三重県

三重県 教員採用試験 教養試験の傾向×難易度×過去問他

教員採用試験の三重県

 三重県の筆記試験って何がでるの?

 三重県の筆記試験の傾向は?

 三重県の問題ってどんな問題なの?

このような情報を求めている方、多いのではないでしょうか。

本記事では「三重県の教員」を目指している人に向けて、筆記試験の『傾向』や『過去問』『難易度』などについて書いていきます。

教員採用試験は都道府県によって出題傾向が違います。そのため試験勉強を始める前に、出題形式や傾向、難易度を確認することが重要です。

確認できたら「面接試験の情報記事」や「論述の情報記事」で他の試験内容を確認していきましょう。

あわせて読みたい
三重県の教員採用試験
三重県 教員採用試験 個人面接×集団面接×論述 傾向と質問内容他 三重県の人物試験って何があるの? 三重県の集団討論の傾向やテーマは? 三重県の個人面接ってどんな質問がされるの...

三重県 教員採用試験 筆記試験の特徴

三重県の筆記試験は『教養試験』と『専門教養』が実施されます。

教養試験は「教職教養」と「一般教養」から出題があります。科目数が多いので、計画を立てて勉強する必要があります。

それぞれの配点は、

教養試験 専門教養
小学校 50点 100点
中学校 50点 150点
高等学校 50点 150点
特別支援 50点 100点
養護教諭 50点 100点
栄養教諭 50点 100点

と、なっています。

三重県 教員採用試験 教養試験の傾向

2018年実施試験では、傾向が変わり大問18題、解答個数31個。全問マークシート方式で「正しい組合せ」や「空欄に当てはまる語句」を6~9の選択肢から選択して解答する出題形式です。

配点は全校種50点、試験時間は40分。

三重県 教員採用試験 教養試験(教職教養)の出題内容

教職教養は大問9題、解答個数18個の出題がありました。

過去3年間の科目別出題数は、

科目 2018実施 2017実施 2016実施
教育原理 7 4
教育法規 5 2 1
教育心理 1 1
教育史 3 1
教育時事 3 3
ローカル 2 6 2
合計 18 12 11

と、なっています。

2018年は教育原理や教育史の出題数が増えていることがわかりますね。

分野別でみると、教育原理は『学習指導要領』と『生徒指導』が頻出。また「特別支援教育」も文部科学省の通知や中央教育審議会の答申として出題されることがあります。

教育法規は『教育基本法』が頻出。「人権・同和教育」に関連する法律もよく出題されています。あわせて確認しましょう。

教育心理は『発達』『学習』教育史は『西洋教育史』について出題があります。多くが提唱者と提唱説の組合せ問題です。問題演習を繰り返して一気に覚えましょう。

ローカル問題も毎年出題があります。2017年実施試験では教職教養の50%を占めていますね。出題率が高い問題は、

・『三重県人権教育基本方針』

・『三重県いじめ防止基本方針』

・『三重県教育ビジョン』

です。

面接試験でも内容を聞かれています。必ず確認しましょう。

三重県 教員採用試験 教養試験(一般教養)の出題内容

一般教養は、大問9題、解答個数13個の出題がありました。

過去3年間の科目別出題数は、

科目 2018実施 2017実施 2016実施
国語 2 1 1
英語 2 2 2
倫理 2
日本史 1 1 1
世界史 1
地理 2 2
政治 2
経済 1
数学 4 2 2
化学 1 1
生物 1
地学 1
合計 13 13 9

と、なっています。

国語、英語、数学は必ず出題があるため対策は必須です。

社会は日本史が頻出。2018年実施試験では、あまり出題がみられない「世界史」と「経済」から出題があり、解けない受験者が多かったと思います。

理科は毎年出題傾向が変わるため、対策がしにくいです。2018年実施試験では「化学」と「生物」が出題されていましたが、2017年「地学」、2016年「化学」、2015年「生物」、2014年「物理」「地学」と、なっています。

三重県 教員採用試験 過去問

次の表のa~cの著書の著者(1)~(3)を、語群①~⑥の中からそれぞれ一つ選びなさい。

著書 著者
a 『教育の過程』 (1)
b 『隠者の夕暮』 (2)
c 『大学授学』 (3)

【語群】
①ブルーナー
②デューイ
③ペスタロッチ
④ロック
⑤コメニウス
⑥ヘルバルト

次の江戸時代の出来事を起こった順に並べた時、3番目の出来事となるものを①~⑤の中から選びなさい。

①禁門の編
②大政奉還
③桜田門外の変
④生麦事件
⑤薩長同盟

あわせて読みたい
教員採用試験 おすすめの参考書
【2019年受験】教員採用試験おすすめの参考書と使い方  教員採用試験のおすすめの参考書は?  どの参考書がいいかわからない  参考書の使い方(勉強法)は? この...

三重県 教員採用試験 難易度

三重県の平均倍率は6倍前後と、全国平均4.8倍に比べると高いことがわかります。とくに中学保健体育、音楽、高校地歴・公民、保健体育は15倍を超えることも。

また、教養試験の傾向がよく変わることもあり対策が難しいです。傾向が変わっても必ず出題があるローカル問題や教育原理を中心に専門教養に比重を置いた対策をするようにしましょう。

ABOUT ME
3年C組かえる先生
3年C組かえる先生
゛教員になりたい”人を応援する教員コンサルタント。15年間の教員経験を活かし、過去8年で指導した教員志望者の数は2,000名以上。情報分析と面接指導が得意。指導することが好きで、教員採用試験対策以外に大学受験、高校受験予備校で教示。関東地区を中心に活動中。