教員採用試験

教員採用試験 教養試験の勉強方法|教育原理の傾向、推奨テキスト他

教員採用試験 教育原理の勉強方法

 教育原理ってどんな科目?

 教育原理ってどれくらい重要なの?

 教育原理の出題内容は?

このような情報を探している方、多いのではないでしょうか。

本記事では、教員採用試験の教養試験(教職教養)で出題される「教育原理」について『内容』や『特徴』『例題(過去問)』『勉強法』『おすすめの参考書』を書いています。

教育原理は教育の核となる分野です。子どもたちに適切な生徒指導や教育観、教師としての服務などを身につけるために勉強します。

まずは、教育原理の特徴を理解して対策に取り組みましょう。

教員採用試験 教育原理の特徴

教育原理は教員採用試験の試験科目、「教職教養」に含まれる科目です。

教育の基準である「学習指導要領」をはじめ、「生徒指導」や「障害児教育」など教師として知っておかないといけない知識がつまっています

特徴は教職教養のなかで出題数が1番多く、面接試験でも教育原理の知識がないと答えられない質問があります。全員、学習が必要な科目です。

教育原理の出題分野は、

教育課程 学習指導要領 生徒指導
障害児教育 人権教育 安全教育
道徳教育 特別活動 情報教育
生涯学習・社会教育 学習評価 教育時事

と、なっています。

出題分野は受験する都道府県によって傾向があるため違ってきます。必ず受験する都道府県の過去問などを使って傾向を把握しておきましょう。

あわせて読みたい
教員採用試験 県別 難易度
教員採用試験 情報配信中の都道府県・政令市一覧教員採用試験情報ブログ「Road to Success」では、全国29都市の教員採用試験情報を配信しています。 配信している内容は...

教員採用試験 教育原理 分野ごとの特徴と過去問

教育原理は全12分野からできています。どの分野も教師としては知っておく必要がある知識ですが、教員採用試験では出題されやすい分野と、そうでない分野があります。

分野の特徴と重要度をこれから書いていきます。

教育課程

重要度:★★☆☆☆
教育課程とは、教育目標を達成するための計画(カリキュラム)のことです。カリキュラムの特徴や学習指導要領の一部として出題されることが多いです。

次の(1)、(2)の設問を読み正しいものには〇、誤っているものには×をつけよ。

(1) 教科カリキュラムとは、関連する複数の教科を関連付けて編成するカリキュラムで、教科そのものの独立性は保ったままで編成する。

(2) 人間中心カリキュラムとは、スプートニク・ショックを受けてブルーナーが提唱したカリキュラムで、理科や数学を中心としながら学問理論に従って系統的に編成される。

学習指導要領

重要度:★★★★★
教育原理のなかで1番出題率が高い分野です。2017年3月、2018年3月に2020年より順次はじまる次期(新)学習指導要領が告示され重要度が増しています。

受験する校種に関係なく「小・中・高(特別支援学校含む)」から出題されることが多いです。

学習指導要領は、

総則
各教科
特別の教科 道徳
外国語活動
総合的な学習の時間
特別活動

で、構成されており「総則」と「特別活動」からの出題が80%以上を占めます。

次の文は,中学校学習指導要領(平成29年3月告示)第1章 第3「教育課程の実施と学習評価」の一部である。文中の( ア )~( イ )に適切な語句の組合せを下記の選択肢①~⑤の中から一つ選び,番号で答えなさい。

生徒が( ア )を立てたり学習したことを( イ )する活動を,計画的に取り入れるように工夫すること。

①(ア)予想  (イ)精査したり

②(ア)予習計画(イ)復習したり

③(ア)学習の見通し (イ)振り返ったり

④(ア)学習の見通し (イ)復習したり

⑤(ア)予想     (イ)振り返ったり

生徒指導

重要度:★★★★★
平成22年3月に出された「生徒指導提要」に関する内容から出題されます。面接試験で行われる「場面指導」でも生徒指導の知識が必要。

教育現場で増加している「いじめ」「体罰」「不登校」などから頻繁に出題されています。

次の(1)~(5)の文は,体罰及び懲戒について述べたものです。正しいものには○印,正しくないものには×印を書きなさい。

(1) 教員等が児童生徒に対して行った懲戒行為が体罰に当たるかどうかは,個々の事案ごとに判断する必要があるが,単に,懲戒行為をした教員等や,懲戒行為を受けた児童生徒・保護者の主観のみで判断するべきではない。

