教員採用試験

教員採用試験 一般教養【社会科学】ってどんな科目?特徴×参考書×問題(過去問)

教員採用試験 一般教養

教員採用試験の一般教養は科目がたくさんあって対策がしにくいですよね。それぞれ科目の特徴を知って、適切なテキストを選んで勉強することが重要です。

今回の記事では一般教養の社会科学について、科目の特徴や問題(過去問)を例にだして見ていきたいと思います。最後には一般教養のおすすめ参考書や予備校について紹介しています。

<<関連記事 一般教養【人文科学】を攻略>>

<<関連記事 一般教養【自然科学】を攻略>>

教員採用試験 一般教養(社会科学)の特徴

社会科学の出題科目は日本史、世界史、地理、政治、経済の5科目から出題があります。多くの県で、これらの科目から2~3問出題されています。対策を始める前に受験する県の過去問で出題科目の確認をしましょう。

教員採用試験 一般教養(社会科学)のレベル

難しい問題は出題されていません。しかし科目の性質上、範囲が膨大で暗記が中心の科目です。計画的に勉強しないと効率の悪い勉強になってしまいます。

教員採用試験 一般教養 日本史

日本史は社会科学の中では出題が多いです。主な出題分野は「江戸時代」「明治時代」「平安時代」「鎌倉時代」です。最近の傾向として「歴史を通しての出題」が増えています。各時代の象徴的な出来事は覚えておきましょう。

教員採用試験 一般教養 日本史の問題(過去問)

次の各文は,江戸時代の文化や学問について述べたものである。誤っているものはどれか。1~5から選びなさい。
1 .井原西鶴は,当時の町人の生活をいきいきとえがいた小説『好色一代男』を著した。
2 .近松門左衛門は,人形浄瑠璃の脚本である『曽根崎心中』を著した。
3 .杉田玄白は,前野良沢らと西洋医学の解剖書を翻訳した『解体新書』を出版した。
4 .本居宣長は,『古事記』を研究して『古事記伝』を著し,国学を大成した。
5 .葛飾北斎は,錦絵の風景画『東海道五十三次』を残した。
(教員採用試験 滋賀県 過去問より)

①~⑤は,日本が近代国家へ発展していく過程の出来事である。年代の古いものから順に並べ替えたとき,4 番目にくる出来事を①~⑤のうちから一つ選べ。
① 全国水平社が結成される。
② 満25 歳以上のすべての男性が衆議院議員の選挙権をもつ。
③ 官営富岡製糸場での生産が開始される。
④ 官営八幡製鉄所での生産が開始される。
⑤ 関税自主権を完全に回復する。
(教員採用試験 島根県 過去問より)

教員採用試験 一般教養 世界史

世界史はほとんど出題がありません。そこそこ出題がある県は「埼玉県・さいたま市」「神奈川県・横浜市・川崎市・相模原市」「福井県」「京都市」「徳島県」「香川県」だけです。主な出題分野は「中国史」「20世紀~」です。日本史と絡めた出題が多くなっています。

教員採用試験 一般教養 世界史の問題(過去問)

次の出来事を年代の古い順に並べた時,3 番目となるものを選び番号で答えなさい。
⑴ 世界恐慌が起こる。
⑵ ロシア革命が起こる。
⑶ 第二次世界大戦が始まる。
⑷ 国際連盟が発足する。
⑸ アメリカで南北戦争が始まる。
(教員採用試験 福井県 過去問より)

次の各文は,欧米や日本における出来事について述べたものである。古い順に並べたとき4番目になるものはどれか。1 ~ 5 から選びなさい。
1 .独立戦争の司令官であったワシントンが,アメリカの初代大統領に就任した。
2 .ポルトガルのヴァスコ=ダ=ガマが,アフリカの南端をまわってインドに到達した。
3 .ドイツでは鉄血宰相と呼ばれたビスマルクが富国強兵を進め,帝国として統一された。
4 .イギリスでは王権が否定され,クロムウェルの指導によりピューリタン革命が実現した。
5 .イエズス会の宣教師であったフランシスコ=ザビエルが,日本の鹿児島に来航した。
(教員採用試験 滋賀県 過去問より)

