面接試験で評価をとれないと不合格、逆に筆記試験の点数が低くても面接試験で評価が高ければ合格。

昨今の教師を取り巻く環境は、いじめ問題や不登校、モンスターペアレンツなど教師の仕事は増える一方で、決していい状況ではありません。

たとえ勉強ができても、そういった教育問題に対応できなければ教員としては認められない時代なのです。

まずは面接試験の傾向を知ってください。そして早めに自己分析をして、面接に向けての準備をしましょう。

千葉県・千葉市教員採用試験の傾向をまとめています。
千葉県・千葉市教員採用試験 これから始める受験対策まとめ本記事では千葉県・千葉市教員採用試験の試験日程、試験傾向、採用人数、倍率、年齢制限など受験するために必要な情報をまとめている記事です。はじめて受験する人におすすめ。...

千葉県(千葉市)教員採用試験 面接試験とは

面接試験はすべての自治体で実施される試験です。

筆記試験と違い受験者の経験や熱意、教育への情熱を主観的に評価します。

面接官が主観的に評価するため筆記試験のように模範解答がありません

そのため面接官に評価されるために印象を良くしたり、話をわかりやすく伝える練習が必要となります。

面接試験の種類はどの自治体でも必須な「個人面接」をはじめ、「集団面接」「集団討論」「模擬授業」「グループワーク」など多いです。

実施される試験内容は自治体によって異なるので、対策前に必ず実施要綱で確認しましょう。

千葉県(千葉市)教員採用試験で実施される面接の内容は?

1次試験 集団面接(討論)
2次試験 個人面接
模擬授業

千葉県(千葉市)の面接試験は1次試験に集団面接、2次試験に個人面接模擬授業が実施されている。

集団面接は「討論」も同時におこなわれるので注意が必要です。

それぞれの試験について傾向やテーマを見ていきましょう。

SPONSERD LINK

千葉県(千葉市)教員採用試験 集団面接(討論)の傾向

実施 1次試験
試験時間 25分
受験者 6人
面接官 2人

「集団面接」は1次試験に実施されます。

注意してください!

実施要項には「集団面接」と記載されていますが、実際の内容は「集団面接+集団討論」です。

試験時間は25分。試験官は2人、1グループ6人で実施されます。

集団面接の配点は40点満点(A~Eの5段階評価)で、D評価以下がつくと筆記試験の点数が良くても不合格になります。

千葉県(千葉市)教員採用試験 集団面接の特徴

試験の初めに集団面接が実施されます。

発言は1人1回、30秒考えてから30秒以内で質問に回答します。

回答は挙手制なので積極的に回答するようにしましょう。

千葉県(千葉市)教員採用試験 集団面接の質問内容

・千葉県では様々な教員の研修が行われていますが、なぜ教員は学び続けなければいけないと思いますか。

・千葉県、千葉市が求める教員像に「人間性豊で、教育愛と使命感に満ちた教員」とあります。あなたは人間性豊かな教員とはどんな教員だと思いますか。

・教育公務員として、あなたが大切にしたいことは何ですか。

必ず面接官の質問が終わった後に挙手するようにしましょう。「人の話を最後まで聞けない人」と悪い印象を持たれる可能性があります。

教員採用試験 集団面接のコツ
教員採用試験 集団面接が苦手ならコミュ力をひたすら磨け!集団面接が苦手な人へ。コミュニケーション能力を鍛えましょう!人間力があってもコミュ力がないと合格できません。コツや傾向もあるけど、まずはコミュ力! ...

千葉県(千葉市)教員採用試験 集団討論の特徴

1つ目の質問(集団面接)が終わると、2つ目の質問があります。

2つ目の質問はグループ全員で話し合う試験(集団討論)です。

一般的に集団討論は話しあってグループの意見をまとめるまでが試験ですが、結論をまとめる必要はなく、話し合っている過程が評価対象になります。

注意点としては、「発言しない(討論に参加しない)」「人の意見を聞かない」と、いった行為は評価が悪いです。

自分の意見をいうときは、しっかり発言して、ほかの受験者が発言しているときは、耳を傾けてうなずきながら聞くことを意識しましょう。

千葉県(千葉市)教員採用試験 集団討論のテーマ

・千葉県・千葉市が求める教員像に「組織の一員として責任感と協調性をもち、互いに高め合う教員」という項目が追加されました。チーム学校としてどのように取り組むか。話し合ってください。

