奈良県

奈良県教員採用試験 受験する人必見!試験情報まとめ

奈良県の教員採用試験

 奈良県の教員採用試験っていつあるの?

 奈良県の教員採用試験ってどんな試験内容があるの?

 奈良県の教員採用試験って倍率は高いの?低いの?

このような情報を求めている方、多いのではないでしょうか。

どうも、福永です。

本記事では奈良県教員採用試験の全体像(試験の流れ、試験内容・日程、特別選考、倍率など)と試験ごとの攻略に必要な傾向記事をまとめています。

教員採用試験は情報をもとに勉強をすることが合格への近道です。

本記事を参考に、奈良県の教員になるための準備をはじめましょう。

奈良県教員採用試験 試験日程と試験内容

奈良県の試験は出願→1次試験→2次試験→最終合格という流れで選考試験が行われていきます。

奈良県教員採用試験 実施要綱の配布と出願日程

例年5月上旬~下旬にかけて実施要綱の配布と出願がスタートします。

大学受験と同じように出願書類を提出しないと受験することはできません。

2018年(平成31年度)試験のの願書受付期間は平成30年5月9日~5月25日でした。この間に出願書類(履歴書や自己PR書)を書いて提出する必要があります。

奈良県教員採用試験 1次試験の日程と試験内容

1次試験は「筆記試験」が平成30年6月30日(土)、「集団面接」が7月14日~16日の間で指定された1日に実施されます。

筆記試験は教養試験と専門教養の2種類。

苦手な受験者が多い教養試験の傾向を「奈良県教員採用試験 教養試験は超難関?傾向と勉強方法」に書いています。

また集団面接の評価も合格するのに必要です。「奈良県教員採用試験 集団面接は時間に注意しよう」で傾向を確認しておきましょう。

奈良県教員採用試験 2次試験の日程と試験内容

2次試験は「実技試験」が平成30年8月11日か12日、「集団討議」が8月13日、「個人面接」が8月15日~19日の指定された1日に実施されました。

みてのように試験の種類が多いですね。

個人面接の攻略法を「奈良県教員採用試験 個人面接の攻略は模擬授業と場面指導」に、

集団討議の攻略法を「奈良県教員採用試験 集団討議はこうやって攻略しろ!」で、それぞれ解説しています。

時間をみつけて読んでおきましょう。

SPONSERD LINK

奈良県教員採用試験 募集教科と採用人数

平成30年実施試験では以下のとおり募集されています。

募集科目 採用人数
小学校 150人
中学国語 16人
中学社会 11人
中学数学 15人
中学理科 11人
中学音楽 7人
中学美術 7人
中学保健体育 12人
中学技術・家庭 7人
中学英語 14人
高校国語 6人
高校地理歴史 3人
高校数学 7人
高校理科 7人
高校音楽 1人
高校美術 1人
高校書道 1人
高校保健体育 4人
高校家庭 1人
高校英語 8人
高校農業 1人
高校工業 1人
高校商業 2人
特別支援学校 35人
養護教諭 10人
栄養教諭 6人

奈良県 教員採用試験 年齢制限

平成30年実施試験では、昭和54年4月2日以降に生まれた人です。

奈良県教員採用試験 特例選考

教員採用試験では様々な経験や職歴がある人を積極的に採用するため特例選考を設けている都道府県が増えています。

一般選考に比べて試験の免除など優遇される場合があります。条件に当てはまれば積極的に受験するようにしましょう。

教職経験者特例選考

公立学校(奈良県以外)の現職教諭又は私立学校の正規教諭で平成30年3月31日現在3年以上の勤務実績を有する人は1次試験の教養試験と集団面接を免除。

社会人経験者特別選考

高等学校の数学、理科、農業、工業、商業を志望する者で研究施設、民間企業、官公庁などで正規社員として3年以上の勤務実績を有する人は、教養試験を個人面接に代えることができる。

奈良県教員採用試験 倍率

2018年(平成31年度)の最終倍率は5.3倍でした。

全国平均よりやや高い傾向でしたね。

科目ごと、試験ごとに倍率を「奈良県教員採用試験 倍率で合格の可能性を判断しよう」で解説しています。読んでおきましょう。

終わりに

奈良県の試験について理解したら試験対策をはじめていきます。

闇雲に勉強しても効果がないだけで時間の無駄になりますよね。

本ブログでは奈良県の攻略記事を書いています。ぜひ、参考にしてくださいね。

 

ABOUT ME
福永 真
大学卒業後、9年間中学・高校の社会科教諭として勤務。家庭の事情で退職後、某出版社へ就職。教員採用試験の担当を7年経験して41歳で独立。現在、大学や短大で今までの経験を活かし、教職アドバイザーとして活動中。高校受験の家庭教師もやっています。