教員採用試験

学校の先生になるために知っておくべき2つのこと。

公立学校の先生になるためには

 学校の先生になる方法が知りたい。

 県立学校の先生になるためには?

そう思っている方、多いのではないでしょうか。

高校生・大学生を対象とした「就職したい職業ランキング」によると「教師」は人気のある職業のひとつとして長年、上位に入っています。

しかし、昨今の教師を取り巻く環境は決していいものではありませんよね。

「いじめ」や「不登校」、「モンスターペアレンツ」「部活動」など教師の仕事は増える一方です。

それでも、人気がある理由は「子どもが好き」「やりがいがある仕事」「教えることが楽しい」などではないでしょうか。

本記事では「学校の教員になる方法」について書いていきます。教員を目指す人必見の内容です。

教員免許を取得する

学校の先生になるために

学校の先生になるためには「教員免許」を取得することが必要です。免許がないと原則、学校の先生として働くことはできません。

「教員免許」は全国の大学で教職課程を履修して、単位をとることで発行されます。

「教員免許」は小学校、中学校(教科)、高等学校(教科)、特別支援学校、養護教諭など多くの種類があります。

免許の種類や教科は大学によって異なるため、大学を選択する場合は「自分の進学する大学で取れる免許の種類」を確認しておくようにしましょう。

正規教員?非正規教員?

学校には「正規教員」と「非正規教員(講師)」の先生がいることは知っていますか?

関連記事 教員採用試験に不合格 常勤講師や非常勤講師はするべき?

正規教員は試験に合格した教員で、問題を起こさなければ定年まで働くことができ、安定した給料を得ることができます。

非正規教員(講師)は教員免許を持っていればなることができます。雇用期間は「年単位」などの期間があり、必ず雇用される保証がありません。

長く教員を続けていくならば正規教員として働いた方が安定もやりがいもあります。

では、正規教員になるためにはどうすればいいのか。答えは、毎年夏に実施される「教員採用試験」に合格することです。

私立学校の先生になるためには「私立教員のなり方|私学教員適性検査の内容とは」を参考にしてください。

SPONSERD LINK

教員採用試験

教員採用試験とは

教員採用試験は各都道府県・政令市ごとに実施されているため、自分が働きたい都道府県・政令市を受験する必要があります。

現在の教員採用試験は年々、倍率が低くなっているので、数年前と比べると合格しやすくなっています。しかし、教科によっては倍率が10倍を軽く超えることもあるため、試験対策は必要ですね。

教員採用試験の流れは「2019年版 教員採用試験 入門編|試験の流れ(日程、内容)を知る」で詳しく書いています。

都道府県・政令市によって試験内容は異なるため、自分の受験する試験内容を知っておきましょう。

教員採用試験に不合格の場合は?

教員採用試験 不合格

もし教員採用試験に不合格となってしまっても非正規教員(常勤・非常勤)として勤務することが可能です。

非常勤講師は自分の担当する授業分だけを受け持ちます。給料も授業分しかでません。

常勤講師は正規教員と同等に扱われます。

もちろん、担任をすることも、部活の顧問になることもあります。給料も正規教員と同じく支給され、賞与ももらえます。しかし、雇用期間があります。

教員採用試験に不合格
教員採用試験に不合格 常勤講師や非常勤講師はするべき? 2018年の教員採用試験も結果が出そろいはじめ終わりを迎えています。 合格した人は4月からの勤務に向けて、不合格だ...

学校の先生になるために まとめ

教員免許さえ取得していれば、何かしらの形で教壇にたつことは可能です。

しかし、講師をだらだらとやり続けていれば、いずれ正規教員になれることはありません。

合格するためには、準備と努力が必要です。そのことを意識して対策をするようにしましょう。

ABOUT ME
福永 真
大学卒業後、9年間中学・高校の社会科教諭として勤務。家庭の事情で退職後、某出版社へ就職。教員採用試験の担当を7年経験して41歳で独立。現在、大学や短大で今までの経験を活かし、教職アドバイザーとして活動中。高校受験の家庭教師もやっています。