・2020年の東京オリンピック・パラリンピック開催において千葉でも競技が実施されます。学校現場でどのような教育活動を実践していきたいですか。話し合ってください。

・異校種間(小中高特)での交流をどうしていくか、どう考えるか、どのように取り組んでいくのか、またその効果について話し合ってください。

千葉県(千葉市)教員採用試験 個人面接の傾向

実施 2次試験
試験時間 30分
面接官 3人

個人面接は30分程度でおこなわれます。

面接では事前に提出する面接カードの内容を中心に質疑応答を繰り返します。そのため、面接カードは具体的に、わかりやすく記入すること。

配点は100点、2次試験で1番高いです。ほかの試験が良くても個人面接で評価がもらえないと合格することはできません。

千葉県(千葉市)教員採用試験 面接カードの内容

  • 氏名
  • 住所
  • 学歴
  • 職歴
  • ボランティア活動経験(60字程度)
  • 現在の健康状況
  • 研究事項・卒論など
  • 参加した部活動・コンクール等の活動記録(中学~)
  • 指導可能な部活動又は指導実績(100字程度)
  • 自己アピール(教員として生かせること)300字程度
  • 志願の理由(500字程度)

千葉県(千葉市)教員採用試験 個人面接の質問内容

1.氏名と生年月日。

2.自己紹介を含めて自己PRを1分程度でしてください。

3.教員を志望した理由は何ですか。

4.教員になってやってみたいことはありますか。

5.教員になったらどんな教員を目指しますか。

6.教員の魅力とは何ですか。

7.小学校と中学校・高校の違いは何ですか。

8.なぜ千葉県がいいのですか。

9.千葉県の教育について何か知っていますか。

10.希望勤務地区の理由。

11.部活動は小学校にもあるが,それについて中学校・高校との違いは何ですか。

12.未経験の部活動の顧問になったらどうしますか。

13.部活指導を通して生徒に伝えたいことは何ですか。

14.部活動は学年によってどう違うか,男女で違いはありますか。

15.ボランティア活動について。

16.教育実習中に困ったこと,嬉しかったことは何ですか。

17.卒業研究について説明してください。

18.卒業研究をどう現場で活かしますか。

19.分かりやすい授業をするために何をしていますか。

20.生徒のつまずきを把握するために授業で実践していることは何ですか。

21.民間企業での経験をどのように教育に活かしますか。

22.小学校と中学校の違い,先生の違いはどこですか。

23.教員の勤務時間についてどう思いますか。

24.苦手なことを指導する際,どうしますか。

25.苦手な人に対し,どのように対応しますか。

26.あなたの短所は学校で働く上でどのような問題がありますか。

27.ストレスには強いですか。また,その解消方法は何ですか。

28.健康のために気を付けていることは何かありますか。

29.ワーク・ライフ・バランスを知っていますか。それを実現するためにはどうしたらよいですか。

30.友人といるとき,あなたはどのような立ち位置ですか。

31.4 月に教壇に立ち,まず何を児童に話したいですか。

32.学校の意義は何ですか。

33.教員として思い描いている夢や目標はありますか。

34.勉強,運動,人間関係づくりが苦手な子にどう指導していきますか。

35.積極性に欠ける生徒に対して授業ではどのような工夫をしていきますか。

36.発達段階によって異なる指導とは何ですか。

37.学級経営について。

38.地域との関わり方を具体的に述べてください。

39.保護者と関わるとき,何に気を付けますか。

40.先輩教員に仕事を任せてもらう方がよいか,後輩教員から慕われる方がよいか。

41.新学習指導要領で変わったことは何ですか。

42.新学習指導要領をどう指導に役立てますか。

43.生徒の成長にどのように関わっていきますか。

44.特別支援についてどう思いますか。

45.グローバル人材の育成はどのようにしたら実現できますか。

46.いじめはなぜなくならないと思いますか。

47.クラスで「無視されている」いじめが起きたらどう対応しますか。

48.教員の不祥事についてどう思いますか。

49.生徒との適切な距離感について,どう考えますか。

50.今の生徒はなぜネットトラブルを起こすと思いますか。

SPONSERD LINK



千葉県(千葉市)教員採用試験 模擬授業の傾向

実施 2次試験
試験時間 11分
