群馬県

群馬県教員採用試験 傾向をまとめた記事を紹介

群馬県の教員採用試験

 群馬県の教員採用試験っていつあるの?

 群馬県の教員採用試験ってどんな試験内容があるの?

 群馬県の教員採用試験って倍率は高いの?低いの?

このような情報を求めている方、多いのではないでしょうか。

どうも、福永です。

本記事の内容は群馬県教員採用試験の、

  1. 試験日程と内容
  2. 採用人数
  3. 年齢制限
  4. 特別選考
  5. 倍率
  6. 求める人物

です。

本記事を読むことで群馬県教員採用試験の内容がわかります。また、試験ごとの傾向をつかめるようにまとめているので初めて群馬県を受験する人におすすめの内容です。

群馬県教員採用試験 試験日程と試験内容

群馬県の試験は、

・出願
・1次試験
・2次試験

という流れで実施されています。

群馬県教員採用試験 実施要項の配布と出願

例年4月下旬~5月中旬に実施要項の配布と出願がはじまります。

受験するためには実施要項を取り寄せて(ダウンロード)して出願書類を作成する必要があります。

出願書類には、

・氏名
・住所
・学歴
・職歴

と、いった個人情報に関する項目と

・クラブ活動歴
・ボランティア歴
・自己アピール
・志望動機

と、いった面接カードに使われる資料を作成して提出する必要があります。

自己アピールや志望動機はまとめて400字程度かけるようになっています。面接試験で使われる資料です、綺麗に分かりやすく書くようにしましょう。

群馬県教員採用試験 1次試験の日程と試験内容

例年、7月第2週に実施されます

試験内容は、

・筆記試験
・実技試験(科目による)

がおこなわれ、合格発表は8月上旬です。

筆記試験の傾向を「群馬県教員採用試験 教養試験の勉強方法」でまとめています。試験の全体像がわかったら確認しましょう。

群馬県教員採用試験 2次試験の日程と試験内容

2次試験は、8月中旬~9月上旬にかけて実施されます。

試験内容は、

・個人面接
・集団面接
・小論文
・適性検査
・実技試験(科目による)

がおこなわれ、最終合格発表は10月上旬を予定しています。

個人面接の傾向は「群馬県教員採用試験 個人面接は具体帝に答えることが重要」、

集団面接の傾向は「群馬県教員採用試験 集団面接は簡潔に答えることが大切」、

論文試験の傾向は「群馬県 教員採用試験 論作文試験の傾向×評価基準×過去問他」にまとめています。

SPONSERD LINK

群馬県教員採用試験 採用人数

採用人数は毎年変化します。

必ず実施要項で確認するようにしてください。

参考として2018年(平成31年度)の採用人数は、

募集教科 採用人数
小学校 350人
中学校
高等学校 40人
特別支援学校 50人
養護教諭 20人

と、なっていました。

募集科目
(国語、社会、数学、理科、保健体育、農業、工業、商業、家庭、英語)

群馬県教員採用試験 特別選考

教員採用試験では、様々な経験や職歴を持つ人を積極的に採用する流れが強くなりつつあります。

一般選考とは違った「特別選考」を実施することで、優秀な人材の囲い込みを強めています。

特別選考では「筆記試験の免除」や「1次試験の免除」など、一般選考に比べて合格しやすい仕組みを作っています。

群馬県で実施される主な特別選考は、

・社会人経験特別選考
・講師経験者特別選考
・現職教員特別選考

です。

社会人経験特別選考

条件:現在、正規教員として勤務しており、平成31年3月31日までに同一の民間企業で5年以上の勤務実績がある人は、教養試験と実技試験が免除。

講師経験者特別選考

条件:平成25年4月1日~平成30年3月31日までの間に群馬県内の公立学校で常勤、非常勤講師として3年以上の実績がある人は教養試験と実技試験が免除。

現職教員特別選考

条件:現在、正規教員として勤務しており平成30年3月31日までに3年以上の勤務実績がある人は1次試験が免除。

関連記事:教師に転職!社会人から教員採用試験に合格する方法

群馬県教員採用試験 倍率

2018年(平成31年度)の最終倍率は4.9倍でした。

群馬県教員採用試験 最新!倍率から読み取る試験傾向」で科目ごと、試験ごとに解説しています。読んでおきましょう。

群馬県教員採用試験 求める教員像

都道府県・政令市ごとに「求める教員像」を発表しています。「こんな人物を採用したい」という採用者のメッセージです。

群馬県では3つの求める教員像があります。

①社会人としての優れた識見を有する教員

・広く豊かな教養を身に付け、社会人として適切に判断して行動することができる。

・高い倫理観と規範意識を備え、児童生徒の鑑(手本)となる言動をとることができる。

・自らの職責を自覚し、責任をもって職務を遂行することができる。

②幅広い視野と高い専門性を有する教員

・教科等に関する専門的な知識や技能を有し、主体的・対話的で深い学びにより、群馬の子供たちに「時代を切り拓く力」を育むことができる。

・情報化やグローバル化など社会の変化をとらえ、専門性を高めるために日々努力し、学び続けることができる。

・児童生徒の実態や発達の段階を踏まえ、一人一人の多様性を尊重し、その可能性を最大限に伸ばすとともに、共生社会の形成を目指すことができる。

・学校教育目標の実現に向けて、保護者や地域の思いや願いを生かしながら、組織的・計画的に教育活動を行うことができる。

③豊かな人間性とコミュニケーション能力を有する教員

・教育的愛情と指導への情熱をもち、多様な考えや特性を認めながら児童生徒の可能性を伸ばすことができる。

・組織の一員としての自覚をもって連携・協力するとともに、互いに高め合うことができる。

・郷土の歴史や文化、生活等について理解し、保護者や地域、関係機関等と連携することができる。

面接試験で質問されることもあるため、必ず把握しておきましょう。

終わりに

合格するためには試験について知っておくことが重要です。

試験の全体像を理解できたら各試験の傾向を確認して対策をはじめましょう。

ABOUT ME
福永 真
大学卒業後、9年間中学・高校の社会科教諭として勤務。家庭の事情で退職後、某出版社へ就職。教員採用試験の担当を7年経験して41歳で独立。現在、大学や短大で今までの経験を活かし、教職アドバイザーとして活動中。高校受験の家庭教師もやっています。