福岡市

福岡市教員採用試験 試験日程はいつ?情報まとめ

福岡市教員採用試験 試験日程や内容をまとめました。

 福岡市の教員採用試験っていつあるの?

 福岡市の教員採用試験ってどんな試験内容があるの?

 福岡市の教員採用試験って倍率は高いの?低いの?

と、いった質問に回答します。

どうも、福永です。

本記事の内容は、

  1. 福岡市の求める教員像
  2. 試験日程と内容
  3. 年齢制限
  4. 採用人数
  5. 特別選考
  6. 倍率

と、なっています。

福岡は福岡市、福岡県、北九州市の3自治体で採用試験をおこなっていますが、どこの教員になりたいのか考えていますか。

もし、あなたが福岡市の教員を目指している、考えているなら本記事を読むことで試験の全体像を知ることができますよ。

ぜひ、参考にして試験勉強をはじめる準備をしましょう。

福岡市教員採用試験 求める教員像

教員採用試験では、都道府県・政令市ごとに「求める教員像」があります。

「こういう人物を採用したい」という採用者側からのメッセージです。面接試験でも、質問されることが増えているため、内容を理解しましょう。

福岡市では3つの要素を求める教員像としています。

  1. 教育公務員としての自覚と高い倫理観、教育者としての情熱と強い使命感を持つ人
  2. 広く豊かな教養と社会性を備え、教育専門家としての確かな力量を持つ人
  3. 心身ともに健康で、子どもへの愛情と豊かな人間性や感性を持つ人
SPONSERD LINK

福岡市教員採用試験 試験日程と試験内容

福岡市の採用試験は「出願」→「1次試験」→「2次試験」→「最終合格」という流れで選考が行われます。

例年、試験の実施時期に大きな変更はないため大まかな試験日程を把握しておきましょう。

福岡市教員採用試験 出願日程

福岡市の出願は例年、5月~下旬におこなわれます。

出願時には、

  • 志願書
  • 自己PRシート

の、2点を記入して提出する必要があります。

福岡市教員採用試験 自己PRシート

自己PRシートは面接試験で使用される資料になります。

具体的に、わかりやすく、丁寧に仕上げることで面接官の印象を良くすることができるので時間をかけて記入するようにしましょう。

内容は、

  • 福岡市を志望した動機
  • 教員にとって一番大切だと思うもの及びその理由
  • 学校で活かせると思う得意分野やPRしたい学校現場での経験
  • 対人関係を円滑にするために心がけていること

の、4つです。

すべて120~150字程度で考えておきましょう。

福岡市教員採用試験 1次試験の日程と内容

2018年(平成31年度)の1次試験は福岡県、北九州市と同じ年7月15日(日)に実施されました。

試験内容は、

  • 教養試験
  • 論文
  • 適性検査

です。

教養試験は福岡県・北九州市と同じ問題を使っておこなわれています。傾向を「福岡県教員採用試験 教養試験は教職教養の攻略がカギ!」で書いているので勉強をはじめる前に見ておきましょう。

1次試験の合格発表は7月下旬です。

福岡市教員採用試験 2次試験の日程と内容

2次試験は、平成30年8月6日~21日の間で指定された日に実施されました。

試験内容は、

  • 個人面接
  • 模擬授業(指導案作成、口述)
  • 実技試験(小中高)

です。

最終合格発表は9月下旬です。

平成30年(2018年)実施試験より専門教科(第1次筆記試験)を廃止し,模擬授業(第2次試験)を新たに導入

福岡市教員採用試験 募集教科と採用人数

大量募集は終了したといわれていますが、まだまだ採用数は多めです。

平成30年(2018年)実施試験の募集人数は以下のとおりです。

募集教科 採用人数
小学校 150
中学国語 3
中学社会 7
中学数学 5
中学理科 6
中学音楽 4
中学美術 3
中学保健体育 8
中学技術 2
中学家庭 2
中学英語 20
高校国語 2
高校世界史 1
高校数学 2
高校英語 3
養護教諭 3
栄養教諭 9
特別支援(小) 30
特別支援(中) 40

福岡市教員採用試験 年齢制限

2018年(平成31年度)試験より年齢制限が緩和され、

昭和43年4月2日以降に生まれた人

が、受験できるようになりました。

福岡市教員採用試験 特別選考

講師経験や社会人経験を活かして選考試験を受けることができます。

一般選考に比べて筆記試験の免除などの恩恵を受けることができます。要件を満たしていれば受けてみましょう。

福岡市でおこなっている主な特別選考は、

  • 教職経験者特別選考
  • 講師経験者特別選考
  • 社会人特別選考
  • スポーツ・芸術特別選考

などがあります。

教職経験者特別選考

公立、私立問わずに正規教員として勤務している人は1次試験と実技試験の免除。

講師経験者特別選考A

平成28年4月1日~平成30年5月25日までの間に福岡市立学校の常勤、非常勤講師として2年以上の勤務実績と現在勤務している人は1次試験と実技試験の免除。

講師経験者特別選考B

平成25年4月1日~平成30年3月31日までの間に福岡市立学校の常勤、非常勤講師として1年以上の勤務実績がある人は一次試験の一般教養と論作文の免除。

社会人経験者特別選考

平成20年4月1日~平成30年3月31日までの間に同一の明槓企業で正社員として継続5年以上の勤務経験がある人は一次試験の一般教養の免除。

面接試験で「教職の知識」について質問されます。免除=勉強しなくていいわけではない。

福岡市教員採用試験 倍率

2018年(平成31年度)の最終倍率は6.2倍でした。

詳しい詳細を「福岡市教員採用試験 倍率は2次試験が高め!」で書いています。参考にしてください。

終わりに

福岡市の試験について内容はつかめましたか?

思った以上に対策しなければいけない試験が多いですよね。

合格するためには早期対策が必要です。

ABOUT ME
福永 真
大学卒業後、9年間中学・高校の社会科教諭として勤務。家庭の事情で退職後、某出版社へ就職。教員採用試験の担当を7年経験して41歳で独立。現在、大学や短大で今までの経験を活かし、教職アドバイザーとして活動中。高校受験の家庭教師もやっています。