横浜市

横浜市教員採用試験 徹底攻略!情報まとめ

横浜市教員採用試験 試験日程

 横浜市の教員になりたい。採用試験について教えて!

と、いった疑問に回答します。

どうも、福永です。

本記事の内容は次のとおり。

  1. 試験日程
  2. 試験内容
  3. 採用人数
  4. 年齢制限
  5. 特例選考の種類
  6. 倍率
  7. 横浜市が求める教員像

横浜市で教員になりたいですか?

横浜市で働くには夏にやっている教員採用試験に合格する必要があります。

でも、どんな試験をやっているのかわかりませんよね。

もし、あなたが横浜市の教員をこれから目指すのであれば本記事が役に立つはずです。

無駄な対策をしないためにも試験日程や試験内容の確認をしましょう。


横浜市教員採用試験 日程

横浜市の教員採用試験は7月~8月にかけておこなわれています。

採用スケジュールは次の通り。

  1. 実施要項の配布・出願
  2. 1次試験
  3. 2次試験
  4. 最終合格

と、いう流れでおこなわれています。

まずは、実施要項の入手と願書の作成・提出をおこないましょう。

横浜市教員採用試験 出願日程

例年、4月上旬~5月中旬が実施要項の配布・願書の提出期間です。

横浜市教育委員会の説明会なども開催されているので興味があれば参加しましょう。

教員採用試験 説明会に行くべき時期とは!

2019年(平成32年度)は4月8日~5月17日です。

2018年から出願受付にインターネットを導入しています。コンピュータに弱い人は使えるように準備しておきましょう。

横浜市教員採用試験 1次試験の日程

例年、7月第2日曜日に実施されます。

2019年(平成32年度)実施試験の日程は7月14日(日)です。

同日に神奈川県、相模原市、川崎市も実施されるので併願を考えている人は注意。また、関東地区(東京都や千葉県など)も同じ日です。

【2019年版】教員採用試験 日程一覧まとめ

横浜市教員採用試験 2次試験の日程

例年、8月上旬~下旬に実施されています。

2019年(平成32年度)は8月上旬~9月中旬の間で指定された日。

横浜市の倍率をみると2次試験の倍率が高い傾向にあり、人物試験重視であることがわかります。

試験の合格発表があるまで長い期間を要します。

SPONSERD LINK

横浜市教員採用試験 内容

横浜市は筆記試験と面接試験など多くの試験が実施されます。

試験内容は次のとおり。

  • 教養試験
  • 専門教養
  • 論文試験
  • 個人面接
  • 集団面接
  • 模擬授業
  • 実技試験

横浜市教員採用試験 教養試験・専門教養

教養試験と専門教養は1次試験に実施されます。

論文試験も1次試験に実施されますが、採点は2次試験です。つまり、1次試験は筆記試験の点数のみで合否を判定します。

試験科目が多いので対策は難しいですが、傾向はあるので勉強をはじめるまえに理解することが大切。

※横浜市の試験は神奈川県・相模原市・川崎市と同じ問題を使っています。

横浜市教員採用試験 過去問をみれば教養試験の傾向がわかる!

横浜市教員採用試験 論文試験

論文試験は1次試験に実施されます。

先ほども書きましたが実施は1次、評価は2次です。

学習指導要領に関するテーマが出題されやすい傾向があります。

論文試験で評価をもらうには一定の対策が必要です。はやめの対策を心がけましょう。

※横浜市の試験は神奈川県・相模原市・川崎市と同じ問題を使っています。

横浜市教員採用試験 論文試験ってどんな問題がでているの?

横浜市教員採用試験 個人面接

個人面接は2次試験に実施されます。

教員採用試験は人物試験重視の傾向が強くなっているので個人面接はとても重要!

とくに場面指導という実際の教育現場で起こりそうな事例に対応する演技試験が難関です。

筆記試験対策よりも時間をかけたほうが実は合格しやすいです。

後回しにしがちですが、落ちますよ。

横浜市教員採用試験 個人面接の傾向|場面指導が重要

横浜市教員採用試験 模擬授業

模擬授業は2次試験に実施されます。

テーマについて時間内で授業をおこないます。

教員経験がない受験者は黒板の書き方など練習しておく必要がありますよ。

横浜市教員採用試験 模擬授業はパフォーマンス力が重要

横浜市教員採用試験 集団面接

集団面接は2次試験に実施されます。

集団面接とありますが、内容は討論です。

1つのテーマについてグループで話し合うので発言する力やまとめる力などが評価されます。

1人では対策がしにくい試験なので対策環境を整える必要がありますね。

横浜市教員採用試験 集団面接は印象が良くないとダメ!

横浜市教員採用試験 年齢制限

教員採用試験は「経験豊富な人材を採用するために年齢制限を撤廃している地域」と「若手の人材育成を目的として年齢制限を強めている地域」があります。

横浜市の年齢制限は、昭和36年4月2日以降に生まれた人が受験することができます。60歳未満まで受験できるため、実質年齢制限はありませんね(平成31年実施試験)。

教員採用試験 何歳まで受験できる?年齢が高くても合格できるのか?

