大阪市教員採用試験

大阪市教員採用試験 個人面接がどれだけ重要かわかる記事

大阪市教員採用試験 個人面接の内容をまとめたよ。
大阪市の教員を目指しています。個人面接があるけど、傾向や質問内容が知りたいな・・・。

と、いった悩みを解決します。

どうも、福永です。

この記事は大阪市教員採用試験で実施される「個人面接」の情報をまとめています。

本記事を読むメリット
  • 個人面接の傾向がわかる。
  • 質問された内容を知れる。

大阪市は個人面接の評価がとても重要です。

理由は「大阪市教員採用試験 合格点は何点?平均点を確認しよう」で書いていますが、筆記試験は最低限の点数があれば合格することができています。

つまり合格を決めるのは個人面接ということです。

どうしても筆記試験の対策ばかりする人が多いけど、そえだけでは合格は難しいです。

ぜひ、本記事を参考にして個人面接の傾向をインプットしてくださいね。

大阪市教員採用試験 日程
大阪市教員採用試験 日程を知ることが合格への1歩だ!情報まとめ対策をはじめるまえに試験概要を知ることが大切!考えてください、試験を知らずに効率よく対策できますか?無理ですよね。そんなときに本記事が役にたつはずですよ!...

教員採用試験 面接試験って?

面接試験は、

  • 「なぜ大阪市の教員になりたいのか。」
  • 「なぜ教員になりたいのか。」
  • 「今まで何をやってきたのか。」

と、いった質問に答える試験です。

質疑応答を繰り返して筆記試験だけでは見れない人間性や教員としての資質を確認するわけです。

勉強だけできれば教員ができると思いますか?

できませんよね。

教科指導はできるかもしれませんが、教員の仕事は生徒指導学級経営保護者対応など、勉強以外のことが多い仕事です。

最近はブラック部活動や残業が問題視されるようになり勉強だけできれば合格できる時代ではなくなっています

面接試験を攻略するには傾向を知り、実際に聞かれた質問内容をもとにシミュレーションをこなすことです。

SPONSERD LINK

大阪市教員採用試験 個人面接の傾向

大阪市の個人面接は、

  • 1次試験(筆記試験が基準点以上の人を対象に実施)
  • 2次試験

の、2回実施されます。

面接試験の配点はあわせて450点。全試験のなかで一番高い配点のため対策は必須ですね。

面接試験では事前に提出する「エントリーシート」に記入した内容から主に質問されます。

試験時間は、

  • 1次試験 10分
  • 2次試験 20分

で、それぞれ面接官2人でおこなわれます。

また2次試験では「場面指導」も実施されるので注意が必要です。

場面指導とは、

実際の教育現場で起こっているテーマが出されるので、時間内で実演(指導)する試験です。

個人面接の中で1番評価が分かれるポイントになります。苦手な人は必ず誰かにみてもらいましょうね。一人では対策は無理です。

大阪市教員採用試験 個人面接の質問内容(1次試験)

・大阪市を志望した理由を教えてください。

・教員を志望した理由を教えてください。

・今までの経験で教育に活かせていることはありますか。

・今までの経験で困ったことはありますか。また、それをどうやって乗り越えましたか。

・大学での部活動経験から学んだことを、どうやって教育に活かしますか。

・今まで学んだことを大阪市の教育にどうやって活かしますか。

・社会人経験で得た知識をどうやって教職に活かしますか。

・児童生徒と関わる上で,大切だと思うことは何ですか。

・授業に集中できない子どもに対して,どのように対応しますか。

・年下の先輩、年上の同期など様々いるが大丈夫ですか。

・先輩教員と意見が合わないとき,どのように対応しますか。

・どんな先生になりたいですか。

・今の子どもたちに必要なことは何だと思いますか。

大阪市教員採用試験 個人面接の質問内容(2次試験)

・現在の部活についてどう思うか。

・今までの成功エピソードを教えてください。

・今までの生活の中で一番大変だったことは何ですか。

・大阪市の学力の低下の原因は何だと思いますか。

・大阪市で採用されたらどのように学校を作っていきたいですか。

・教師として必要な資質は何ですか。

・教師の魅力は何ですか。

・あなたが教師として向いている点はどこですか。

・周りの人にどのように思われていますか。

・今までの人生経験の中で,これから教員として活かせることは何ですか。

・ICT教育についてどう思いますか。

・ICT教育をどうやって行いますか。

・特別支援教育についてどう思いますか。

・最後に何か言い残したことはありませんか。

大阪市教員採用試験 面接試験のまとめ

個人面接はひとりでは対策ができません。

大学、予備校、職場の誰かに協力してもらって対策するようにしましょう。

落ちる人に共通しているのは明らかな練習不足です。

本ブログは他にも、

大阪市の試験情報を書いています。ぜひ、ご覧ください。

ABOUT ME
アバター
福永 真
42歳 関東圏在住/大卒→中学・高校教員(社会科)→教育出版業を経て教職コンサルタントとして躍進中。教育問題の課題、解決に向けたセミナーを開催・企画しています。