教員採用試験 一般教養 地理

地理は社会科学の中で出題が多いです。主な出題分野は「日本の地形・産業・工業」「世界の気候」「地誌」です。

教員採用試験 一般教養 地理の問題(過去問)

次の記述に該当する気候の名称として妥当なものを,下の①~⑤から一つ選びなさい。
夏は乾燥し,冬に雨が多くなる。気候の特色を生かして,夏には乾燥にも強いオリーブやブドウといった果樹栽培が盛んであるほか,冬には雨を生かした小麦栽培が盛んである。
① 熱帯モンスーン気候  ② 温暖湿潤気候  ③ 地中海性気候
④ 西岸海洋性気候    ⑤ ステップ気候
(教員採用試験 福岡市 過去問より)

日本の食料自給率(2014年)において次の中で最も低いものを1つ選び番号で答えなさい。
⑴ 米  ⑵ 牛乳・乳製品  ⑶ 大豆  ⑷ 肉類  ⑸ 果実
(教員採用試験 福井県 過去問より)

教員採用試験 一般教養 政治

政治は社会科学の中で出題が多いです。一般時事と絡めた出題も増えています。主な出題分野は「日本国憲法」「国会、内閣、裁判所」「選挙制度」「国際関係」です。

教員採用試験 一般教養 政治の問題(過去問)

国会についての記述として適切ではないものを,次の①~④のうちから選びなさい。
① 予算は衆議院に先議権がある。
② 衆議院と参議院の議員の任期や定数,被選挙権に違いがある。
③ 衆議院議員の任期は6 年であるが,解散のときは任期満了前に終わる。
④ 衆議院が可決した法律案を参議院が否決した場合,衆議院が出席議員の3分の2以上の賛成で再可決すれば法律となる。
(教員採用試験 神奈川県 過去問より)

次の文は,選挙制度について述べたものである。正しいものはどれか,①~⑤から一つ選んで番号で答えなさい。
① 比例代表制は,候補者が少ない小政党よりも大政党の方が有利である。
② アメリカの両院選挙では比例代表制,ドイツの下院選挙では小選挙区制を採用している。
③ 小選挙区制は,投票したのにその声が反映されない票,つまり死票が多くなるというデメリットがある。
④ わが国の衆議院議員選挙では,小選挙区と比例区での重複立候補は禁止されている。
⑤ わが国の参議院議員選挙では,大選挙区制と中選挙区制の2 本立てで実施されている。
(教員採用試験 京都市 過去問より)

教員採用試験 一般教養 経済

経済は社会科学の中で出題がほとんどありません。出題頻度が高い県は「埼玉県・さいたま市」「神奈川県・横浜市・川崎市・相模原市」「福井県」「神戸市」「徳島県」「香川県」「高知県」「福岡県・北九州市」だけです。
一般時事と絡めた出題も増えています。主な出題分野は「金融政策」「財政政策」「消費者問題」です。

教員採用試験 一般教養 経済の問題(過去問)

次の文は,社会的責任について説明したものである。正しいものはどれか,①~⑤から一つ選んで番号で答えなさい。
社会の了解や合意を得るために業務や研究活動の内容について対外的に説明する責任のこと。行政機関や企業が保持すべき倫理とされる。
① コンプライアンス  ② アカウンタビリティ  ③ コアコンピタンス
④ メセナ       ⑤ フィランソロピー
(教員採用試験 京都市 過去問より)

日本財政に関する次の文のうち,誤っているものを1 つ選び番号で答えなさい。
⑴ バブル崩壊後の不況に対し,政府は国債発行で得た資金を財源として景気対策を行った。
⑵ 政府が一般の道路や消防など公共財を供給するのは難しいため,公共財の供給は企業の役割とされている。
⑶ 人口の高齢化にともない支出増が予想される社会保障関係費をまかなう必要からも,歳出抑制と同時に,歳入を増やすことが財政の健全化の課題である。
⑷ 東日本大震災の復興経費をまかなうため,所得税・法人税などで臨時増税が実施された。さらに,地球温暖化対策税も導入された。
⑸ 地方分権改革の一環として,「三位一体改革」が行われた。これは財源を地方に移すことで,財政面での地方自治を意図したものであった。
(教員採用試験 福井県 過去問より)