横浜市教員採用試験 採用人数

2019年は小学校、養護教諭、特別支援学校は増加、中学高校は減少しています。

2019年(平成32年度)の採用人数は次のとおり。

募集教科 採用人数
小学校 485人
中高国語 20人
中高社会 15人
中高数学 15人
中高理科 15人
中高音楽 5人
中高美術 5人
中高保健体育 15人
中高技術 5人
中高家庭 5人
中高英語 20人
特別支援学校 50人
養護教諭 25人

横浜市教員採用試験 特例選考の種類

教員採用試験では、様々な経験や職歴を持つ人を積極的に採用する流れが強くなりつつあります。

一般選考とは違った「特別選考」を実施することで、優秀な人材の囲い込みを強めています。

特別選考では「筆記試験の免除」や「1次試験の免除」など、一般選考に比べて合格しやすい仕組みを作っています。

横浜市でおこなっている主な特例選考は次のとおり。

  • 教職経験者特別選考A
  • 社会人経験者特別選考
  • スポーツ等特別選考
  • アイ・カレッジ特別選考

教職経験者特別選考A

1次試験の教養試験、専門教養を指導案試験に変更できる。

正規教員、常勤講師、私立常勤講師の人で平成25年4月1日~平成30年3月31日の間に通算1年以上の経験がある人。

社会人経験者特別選考

1次試験の教養試験、専門教養を指導案試験に変更できる。

同一の民間企業(官公庁含む)における日を空けない継続勤務歴が平成25年4月1日~平成30年3月31日の間に3年以上ある人

※受験区分が中学・高校の数学、理科の場合は2年以上)

アイ・カレッジ特別選考

1次試験すべて免除(論文は実施)

横浜市教育委員会が設置するよこはま教師塾「アイ・カレッジ」の平成30年6月23日卒塾予定の人

特例選考では筆記試験が免除される傾向ですが、決して勉強しなくていいわけではありませんよ。

面接試験で教職教養の知識を確認する問題や場面指導において知識がないとできないテーマも出題されています。

横浜市教員採用試験 倍率

2018年(平成31年度)の最終結果は3.8倍でした。

全体の講評や1次試験、2次試験ごとの倍率を「横浜市教員採用試験 倍率を知って、効率よく勉強する方法」にまとめています。対策をはじめる上で必要な情報です。ぜひ、確認してください。

横浜市教員採用試験 倍率を知って、効率よく勉強する方法

横浜市教員採用試験 求める教員像

教員採用試験では、都道府県・政令市ごとに「求める教員像」があります。

「こういう人物を採用したい」という採用者側からのメッセージで。面接試験でも、質問されることが増えているため、内容を理解しましょう。

横浜市では、7つの要素を求める教員像としています。

①横浜の教育が目指す人づくり

自ら学び、社会とつながり、ともに未来を創る人

②横浜の教育が育む力

「自ら学び 社会とつながり ともに未来を創る人」の育成を目指し、子どもに身に付けてほしい力を五つの視点「知」「徳」「体」「公」「開」で表し、相互に関連付けながらバランスよく育んでいきます。

③知 生きて はたらく知

○基礎・基本を身に付け、自ら問題を発見し、よりよく解決する力

○主体的に考え、意欲的に学び続ける力

○知識や経験を活かし、知恵をはたらかせて生きる力

④徳 豊かな心

○自分を大切にし、しなやかに生きる力

○自分を律する態度と人を思いやる優しさ

○「本物」に触れることで育む豊かな感性

⑤体 健やかな体

○自ら健康を保持増進しようとする態度

○体力づくりを通じ、心身ともにたくましく生きる力

○生涯にわたって運動やスポーツに親しむ態度

⑥公 公共心と社会参画

○自分の役割や働くことの意義を理解し、行動する力

○横浜を愛し、地域や社会のために、他者と協働する力

○夢や目標を持ち、よりよい社会を創造しようとする態度

⑦開 未来を開く志

○自分を見つめ、多様性を尊重し、共生する力

○グローバルな視野を持ち、持続可能な社会の実現に向けて行動する力

○進取の精神を持ち、新たな価値を創造しようとする態度

横浜市教員採用試験のまとめ

  • 試験は7月~実施
  • 内容は筆記試験と面接試験
  • 倍率は4倍を切っている。

神奈川県内は横浜市以外にも、神奈川県、川崎市、相模原市があります。

なぜ横浜市がいいのですか?

面接試験でも必ず聞かれていますよ。考えておきましょう。

まずは筆記試験の攻略から始めましょう!傾向を「横浜市教員採用試験 過去問をみれば教養試験の傾向がわかる!」でまとめています。

横浜市教員採用試験 過去問をみれば教養試験の傾向がわかる!

ABOUT ME
アバター
福永 真
42歳 関東圏在住/大卒→中学・高校教員(社会科)→教育出版業を経て教職コンサルタントとして躍進中。教育問題の課題、解決に向けたセミナーを開催・企画しています。