使わなくなった参考書買取キャンペーン

京都府教員採用 小論文の勉強法|添削を受けまくる必要性

悩む人

小論文があるけど苦手・・・傾向を教えて欲しいです

と、いった悩みを解決します。

どうも、福永です。

この記事は「京都府教員採用試験 小論文」に関する情報をまとめています。

小論文試験は教職教養の知識について問われる傾向があります。

とくに文部科学省の資料などについても知識がないと高評価をとることが難しくなっています。

教職教養の知識を勉強するのと同時に小論文の書き方についても勉強できるといいですね。

まずは本記事を参考にして小論文の傾向を理解しましょう。

京都府教員採用 小論文の傾向

小論文は1次試験に実施されます。

A~Cの3段階評価で採点され、B評価以上が合格対象となります。つまりC評価をとってしまうとその時点で不合格ということです。

京都府教員採用 小論文の試験時間

試験時間 40分

京都府教員採用 小論文の文字数

文字数 無制限

京都府教員採用 小論文の勉強法

小論文の勉強法に対する僕の意見はこうです。

はやめに添削者を探すようにしましょう。

後からだと他の受験者も同様に探すので満足いくまで指導を受けれない可能性があります。

小論文でおすすめの予備校

先日、こういったツイートをしました。

これに関していえば、おすすめできる予備校は<資格の学校TAC「教採対策講座」>です。

資格の学校TAC「教採対策講座」

理由は、

  • 添削指導が無制限に受けられる
  • 低価格
  • 講師の質

の3点。

実際10万円ほどで論作文の添削指導に加えて面接対策も無制限でやってくれるので面接試験重視の現状では1択ですね。

京都府教員採用 小論文の出題例(過去問)

2016年(平成29年度)以降の情報をまとめています。

2019年(令和2年度)

教員に必要な力として5つの力が挙げられるが,その最初に書かれている“気づく力”があります。その気づく力の必要性は何か。また,身に付けるためにどのような実践をしますか。具体的に答えてください。

2018年(平成31年度)

主体的で対話的な深い学び」をあなたならどのように教育活動に取り入れるか。具体的に述べよ。

2017年(平成30年度)

いじめ問題は,現在の学校教育において,解決すべき大きな課題の一つに位置づけられており,京都府では,国の「いじめ防止対策推進法」の制定を受け,「京都府いじめ防止基本方針」を策定し,いじめの早期発見及びいじめへの対処のための対策を総合的かつ効果的に推進する取組を進めているところです。その一方で,依然して,全国でいじめに起因するさまざまな事象が社会問題となっている現状があります。このような状況を踏まえ,いじめ問題について,あなた自身の考えを述べなさい。また,いじめ問題の解決のために学校としてどのような取組を行うことが重要だと思いますか。具体的に述べなさい。

2016年(平成29年度)

京都府教育委員会では,「京都府教育振興プラン」の見直しを行い,本年4月に「平成28年度改定版」をスタートさせました。その中で,「グローバル化に対応できる人材の育成」を主要な施策の方向性の一つとして掲げていますが,「グローバル化に対応できる人材」とはどのような人材であると思いますか,あなたの考えを述べなさい。また,そのような人材を育成するためには,学校としてどのような取組を行うことが重要だと思いますか,具体的に述べなさい