三重県教員採用試験

三重県教員採用試験 教養試験の勉強法|ローカル問題と教育時事の攻略が鍵!

三重県教員採用試験 教養試験のまとめ
三重県民
三重県民
三重県の筆記試験の特徴はある?とくに教養試験について傾向とか教えてほしいな。

と、いった悩みを解消します。

どうも、福永です。

この記事は「三重県教員採用試験 教養試験」に関する情報を書いています。

下記ツイートをしました。

三重県は試験科目が多いので、傾向を把握することが大切です。

早速、確認して勉強できる準備をはじめましょう。

三重県教員採用試験のまとめ
三重県教員採用試験 日程を確認して合格に向けた準備を!【情報まとめ】三重県で教員になる方法をまとめました。3分で試験について理解できますよ。日程や内容、倍率を知りたい人必見です。...

三重県教員採用試験 筆記試験の特徴

三重県の筆記試験は『教養試験』と『専門教養』が実施されます。

勉強は専門教養を優先的に勉強しましょう。

理由は配点が教養試験より専門教養のほうが高いからです。

例えば高等学校の教養試験は50点ですが、専門教養は3倍の150点あります。

教養試験で点数を取るより専門教養で点数を取らないと合計点はあがりませんよね。

ですので、専門教養を優先的に勉強しましょう。

校種ごとの配点は次のとおり。

校種 教養試験 専門教養
小学校 50点 100点
中学校 50点 150点
高等学校 50点 150点
特別支援 50点 100点
養護教諭 50点 100点
栄養教諭 50点 100点

教養試験は配点が低いわりに出題科目数が多く対策に時間がかかります。

出題傾向を知って勉強すれば負担を減らすことができるので、傾向を見ていきましょう。

SPONSERD LINK

三重県教員採用試験 教養試験の傾向

実施 1次試験
試験時間 40分
問題数 18問~20問
形式 マークシート

教養試験は1次試験に実施されます。

試験時間は40分で、問題数は年によって若干の変化はありますが18問程度となっています。

教養試験は「教職教養」と「一般教養」で構成されており、出題科目数が多いです。

  • 教職教養・・・教育原理や教育法規といった教員として仕事をするうえで必要な知識。
  • 一般教養・・・中学、高校で勉強してきた国語や数学の知識。

出題方法は全問マークシートで「正しい組合せ」や「空欄に当てはまる語句」を6~9の選択肢から選択して解答します。

三重県教員採用試験 教養試験の科目

教養試験の出題科目は15科目以上あります。

先ほども書きましたが教養試験は点数の割に出題科目数が多い特徴があるんです。

実際に出題されている科目は次のとおり。

教職教養 一般教養
人文科学 社会科学 自然科学
教育原理 国語 日本史 数学
教育法規 英語 世界史 物理
教育心理 倫理 地理 化学
教育史 政治 生物
ローカル 経済 地学
ローカルって何?

ローカル問題とは三重県教育委員会が出している教育に関する出題のことです。

三重県教育ビジョンなどが出題されています。(下記に記述しています)

三重県教員採用試験 教養試験の勉強法

勉強をはじめる前に過去問分析をしましょう!

過去問分析をすることで「出題数」や「よく出ている科目」を絞ることができるからです。

例えば教養試験の解答数は31問ですが、教育原理の解答数は7問で20%以上を占めています。

逆に教育心理は1問しか出題がありません。※2019年は出題がありませんでした。

教育心理に時間をかけて勉強するより教育原理を優先して勉強しなければいけませんよね。

過去問分析をすることで優先順位をつけて計画を立てることができます。

科目数が多いからこそ無駄のない勉強をしましょう。

三重県教員採用試験 教養試験の出題内訳

科目 2019 2018 2017
教育原理 2 1 2
教育法規 1 2
教育心理 0 1 1
教育史 1 1
教育時事 3 2 2
ローカル 4 2 3
国語 1 1 1
英語 1 1 2
数学 2 2 2
日本史 1 1 1
地理 1 1 2
政治 1
経済 1 1
倫理 1
化学 1 1
生物 1
一般常識 1

三重県教員採用試験 ローカル(地域)問題と教育時事

教育原理や教育法規などと違ってローカル(地域)問題や教育時事はこれといった対策方法がありません

しかし、出題数がそこそこあるので落とすわけにもいきません。

そんなときにも過去問をしっかり分析すれば、傾向をつかむことができます

例えば、下記のデータをみると、「三重県の人権」に関する資料から多く出題されていることがわかります。

数ある資料ですが、人権教育についてみておけば対策はできそうですね。

こういったデータが必要な人は「三重県教員採用試験 ローカル問題と教育時事の勉強法」をご覧ください。

三重県教員採用試験 教養試験の過去問

三重県教員採用試験 教養試験の過去問(教育史)

次の表のa~cの著書の著者(1)~(3)を、語群①~⑥の中からそれぞれ一つ選びなさい。

著書 著者
a 『教育の過程』 (1)
b 『隠者の夕暮』 (2)
c 『大学授学』 (3)

【語群】
①ブルーナー
②デューイ
③ペスタロッチ
④ロック
⑤コメニウス
⑥ヘルバルト

三重県教員採用試験 教養試験の過去問(日本史)

次の江戸時代の出来事を起こった順に並べた時、3番目の出来事となるものを①~⑤の中から選びなさい。

①禁門の編
②大政奉還
③桜田門外の変
④生麦事件
⑤薩長同盟

三重県教員採用試験 教養試験の過去問(ローカル)

次の文章は「三重県手話言語条例」の「第一章 総則」の一部である。( a )~( c )にあてはまる語句の組み合わせとして正しいものを①~⑥の中から一つ選びなさい。

第一条 この条例は手話が( a )であるとの認識に基づき、手話等に関する基本理念を定め、県の責務並びに県民及び事業者の役割を明らかにするとともに、手話に関する施策の基本となる事項を定め、手話に関する施策を総合的かつ計画的に推進することにより、聴覚障がいの有無にかかわらず県民が相互に( b )を尊重し安全にかつ安心して暮らすことのできる( c )の実現を図るとともに、ろう者がその意欲と能力に応じて活躍することのできる社会の実現に寄与することを目的とする。

三重県教員採用試験 教養試験のまとめ

教育時事やローカル問題の出題数が多いので、対策に苦労するかもしれません。

しかし、ある程度の傾向は過去問を分析することで掴むことは可能。

また、専門教養のほうが配点が高いので、教養試験は最低限にとどめておく必要もあります。

三重県教員採用試験 面接のまとめ
三重県教員採用試験 面接試験重視って本当?その理由と傾向を特別公開三重県の教採は一次試験、二次試験ともに面接があります。まずは傾向を把握して質問された内容やテーマ(過去問)をもとにシミュレーションを重ねましょう。...
ABOUT ME
アバター
福永 真
42歳 関東圏在住/大卒→中学・高校教員(社会科)→教育出版業を経て教職コンサルタントとして躍進中。教育問題の課題、解決に向けたセミナーを開催・企画しています。