教員採用試験 一般教養(社会科学)勉強方法

一問一答形式の問題集を使って覚えていきましょう。一問一答で用語を組み合わせて覚えることができます。

例)本能寺ときたら織田信長、花の御所ときたら足利義満、奇兵隊ときたら高杉晋作、みたいに覚えれます。

こんな感じで、これがきたらこれが答えみたいな用語の組み合わせを覚えることで簡単に問題を解く(選択肢をきる)ことができます。とにかく浅く広くを心がけましょう。

教員採用試験 一般教養(社会科学)オススメのテキスト(参考書)

一般教養は問題数が少ないため十分の知識量が掲載されたテキストがあまりないです。
範囲も膨大のためあまり手を広げすぎずに薄い問題集などで学習がおすすめです。

教員採用試験「過去問」シリーズ

受験する都道府県・政令市の過去問(5年分)が掲載されています。まずは志望する過去問を使って必要な科目・分野の把握をしましょう。

そうすることで、どの科目が重要で、どのくらい勉強すればいいかがわかります。

スピードマスター日本史問題集―日本史B

30日間で一通りの知識を覚えることができるテキストです。一問一答形式で短期間で覚えたい人におすすめです。試験の直前に一気に覚えてしまう作戦にもつかえます。

2019年度版 絶対決める!一般教養 教員採用試験合格問題集
全国の過去問を科目ごとに集約した問題集です。一問一答形式で暗記することに特化した作りになっています。
暗記科目は文章を読んで覚えるより一問一答スタイルが適しているため最後の総仕上げにうってつけのテキストです。

専門教科小学校全科 問題集

あまり知られていませんが、専門小学校の教材は一般教養対策として十分使える参考書です。学習指導要領の部分は無視して知識部分のみ使って勉強することができます。知識量も十分掲載されているためおすすめです。

一般教養の要点理解

直前期に一気に仕上げたいとき、知識の総復習したいときに使える1冊です。膨大な範囲の一般教養をまとめあげたテキストです。

知識量としては完全ではありませんが、これをするだけで拾える1点があることも確かです。同シリーズの一般教養の演習問題と一緒に学習することでより確かな実力がつきます。

一般教養30日完成

ジャンルごとに1日4ページ、書き込んで覚えるタイプの問題集です。出題傾向と重点ポイントを中心にまとめられているので内容のすべてを暗記する際には非常に助かる1冊です。 受験勉強の初期にやっておけば一般教養の全体像がスラスラと頭に入り、追い込み期にやれば総仕上げに役立ちます。要点の整理と問題演習がこれ1冊で可能です。

高校入試5科一問一答式

社会の基礎ができていない人の基礎作りに最適の1冊です。冒頭にも書きましたが、教員採用試験では難問は出題されず基礎的な問題が出題されます。その基礎的な部分をこのテキストで学ぶことができるわけですね。これで基礎の50~60%を掴んで、過去問演習をこなしていくことで100%を目指せますよ。

<<関連記事 一般教養【人文科学】を攻略>>

<<関連記事 一般教養【自然科学】を攻略>>

一般教養 予備校で対策

f:id:dicekds644:20180606212321p:plain f:id:dicekds644:20180606212334p:plain

資格の学校TACは忙しい講師・社会人や大学生向けにDVDやWebで受講できる一般教養対策の講座を実施しています。ひとりで勉強するよりも、教えてもらいながら勉強したほうが知識の定着率がいいです。DVDやWebは繰り返し学習することができる点が良いですね。気になったら資料請求してみましょう。

資格の学校TAC 資料請求

ABOUT ME
3年C組かえる先生
3年C組かえる先生
大学受験予備校及び資格学校予備校で学生や社会人を相手に指導している、元中学・高校教師。 『大学受験ブログ』『予備校講師の魅力ブログ』『公務員ブログ』を運営、多くの若者たちの夢を叶えるために教示。
あわせて確認したい記事