栃木県

栃木県教員採用試験 試験概要~情報まとめ

栃木県教員採用試験 試験情報

 栃木県の教員採用試験っていつあるの?

 栃木県の教員採用試験ってどんな試験内容があるの?

 栃木県の教員採用試験って倍率は高いの?低いの?

と、いった質問に回答します。

どうも、福永です。

本記事の内容は、

  1. 栃木県の求める教員像
  2. 試験日程と内容
  3. 年齢制限
  4. 特別選考の種類
  5. 倍率

と、なっています。

試験勉強をはじめる前に試験の全体像を知ることは大切です。

全体像を知っていれば、どんな試験対策をしないといけないのかわかるからです。

試験のことが分からずに完璧な対策ってできないですよね。

まずは本記事を参考にして、栃木県教員採用試験の全体像を理解しましょう。


栃木県教員採用試験 求める教員像

教員採用試験では、都道府県・政令市ごとに「求める教員像」があります。

「こういう人物を採用したい」という採用者側からのメッセージです。面接試験でも、質問されることが増えているため、内容を理解しましょう。

神奈川県では3つの要素を求める教員像としています。

栃木県では「自身と誇りをもって子どもたちと向き合える教師」を求めています。

  1. 人間性豊かで信頼される教師
  2. 幅広い視野と確かな指導力をもった教師
  3. 教育的愛情と使命感をもった教師
SPONSERD LINK

栃木県教員採用試験 試験日程と内容

栃木県の選考は、

  • 出願
  • 1次試験
  • 2次試験
  • 最終合格

という流れでおこなわれます。

栃木県教員採用試験 出願日程

例年、4月下旬~5月上旬に実施要項の配布と出願の受付がはじまります。

出願願書には氏名、住所、学歴、職歴といった項目や中学~現在までのクラブ活動歴まで記入する必要があります。

空白が多すぎる書類は印象が良くないのできっちりと埋めるようにしましょう。

参考として2018年(平成31年実施)試験の受付期間は4月20日(金)~平成30年5月8日(火)でした。

栃木県教員採用試験 1次試験の日程と内容

1次試験は2週にわたって実施されます。

まず7月1週目に、

  • 教養試験
  • 専門教養

が、実施されます。

教養試験の傾向は「栃木県教員採用試験 教養試験、一般教養の攻略がカギ!」に書いています。

7月2週目に、

  • 実技試験
  • 集団面接

が、実施されます。

集団面接の傾向は「栃木県教員採用試験 集団面接は空気を読むことが大切」に書いています。

すべての試験が終わり合格発表は8月上旬を予定しています。

栃木県教員採用試験 2次試験の日程と内容

2次試験は8月中旬~下旬にかけて実施されています。

試験内容は、

  • 個人面接
  • 作文試験
  • 集団討論
  • 実技試験
  • 適性検査

です。

各試験の傾向や対策方法を記事にしています。時間を見つけて読んでおきましょう。

最終合格発表は10月中旬を予定しています。

栃木県教員採用試験 年齢制限

2018年(平成31年度)実施の年齢制限は昭和49年4月2日以降に生まれた人が受験することができました。

2019年実施の年齢制限は昭和50年4月2日以降に生まれた人が受験することができると思います。必ず実施要項が発表されたら確認しましょう。

栃木県教員採用試験 募集教科と採用人数

教員の大量採用は終了したと、いわれています。しかし2年連続で採用者数は増加傾向にあります。

平成30年(2018年)実施試験の採用予定数は以下のとおりです。

募集区分 採用人数
小学校 370人
中学校 若干名
高等学校 若干名
特別支援学校 35人
養護教諭 25人

中学校(国語、社会、数学、理科、音楽、美術、保健体育、技術、家庭、英語)

高等学校(国語、地理、歴史、公民、数学、物理、化学、生物、音楽、保健体育、家庭、英語、農業、電気、機械、商業、理療)

栃木県教員採用試験 特別選考

教員採用試験では、様々な経験や職歴を持つ人を積極的に採用する流れが強くなりつつあります。

一般選考とは違った「特別選考」を実施することで、優秀な人材の囲い込みを強めています。

特別選考では「筆記試験の免除」や「1次試験の免除」など、一般選考に比べて合格しやすい仕組みを作っています。

栃木県では主に、

  • 教職経験者特別選考
  • 講師経験者特別選考
  • 若手人材を対象とする特別選考

と、いった特別選考をおこなっています。

教職経験者特別選考

現在、正規教員として国公立学校に勤務しており、3年以上の実績がある人は1次試験の全試験を免除。

講師経験者特別選考

平成27年4月1日~平成30年3月31日までの間で1年以上の勤務実績(常勤、非常勤)があり、昨年の試験(2次試験)において不合格ランクAの人は1次試験の全試験を免除。

若手人材を対象とする特別選考

平成元年4月2日以降に生まれた人で、昨年の試験(2次試験)において不合格ランクAの人は1次試験の全試験を免除。

面接試験で「教職の知識」について質問されます。免除=勉強しなくていいわけではない。

栃木県教員採用試験 教員の給料(初任給)

新卒採用時の初任給は以下のとおりです。(平成30年実績)

小中
大学院卒:250,022円
大学卒:225,845円
短大卒:201,337円

高等学校
大学院卒:250,022円
大学卒:225,845円
短大卒:198,332円

特別支援学校
大学院卒:260,710円
大学卒:235,504円
短大卒:206,818円

プラスして扶養手当、住居手当、通勤手当、賞与(ボーナス)が支給されます。

栃木県教員採用試験 倍率

2018年の最終倍率は4.0倍でした。

4年連続で倍率は下がっています。最新の倍率について「栃木県教員採用試験 倍率で合格の可能性を知ろう!」で講評しています。合格の可能性をしるためにもはやめに確認しておきましょう。

終わりに

試験の全体像が理解できたら試験ごとの対策をおこなっていきましょう。

本ブログでは栃木県の試験情報、

をまとめています。ぜひ、参考にしてください。

ABOUT ME
アバター
福永 真
42歳 関東圏在住/大卒→中学・高校教員(社会科)→教育出版業を経て教職コンサルタントとして躍進中。教育問題の課題、解決に向けたセミナーを開催・企画しています。