栃木県教員採用試験

栃木県教員採用試験 作文試験の傾向と過去問

栃木県教員採用試験の作文試験
栃木県民
栃木県民
作文が苦手なんですけど、どうしたらいいですか?

と、いった悩みを解決します。

どうも、福永です。

この記事は栃木県教員採用試験の作文試験に関する情報をまとめています。

作文試験の特徴は「生徒指導」と「教師としてどうするか」について問われます。

生徒指導では教職教養の知識がないと書くことは難しいです。

すべてにおいて具体的に書くことが求められるので色んなテーマで練習をしておきましょう。

まずは本記事を参考にして傾向を理解しましょう。

栃木県教員採用試験のまとめ
栃木県教員採用試験 日程はいつ?教員になるために必要な情報まとめ栃木県の教員を目指すあなたへ。本記事は栃木県の試験概要(試験日程、内容、倍率、特別選考、年齢制限など)をまとめています。これから栃木県の教員を目指す人や傾向を知りたい人は是非、ご覧ください。...

教員採用試験の作文試験ってなに?

作文試験はテーマについて自分の考えを論理的に記述する試験です。

教育論や教師像について今までの経験を踏まえて書かなければいけないので、自己分析が必要です。

面接試験に関わってくる試験なので覚えておきましょう。

栃木県教員採用試験 作文試験の傾向

作文試験は2次試験に実施されます。

作文試験では、

  1. 趣旨の把握
  2. 情熱・熱意
  3. 文章構成

の、3つが重要です。

とくに趣旨の把握がずれていると全体的に評価をあげることは難しいです。

  • 試験時間:50分
  • 字数制限:600字~1000字
  • 評価方法:A~Cの3段階評価

と、なっています。

字数については最低文字数が600字となっていますが、評価を上げるためには最大字数の90%前後は書いておきましょう。つまり850字~900字程度が目安。

作文は3人の試験官で添削をおこない、2名にC評価をつけられると不合格となります。

栃木県教員採用試験 作文試験 過去問

児童生徒にとって「魅力ある教師」とはどのような教師だと思いますか。また,あなたがそのような教師になるために,どのような研鑽(けんさん)を積んでいきたいか,具体的に書きなさい。(2018年実施)

「友人関係で悩みを抱えた児童生徒への指導」について,あなたが大切だと考えることは何か。その理由も含めて書きなさい。

また,そのことに関し,「他の教職員との連携」という視点に立ち,あなたが教員として取り組んでいきたいことは何か,具体的に書きなさい。(2017年実施))

道徳教育は、学校の教育活動全体を通じて行うものです。児童生徒の道徳性を養うために、あなたが最も重要だと考えることは何か、その理由も含めて書きなさい。

また、そのことに関し、あなたが教員として、取り組んでいきたいことは何か、具体的に書きなさい。(2016年実施))

児童生徒や保護者はもとより、広く社会から信頼される教員であり続けるために、あなたがもっとも大切だと考えることは何か。その理由も含めて書きなさい。

また、そのために、あなたは、教育活動の中で、具体的にどのような取組をしていきたいか、書きなさい。(2015年実施)

SPONSERD LINK

終わりに

作文試験では内容を具体的に書くことも大切ですが、綺麗な字で丁寧に書くことも必要です。

やはり人間が採点をするので汚い字だと内容が良くても評価をさげられる可能性はあります。逆に内容があまりよくなくても字がきれいなだけで評価があがることもあります。

せっかく文章が書けていても関係ないところで評価を落とされたら損ですよね。できるだけ綺麗に書けるようにしましょう。

栃木県教員採用試験の面接をまとめています。
栃木県教員採用試験 面接のすべてがこの記事につまっています。栃木県の面接試験は「個人面接」「集団面接」「集団討論」がある。まずは傾向や質問内容、テーマを理解することが大切!ぜひ、参考にしてください。...
ABOUT ME
アバター
福永 真
42歳 関東圏在住/大卒→中学・高校教員(社会科)→教育出版業を経て教職コンサルタントとして躍進中。教育問題の課題、解決に向けたセミナーを開催・企画しています。