神奈川県教員採用試験

神奈川県教員採用試験 模擬授業(集団協議)の攻略法と注意点

神奈川県 教員採用試験 模擬授業

2次試験にある集団協議と模擬授業が不安です。傾向とか出題されたテーマがわかれば、対策できるんだけどな・・・。

このような悩みを解決します。

どうも、福永です。

この記事は神奈川県教員採用試験の模擬授業と集団討議を知る、攻略する内容を書いています。

具体的な内容はこちら。

神奈川県を受験する人、集団討議の傾向が知りたい人におすすめの内容です。

筆記試験だけできても合格できません!

と、いうのも神奈川県は1次試験の結果を2次試験には持ち越しません。

つまり、筆記試験で200点満点でも、ボーダーぎりぎりの105点でも合格さえすればどっちでもいいのです。

そこで合格するために重要なのが面接試験になってきます。

と、いうわけで神奈川県の集団討議、模擬授業の話をしていきたいと思います。

神奈川県教員採用試験 模擬授業の傾向

  • 試験時間:1人10分
  • 人数:8~10人
  • 試験官:3人

模擬授業は2次試験で実施されます。

1グループ8~10人程度で、1人10分間の模擬授業をおこないます。

テーマに沿った1単位時間の授業計画を立て、指導案を作成します。作成した指導案をもとに導入から展開にかけての冒頭10分間を模擬授業。

他の受験者が模擬授業をしている間は生徒役として試験に参加します。発言することはできませんが、参加中の態度は評価対象です。

神奈川県教員採用試験 模擬授業のコツ

  • 面接と同じで第1印象が重要
  • つかみを大切にしよう
  • 板書も評価をあげるポイント
  • 児童、生徒を意識した授業

面接と同じで第1印象が重要

授業がうまい、ヘタといった技術面はあまり評価に影響しません。

理由は試験官が評価するポイントが授業や児童、生徒に対する姿勢だからです

授業がうまくても表情が暗かったり、声が聞き取りにくいと授業を受けたいと思うでしょうか?

多少、授業が下手でも明るく元気がいい先生の授業を子供たちは受けたいと思いますよね。

授業の技術があまり重要視されない以上、良い印象を残すことが評価をあげるポイントになります。

つかみを大切にしよう

面接官に強烈な印象を残すには導入部分(つかみ)で興味を持たせることができるか。

何事もそうですが初めに発する内容で面白い授業、つまらない授業が決まります。

途中がぐだぐだでもつかみさえしっかりしておけば案外なんとかなります。

板書も評価をあげるポイント

きれいな板書をかけることはポイントが高いです。

字のきれいさ以外にも大きさや見やすさを意識した板書を心がけましょう。

ただ板書に集中するあまり発言が少なくなったり、生徒(面接官)に背を向けたまま授業をやることはよくありません。

字を書くことと話すことのバランスを意識した授業をおこないましょう。

児童、生徒を意識した授業

児童、生徒あっての授業です。教師の一方的な授業ほどつまらないものはありません

模擬授業では面接官役は反応してくれませんが、しっかりやりとりを演じることが大切です。

模擬授業はある意味自分に都合がいいように児童、生徒の反応を操ることができるので活用しましょう。

全員の模擬授業が終わったら集団協議がはじまります。

SPONSERD LINK

神奈川県教員採用試験 集団討議の傾向

  • 時間:35分
  • 人数:8~10人
  • 試験官:3人

集団協議は模擬授業のあとに同じメンバーでおこなわれます。

模擬授業が終わると一人ずつ1分間で模擬授業の反省を述べます。その後、協議するテーマが発表され協議をおこないます。

集団協議の注意点

  • 発言しないのはNG
  • 輪を乱す行為はNG
  • 態度に注意

討論に参加しないと評価されません。

教員を目指す人にあるまじき行為ですが、討論中に何も発言しない受験者は一定数います。

原因を考えるとキリがありませんが、主に

  • 緊張して発言できない
  • コミュニケーション能力不足
  • 意見がない

と、いったところでしょうか。

集団協議は名前の通り「集団」で評価されるので発言しない受験者がグループにいた場合、「〇〇さんは、どう思いますか?」のように呼びかけ放置しないようにしましょう。

空気を読めないと評価が下がります

  • 自分の意見を押し通す
  • 他人の意見を否定する
  • 喧嘩する

自分の意見が1番正しいと思って、他人を否定する受験者が一定数います。

討論がヒートアップして喧嘩に発展するグループもあるそうですよ。その時点でグループ全員不合格ですね。

発言以外も試験では評価対象です。

自分の意見を発言するだけが試験ではありません。

他の受験者が発言しているときにしっかり話を聞く力も必要です。

また腕や足を組んだり、背もたれにもたれかかって話をすることは避けましょう。態度が悪いと試験官の印象も悪くなるからです。

関連記事 教員採用試験 集団討論で不合格になる人の共通点とは

神奈川県教員採用試験 模擬授業、集団討議のテーマ

2018年(平成31年度)
2017年(平成30年度)

模擬授業、集団討議 2018年のテーマ

小学校 習得した知識や技能を活用して児童が主体的に課題解決を図るよう工夫された授業
中学校 取得した知識や技能を活用して生徒が主体的に課題解決を図るよう工夫された授業
高等学校 知識の習得のみに終わらず生徒が自ら発見したり解決したりする能力の育成を目指した授業
特別支援学校 学びの連続性をふまえて一人ひとりの発達段階に応じ児童・生徒の主体的な学びや行動する力を引き出す授業
養護教諭 児童・生徒が自分や他人の「いのち」を大切にする豊かな心や健やかな体を育む授業

模擬授業、集団討議 2017年のテーマ

小学校 「わかる授業」の充実のため,児童の「主体的・対話的で深い学び」が実現するよう工夫された授業。
中学校 「わかる授業」の充実のため,生徒の「主体的・対話的で深い学び」が実現するよう工夫された授業。
高等学校 「確かな学力」の向上をめざし,生徒の「主体的・対話的で深い学び」が実現するよう工夫された授業。
特別支援学校 一人ひとりの発達の段階に応じたねらいを明確にし,系統的・発展的な指導計画に基づいた主体的活動を促す授業。
養護教諭 児童・生徒の発達段階に応じた,「いのち」を大切にする豊かな心や健やかな体を育む授業。

協議する内容も論文試験と同じ新学習指導要領の内容を踏まえたものです。

終わりに

集団討議の配点は300点満点中の60点あります。

基準点は24点でして、これを下回ると不合格です。

2次試験は個人面接もあります。傾向や質問内容を「神奈川県教員採用試験 個人面接が一番重要!傾向を教えます。」でまとめています。参考にしてください。

ABOUT ME
アバター
福永 真
42歳 関東圏在住/大卒→中学・高校教員(社会科)→教育出版業を経て教職コンサルタントとして躍進中。教育問題の課題、解決に向けたセミナーを開催・企画しています。