受験者 7人程度
面接官 2人

模擬授業は与えられたテーマについて、考えをまとめ、時間内に授業をすることで教師としての適性や指導力、知識量を総合的に評価する試験です。

配点は、150点中の50点。

試験の流れは、次のとおり。

  1. テーマが発表(当日)
  2. 5分間の構想
  3. 6分間の実演

千葉県(千葉市)教員採用試験 模擬授業のポイント

知識があるアピールより、楽しませることが点数アップの秘訣。

模擬授業だからといって、ただ知識があることをアピールするだけでは評価されることはありません。

なぜなら、「知識はあって当たり前」だからです。

それよりも、生徒が興味をもって授業をうけることができる内容か、どうかがとても重要

なので、どんどん楽しませるような授業を行うようにしましょう。思いっきりやったほうがいいです。

そのため内容を極めるのも必要ですが、それ以外のパフォーマンス力を鍛えることが実は一番重要だったりします。

模擬授業の評価が高い人ほど演技力がうまい傾向にあり、不合格の人ほどつまらない授業をおこなっています。

そこを意識して対策をしてみましょう。

千葉県(千葉市)教員採用試験 模擬授業のテーマ

模擬授業は次の4つのテーマから1つを指定されておこないます。

  • 教科指導
  • 生徒指導
  • 道徳指導
  • 特別活動

これらのテーマに対して

学年と単元は自由設定

児童生徒とやりとりを想定した授業

学習指導要領を踏まえた授業

の、3つを意識して構想するように指示があります。

1グループ6人程度で行われるため、ほかの受験生も生徒役として参加します。

千葉県(千葉市)教員採用試験 面接試験で評価を上げるテクニック

個人面接で評価をあげるために必要なことは2つあります。

  1. 印象をよくする
  2. しっかりコミュニケーションをとる

印象をよくする

面接試験で1番重要な要素です。

よく、面接試験対策として自己PRや志望動機を一生懸命考えて、そればかりに時間をとられる受験者がいます。

正直いいますと、合格する人はどんな自己PR、志望動機でも合格しますし、落ちる人は素晴らしい内容でも落ちます。

つまり、自己PRや志望動機は一度、読んでみて意味がわかり、何をしてきたのか。が、わかれば十分ということ。

あとは、それをどう伝えるのか。が、重要。

合格するためには、内容は早めに考えて、あとは印象をよくするためにパフォーマンス力を鍛えることが印象をよくするために必要な準備となります。

具体的なポイントは「教員採用試験 面接試験で評価をあげる2つのポイント|質問例と回答例他」で書いています。また読んでおいてください。

コミュニケーションをとる

はじめにも書きましたが、会話できる=コミュニケーションではありません。

例えば、

好きなスイーツは何ですか?

と、聞かれて、その質問に、

甘いものは苦手なんですよね・・・・

と、答えました。コミュニケーションが取れていると思いますか?

コミュニケーションが取れている!と思った人、危険です。

質問の意図を読み取って会話していませんよね。

質問者は「好きなスイーツ」を聞いているので、スイーツが嫌いでもスイーツ名を答えることが正解です。

それなのに「スイーツは苦手・・・」って、発言してしまうと質問の意図からズレてしまっているんですね。

一見、コミュニケーションがとれている。と、思っていても実は質問の意図からズレていることがよく見受けられます。

結果として不合格になる人はどちらかが原因です。

時間をかけて印象をよくする練習をしていきましょう。

千葉県(千葉市)教員採用試験 面接のまとめ

  • 面接は印象が大切
  • 集団面接は討論を含む
  • 個人面接と模擬授業は2次試験

面接試験では「第1印象」がとても重要です。

入退室の動作、話し方、表情など印象を良くするように心がけましょう。どんなに良い話をしていても、印象が悪ければ面接官に響きません。

千葉県教員採用試験の教養試験の傾向や過去問をまとめています。
千葉県・千葉市教員採用試験 教養試験の勉強はこれで完璧!教養試験の勉強は過去問から始まります。闇雲に勉強するより出題傾向、科目、分野を知ることで負担をかなり減らすことができますよ。勉強法が知りたい人は必見です。...
ABOUT ME
アバター
福永 真
42歳 関東圏在住/大卒→中学・高校教員(社会科)→教育出版業を経て教職コンサルタントとして躍進中。教育問題の課題、解決に向けたセミナーを開催・企画しています。