都道府県別試験情報

京都府 教員採用試験 筆記試験の傾向×難易度×過去問他

京都府 教員採用試験 教養試験傾向、過去問、合格点

 京都府の筆記試験って何がでるの?

 京都府の筆記試験の傾向は?

 京都府の問題ってどんな問題なの?

このような情報を求めている方、多いのではないでしょうか。

本記事では「京都府の教員」を目指している人に向けて、筆記試験の『傾向』や『過去問』『難易度』などについて書いていきます。

教員採用試験は都道府県によって出題傾向が違います。そのため試験勉強を始める前に、出題形式や傾向、難易度を確認することが重要です。

確認できたら「面接試験の情報記事」や「論作文の情報記事」で他の試験内容を確認していきましょう。

あわせて読みたい
京都府 教員採用試験 論作文 傾向 過去問
京都府 教員採用試験 論作文試験の傾向×評価基準×過去問他  京都府のの論文試験って何がでるの?  京都府の論文試験の傾向は?  京都府の論文のテーマは? このような...
あわせて読みたい
京都府教員採用試験 試験内容、倍率、合格点
京都府 教員採用試験 試験日程×倍率×試験内容他  京都府の教員採用試験っていつあるの?  京都府の教員採用試験ってどんな試験内容があるの?  京都府の教員採用試験っ...
あわせて読みたい
京都府 教員採用試験 個人面接 傾向
京都府 教員採用試験 個人面接|集団面接の傾向×質問内容他 京都府の人物試験って何があるの? 京都府の集団討論の傾向やテーマは? 京都府の個人面接ってどんな質問がされるの...

京都府 教員採用試験 筆記試験(教養試験)の傾向

例年、大問20題、解答個数20個。全問マークシート方式で5つの選択肢から選ぶ出題形式です。主な出題方法は以下のとおり。

「適当(不適当)なもの」

「正しい組合せ」

「空欄補充(語句)」

「空欄補充(組合せ)」

配点は1問5点×20問=100点満点。試験時間は40分。

京都府 教員採用試験 教養試験(教職教養)の出題内容

2018年 2017年
教育原理 4 3
教育法規 2 2
教育心理 1 1
教育史
地域問題 1

科目別でみると平成30年(2018年)実施試験は、教育原理、教育法規、教育心理から出題がありました。教育史の出題は5年間ありません。

分野別でみると教育原理は全13分野のうち「学習指導要領」「特別支援教育」の2分野からの出題が多いです。教育時事的な要素を含みますが、教育原理のテキストで対策しておけば点数を取ることができます。

その他「人権教育」「生徒指導」分野もあわせて確認しておきましょう。

教育法規は全9分野のうち「教職員に関する法規」「児童生徒に関する法規」からの出題が多いです。全国的に頻出の「日本国憲法」「学校教育法」の出題はほとんどありません。

教育心理は総合的な出題があります。「レスポンデント条件付け」といえば「パブロフ」、「スキナー」といえば「オペラント条件付け」のように『説と提唱者』をセットで覚えましょう。

出題が続いていた京都府に関する出題はありませんでした。(平成30年実施)

京都府 教員採用試験 教養試験(一般教養)の出題内容

国語 2 2
英語 1 2
音楽 1
美術
保健体育 1
日本史 1
世界史
地理 1 1
政治 2 2
経済
法律 1
数学 2 2
理科総合 1 1
一般常識 1
地域問題 1 1

科目別でみると、平成30年(2018年)実施試験は国語、英語、数学、日本史、地理、政治、法律、理科、一般常識から出題がありました。また、京都に関する地域問題の出題も例年通りあります。

分野別でみると人文科学は国語、英語の出題が毎年あります。とくに国語は「ことば」「文学」の出題率が高く、対策すれば点数をとれる科目です。平成29年(2017年)実施試験では音楽や保健体育の出題がありました。

社会科学は科目ごとの範囲が広く対策がしにくい科目が多いです。なかでも政治と地理の出題が増加傾向にあるため優先して対策をしましょう。

自然科学は数学と理科総合の組合せで出題されています。理科総合は設問がそれぞれ「物理」「化学」「生物」「地学」となっているのが特徴で、それぞれの設問が正しいかどうかの組合せ問題です。

教職教養の約2倍出題数があります。点数を上げるためには一般教養の攻略が不可欠です。

あわせて読みたい
教員採用試験 勉強方法(自然科学編)|傾向と参考書他 教員採用試験の一般教養ってどんな科目があるの? 教員採用試験の一般教養 自然科学の傾向は? 教員採用試験の一般...
あわせて読みたい
教員採用試験 一般教養
教員採用試験 一般教養の勉強方法(社会科学編)|傾向と参考書他 教員採用試験の一般教養ってどんな科目があるの? 教員採用試験の一般教養 社会科学の傾向は? 教員採用試験の一般...
あわせて読みたい
教員採用試験 一般教養の勉強方法
教員採用試験 一般教養の勉強方法(人文科学編)|過去問や参考書他 教員採用試験の一般教養ってどんな科目があるの? 教員採用試験の一般教養 人文科学の傾向は? 教員採用試験の一般...

京都府 教員採用試験 過去問

次の①~⑤は、小学校では平成30年度から、中学校では平成31年度から全面的に実施される「特別の教科 道徳(以下「道徳科」)」について述べたものである。内容が誤っている組合せはどれか、下のア~オから1つ選びなさい。

① 教科化され道徳科となることにより、主たる教材として教科用図書を使用しなければならない。

② 道徳科が目指すものは、学校の教育活動全体を通じて行う道徳教育の目標と同様により生きるための基盤となる道徳性を養うことである。

③ 道徳科は、主として学級担任が計画的に進めるものであるが、全てを学級担任任せにするのではなく、学校としての方針の下に道徳教育推進教師が中心となって全教職員が協力しながら進めることが大切である。

④ 各学校に教科用図書が配付されることになるため、学校が独自に年間指導計画を工夫して作成する必要はなくなる。

⑤ 道徳的価値の理解は、道徳的価値自体を観念的に理解することが大切である。

ア.①と②
イ.①と③
ウ.②と⑤
エ.③と④
オ.④と⑤

日本人で初めてノーベル賞を受賞した湯川秀樹博士は、京都府立京都第一中学校(現在の京都府立洛北高等学校の前身)の出身であった。同じく京都第一中学校の出身で日本人として2人目のノーベル賞受賞者は誰か。次のア~オから1つ選びなさい。

ア.江崎 玲於奈
イ.利根川 進
ウ.白川 英樹
エ.川端 康成
オ.朝永 振一郎

京都府 教員採用試験 難易度

一般教養の出題が教職教養より多く、出題バランスがよいため対策はしにくいと思います。

また、出題形式も正誤の組合せが多く、正確な知識を要求される傾向にあります。

出題されている問題も難問が数問あり【難関・やや難・標準・やや易・易】であらわすと「難関~やや難」です。

あわせて読みたい
京都府 教員採用試験 論作文 傾向 過去問
京都府 教員採用試験 論作文試験の傾向×評価基準×過去問他  京都府のの論文試験って何がでるの?  京都府の論文試験の傾向は?  京都府の論文のテーマは? このような...
ABOUT ME
3年C組かえる先生
3年C組かえる先生
大学受験予備校及び資格学校予備校で学生や社会人を相手に指導している、元中学・高校教師。 『大学受験ブログ』『予備校講師の魅力ブログ』『公務員ブログ』を運営、多くの若者たちの夢を叶えるために教示。
あわせて確認したい記事