福島県

福島県教員採用試験 もの凄く勉強になる記事まとめ

福島県教員採用試験 試験日程

 福島県の教員採用試験っていつあるの?

 福島県の教員採用試験ってどんな試験内容があるの?

 福島県の教員採用試験って倍率は高いの?低いの?

と、いった悩みを解決します。

どうも、福永です。

本記事の内容は、

  1. 福島県の求める教員像
  2. 試験日程と内容
  3. 採用人数
  4. 募集科目
  5. 年齢制限
  6. 特別選考
  7. 倍率

です。

教員採用試験に合格するためには受験する試験について知ることが大切です。

試験について知っておかないと対策をはじめるときに何をすればいいかわからないからです。

試験の内容って、あなたが思っている以上に種類がありまして把握しておかないと大変なことになりますよ。

もし、あなたが福島県の教員になりたいなら本記事は役にたつはずです。

ぜひ参考にして試験対策をはじめるきっかけとしてください。


福島県 教員採用試験 求める教員像

教員採用試験では、都道府県・政令市ごとに「求める教員像」があります。

「こういう人物を採用したい」という採用者側からのメッセージです。面接試験でも、質問されることが増えているため、内容を理解しましょう。

福島県では3つの要素を求める教員像としています。

  1. 児童生徒の人権を尊重し、教育的愛情と教育に対する情熱、使命感を持って常に学び続ける教師
  2. 教育者としての深い専門性や幅広い教養を持ち、実践的指導力のある教師
  3. 社会人として心身共に健康で、高い倫理観と自律心を持ち、個性豊かで児童生徒、保護者、地域住民から信頼される教師
SPONSERD LINK

福島県 教員採用試験 試験日程と内容

教員採用試験は筆記試験だけでなく面接試験や論文試験が実施されています。

勉強だけできても先生になることはできないんですね。

福島県の採用試験は「出願」→「1次試験」→「2次試験」→「最終合格」という流れで選考が行われます。

例年、試験の実施時期に大きな変更はないため大まかな試験日程を把握しておきましょう。

福島県 教員採用試験 出願日程

例年5月中旬~下旬に申込みがはじまります。

平成30年(2018年)実施試験の願書受付期間は平成30年5月11日~5月25日でした。

履歴書は面接試験でも使われる大切な資料です。きれいに書くことを心がけましょう。

福島県 教員採用試験 1次試験

1次試験は平成30年7月21日(土)、22日(日)に実施されました。

試験内容は、

  • 教養試験
  • 専門教養
  • 集団面接
  • 実技試験(科目による)

が、実施されています。

教養試験の傾向を「福島県教員採用試験 教養試験の傾向は校種によって異なる」書いています。参考にしてください。

また集団面接についても「福島県教員採用試験 面接試験の傾向と内容」を読んでおきましょう。

福島県 教員採用試験 2次試験

2次試験は9月上旬~中旬にかけて実施されます。

試験内容は、

  • 個人面接
  • 集団討論
  • 模擬授業
  • 小論文
  • 適性検査

です。

とても試験内容が多いのが特徴です。各種面接試験の傾向を「福島県教員採用試験 面接試験の傾向と内容」でまとめています。確認しましょう。

福島県 教員採用試験 年齢制限

平成30年実施試験では、

  • 一般選考:昭和43年4月2日以降に生まれた人(50歳未満)
  • 特例選考:昭和43年4月2日以降に生まれた人が受験できます。

福島県 教員採用試験 募集教科と採用人数

大量募集は終了したといわれていますが、まだまだ採用数は多めです。

平成30年(2018年)実施試験の募集人数は以下のとおりです。

募集教科 採用人数
小学校 240人
中学校 75人
高等学校 40人
特別支援学校 70人
養護教諭 30人

中学(国語、社会、数学、理科、音楽、美術、保健体育、技術、家庭、英語)

高校(国語、日本史、世界史、地理、倫理、政治経済、数学、物理、化学、生物、地学、保健体育、音楽、美術、書道、英語、家庭、農業、工業、商業、水産)

福島県 教員採用試験 特例選考(試験の免除)

教員採用試験では、様々な経験や職歴を持つ人を積極的に採用する流れが強くなりつつあります。

一般選考とは違った「特別選考」を実施することで、優秀な人材の囲い込みを強めています。

特別選考では「筆記試験の免除」や「1次試験の免除」など、一般選考に比べて合格しやすい仕組みを作っています。

講師経験者特別選考

福島県内の公立学校(小学校、中学校、高等学校及び特別支援学校)及び同県内の国立大学法人附属学校において、臨時的任用教員(福島県内の市町村が任命し、自ら設置する小学校・中学校で臨時的に任用をしている教員を含む。) として直近の3年度間 (平成27年4月1日~平成30年3月31日)に、通算15ヶ月以上の教職経験がある人は1次試験の教養試験を免除。

福島県 教員採用試験 倍率

2018年(平成31年度)の最終倍率は4.7倍でした。

科目によっては50倍を超えるものもあります。

詳しくは「福島県教員採用試験 倍率をみてビックリ!1次試験の重要度」を参照してください。

終わりに

福島県教員採用試験の試験概要を簡単に説明しました。

試験内容がわかったらあとは試験に向けて対策をしていきましょう。

長い試験ですがコツコツできる人が最後に合格する試験です。

ABOUT ME
アバター
福永 真
42歳 関東圏在住/大卒→中学・高校教員(社会科)→教育出版業を経て教職コンサルタントとして躍進中。教育問題の課題、解決に向けたセミナーを開催・企画しています。