群馬県

群馬県教員採用試験 論作文試験の傾向

群馬県 教員採用試験 論文試験 過去問

 論作文ってどうやったら上達するの?傾向とか教えてほしい。

と、いった質問に回答します。

どうも、福永です。

本記事の内容は、

  1. 論作文の傾向
  2. 論作文の出題例

です。

本記事を読むことで論作文の傾向を知ることができます。傾向がわかれば論作文の勉強方法を知ることができます。

論作文が苦手な人にお勧めの記事です。


群馬県教員採用試験 論作文試験の特徴

2次試験に全ての試験区分で論作文が実施されます。

出題形式はテーマ(文章題)を読んで、自分の考えを記述します。字数が少ないので、まとめるのが難しいです。

論文が苦手な人は教員採用試験 差がつく論文の書き方 2019年度を使っておけば、論作文の書き方やテクニックを学ぶことができます。とてもおすすめの1冊です。

字数制限400字、試験時間は60分。

SPONSERD LINK

群馬県教員採用試験 論作文の過去問(テーマ)

次の文章を読んで,コミュニケーションに対するあなたの考えを書きなさい。

私たちは言葉でのやりとりをコミュニケーションの中心だと考えがちだ。しかし,言葉を使いはじめる以前までの膨大な時間,人類は存在してきた。その間にもコミュニケーションは当然成り立っていたはずだ。集団で暮らしている状態でコミュニケーションがないということは,考えられない。

(齋藤孝 『コミュニケーション力』による)](平成29年実施試験より)

次の文章を読んで,コミュニケーションに対するあなたの考えを書きなさい。グローバル化に伴い,変化しなければならないとあたふたしている人がいます。その人たちに聞きたいのは,「どういうふうに変わろうとしているのか」ということです。面白いことに,「変わらなければならない」と言っている人に限って,どのように変わるかというイメージを持っていません。

(矢部輝夫著『リーダーは夢を語りなさい』による)(平成28年実施試験より)

群馬県教員採用試験 論作文 評価基準

論作文試験は主に3つの着眼点に従って評価をされます。作文を書くときに注意して書くようにしましょう。

①内容

・課題をしっかり把握できているか。文章は短すぎないか。

・文章として成立しているか。幼稚すぎる内容でないか。

②表現

・内容はわかりやすく、まとまっているか。

・用語や表現は適切か。

③文字

・誤字やあて字が多すぎないか。

・字体はくずさず、丁寧・綺麗に書けているか。

「③文字」については、日頃から気をつけて書くようにしておかないと当日に書くことは難しいです。練習の段階から気にして書くようにしましょう。

まとめ

論作文試験を攻略するためには「①書き方を知る→②実際に書いてみる→③添削を受ける」を繰り返すことが大切です。

「③添削を受ける」はとても重要です。添削を受けることで足りないものが見えてきます。必ず第三者の意見をもらうようにしましょう。

ABOUT ME
アバター
福永 真
42歳 関東圏在住/大卒→中学・高校教員(社会科)→教育出版業を経て教職コンサルタントとして躍進中。教育問題の課題、解決に向けたセミナーを開催・企画しています。