都道府県別試験情報

静岡県教員採用試験 合格するために必要な情報まとめ

静岡県教員採用試験 試験日程

 静岡県で先生になりたい!いつ試験があるのか、どんな内容なのか知りたいです。

と、いった質問に回答します。

どうも、福永です。

この記事では静岡県教員採用試験の流れ(日程)や試験内容を書いています。

試験日程や内容を知ることは大切です。

試験の種類は多く、試験日程も変動しているからです。

せっかく対策をはじめようと思っても試験内容がわからければ対策できませんよね。

学習計画を立てるときも試験日から逆算して考えるので日程を知ることが大切なのです。

5分くらいで試験の全体像を理解できるのでぜひ、ご覧ください。

静岡県教員採用試験 倍率は浜松市、静岡市より低い?


静岡県教員採用試験 日程

静岡県の教員採用試験は7月~8月にかけて実施されています。

試験の流れは次のとおり。

  • 出願
  • 1次試験
  • 2次試験
  • 最終合格

まずは試験日程を確認して、合格までのスケジュールを組みましょう。

静岡県教員採用試験 出願日程

例年、4月上旬~5月上旬が受付期間です。

2019年(平成32年度)の受付期間は4月8日~5月8日。

申込み方法はインターネットです。文字の入力間違いに注意しましょう。

静岡県教員採用試験 1次試験の日程

1次試験は例年、7月上旬に実施されます。

2019年(平成32年度)の試験は7月6日、7日の2日間おこなわれます。

同じ日に関西地区の試験があるので併願はできません。

※例年、関東地区と同じ日でしたが動いています。

合格発表は8月1日を予定。

【2019年版】教員採用試験 日程一覧まとめ

静岡県教員採用試験 2次試験の日程

2次試験は例年、8月中下旬に実施されています。

2019年(平成32年度)は8月19日~21日の指定された日です。

すべての試験が終わり最終合格発表は10月1日。

SPONSERD LINK

静岡県教員採用試験 内容

教員採用試験に合格するには「筆記試験」と「面接試験」をクリアする必要があります。

両方の試験で点数がとれないと合格はできません。

静岡県で実施される試験は次のとおり。

  • 教養試験
  • 専門教養
  • 個人面接
  • 実技試験(科目による)
  • 個人面接
  • 集団面接
  • 論作文

静岡県教員採用試験 教養試験

教養試験は1次試験で実施されます。

教職教養と一般教養で構成されており、出題科目数が多い特徴があります。

試験対策で1番時間がかかる試験なので早めの対策をしましょう。

浜松市・静岡市も同じ問題を使っています。

傾向を「静岡県教員採用試験 教養試験は傾向をつかむことが大切」で書いているので参考にしてください。

静岡県教員採用試験 専門教養

専門教養は1次試験で実施されます。

教員となって指導する科目の知識に関する問題で、平均点が高い傾向があります。

自分の専門ですからね、点数がとれて当然だと思いましょう。

教員採用試験 個人面接

個人面接は1次試験と2次試験に実施されます。

  • 「なぜ教員を目指したのか」
  • 「教員としてどんな指導をしたいのか」
  • 「自分が教員に向いている理由は何か」

と、いった質問に答える試験です。

試験の中で1番重要なので対策は必須。

個人面接の傾向を「静岡県教員採用試験 個人面接は人間性と専門性が大切」で書いています。

静岡県教員採用試験 集団面接

集団面接は2次試験に実施されます。

内容は面接と討論。

1人では対策が難しいので練習できる環境を作る必要があります。

集団面接の傾向は「静岡県教員採用試験 集団面接(集団討論)の傾向」を参照。

静岡県教員採用試験 論作文

論作文は2次試験に実施されます。

テーマについて自分の経験や教育観、教員としてやりたいことなどを盛り込んで書く試験です。

文章構成も大切ですが、今までの経験をもとに書くことがポイント。

静岡県教員採用試験 倍率

2018年(平成31年度)の最終倍率は3.8倍でした。

全国倍率は4倍なので、平均よりやや低めという結果です。

科目ごと、試験ごとの詳細を「静岡県教員採用試験 倍率は浜松市、静岡市より低い?」を読んでください。

静岡県教員採用試験  採用人数

大量募集は終了したといわれていますが、まだまだ採用数は多めです。

平成30年(2018年)実施試験の募集人数は以下のとおりです。

小学校
265人

中学校
全体で165人
(国語、社会、数学、理科、音楽、美術、保健体育、技術、家庭、英語)

高等学校
全体で140人
(国語、地理歴史、公民、数学、理科、保健体育、家庭、農業、工業、商業、英語、芸術、福祉、水産)

養護教諭
23人

静岡県教員採用試験 年齢制限

2019年(平成32年度)は昭和35年4月2日以降に生まれた人が受験できます。

年齢制限を撤廃する自治体は増えています。

教員採用試験 何歳まで受験できる?年齢が高くても合格できるのか?

静岡県教員採用試験 特例選考

教員採用試験では、様々な経験や職歴を持つ人を積極的に採用する流れが強くなりつつあります。

一般選考とは違った「特別選考」を実施することで、優秀な人材の囲い込みを強めています。

特別選考では「筆記試験の免除」や「1次試験の免除」など、一般選考に比べて合格しやすい仕組みを作っています。

2018年(平成31年度)の特別選考は次のとおり。

教職経験者特別選考①

静岡県内の国公立学校で常勤講師として平成29年度に勤務実績があり、直近の5年間で3年間以上の実務経験がある人は1次試験の教養試験を免除。

教職経験者特別選考②

静岡県内の国公立学校で常勤講師として平成30年3月31日までに2年間以上の実績がある人は1次試験の教養試験を作文試験に変更することができる。

社会人経験者特別選考

(高等学校 工業区分のみ)

大学院を卒業した人、もしくは民間企業において工業関係の業務に従事し、平成30年3月31日までに3年間以上の勤務実績がある人は1次試験の教養試験を作文試験に変更することができる。

講師経験者、社会人経験者は有利?|教員採用試験の特別(特例)選考とは。

静岡県教員採用試験 求める教員像

教員採用試験では、都道府県・政令市ごとに「求める教員像」があります。

「こういう人物を採用したい」という採用者側からのメッセージです。面接試験でも、質問されることが増えているため、内容を理解しましょう。

静岡県が採用したいと思っている人物(教員像)は次の2つです。

1.基礎的素養

教育者として求められる使命感、倫理観、教育に対する誇り、教育的愛情の維持・向上を図る教員。

2.総合的人間力

進撃に学び続ける姿勢を持ち、地域社会との関わりの中で豊かな人間性の向上を図る教員。また、「有徳の人」づくりを担う一人として、常に児童生徒の規範となるように行動する教員。

これらを基盤としてキャリアステージに応じて、実践・省察・改善を繰り返しながら「授業力」「生徒指導力」「教育業務遂行力」「組織運営力」を身につける。

終わりに

静岡県の教員になるためには多くの試験を攻略する必要があります。

本ブログでは静岡県の試験情報を配信しているので、時間をみつけて読んでおきましょう。

まずは対策に時間のかかる教養試験の攻略からはじめましょう。

静岡県教員採用試験 教養試験は傾向をつかむことが大切

ABOUT ME
アバター
福永 真
42歳 関東圏在住/大卒→中学・高校教員(社会科)→教育出版業を経て教職コンサルタントとして躍進中。教育問題の課題、解決に向けたセミナーを開催・企画しています。