(2) 体罰は,教育基本法第11 条において禁止されており,校長及び教員は,児童生徒への指導に当たり,いかなる場合も体罰を行ってはならない。

(3) 校長は体罰を把握した場合,体罰を行った教員等を指導し,再発防止策を講じるとともに,体罰の程度によっては,教育委員会へ報告する必要がある。

(4) 児童生徒が他の児童生徒に被害を及ぼすような暴力行為に対して,これを制止したり,目前の危険を回避したりするためにやむを得ずした有形力の行使については,体罰に当たらない。

(5) 部活動の練習に理由なく遅刻した生徒を試合に出さずに見学させるのは,肉体的苦痛を伴わなければ,懲戒行為として認められると考えられる。

特別支援教育

重要度:★★★★☆
国として障がい者教育に対する取組強化の影響もあり、出題頻度が増加しています。文部科学省が発表する答申や通知からの出題も多いです。

特別支援教育に関する説明として適切でないものを,次の1 ~ 4 のうちから1 つ選びなさい。

1 自立活動は,障害による学習上や生活上の困難を克服・改善するために行われる教育活動である。「健康の保持」「心理的な安定」「人間関係の形成」などの6 区分から,児童生徒の障害の状態や発達段階に応じて指導内容を組み合わせるなどして指導を行う。

2 交流及び共同学習は,障害のある児童生徒と障害のない児童生徒が同じ環境で学習や生活をすることを通して,社会性を養い,豊かな人間性を育てるなど双方にとって学ぶ意義のあるものである。

3 インクルーシブ教育システム構築において,多様な学びの場として,通常の学級,通級による指導,特別支援学級,特別支援学校でのそれぞれの環境整備の充実を図ることが必要である。

4 特別支援教育コーディネーターは,校内委員会や研修会の企画・運営,関係機関との連絡・調整など,特別支援教育の推進の役割を担うものであり,必要に応じて校務分掌に位置付ける。

人権・同和教育

重要度:★★★★☆
「人権教育の指導方法等の在り方について」からの出題が多いです。その他児童虐待や差別などの人権侵害についても出題が増加しています。

次の文は,「人権教育の指導方法等の在り方について〔第三次とりまとめ〕」(平成20年3 月 人権教育の指導方法等に関する調査研究会議)の「指導の在り方編」から抜粋したものである。( ① ),( ② )に入る語句を下の(ア)~(カ)からそれぞれ1つ選び,その記号で答えなさい。

(4) 人権教育を通じて育てたい資質・能力

人権教育は,人権に関する知的理解と( ① )を基盤として, 意識, 態度,( ② )など様々な資質や能力を育成し,発展させることを目指す総合的な学習である。このような人権教育を通じて培われるべき資質・能力については,次の3つの側面(1 .知識的側面,2 .価値的・態度的側面,3 .技能的側面)から捉えることができる。

(ア)感性や感覚
(イ)人権教育の充実
(ウ)実践的な行動力
(エ)人権感覚の涵養
(オ)客観的な知識
(カ)人権に関わる概念

安全教育

重要度:★★☆☆☆
2018年7月に起こった学校塀の下敷きになって女子児童が亡くなった事件があるなど、学校の安全が叫ばれています。

危機管理マニュアルや県の取り組みなどとして出題されることがあります。

次の文は「学校事故対応に関する指針」(平成28年3月文部科学省)「1  事故発生の未然防止及び事故発生に備えた事前の取組」の一部を抜粋したものである。文中の( A )~( E )に当てはまる語句について,正しい組合せを選びなさい。

⑵ 安全教育の充実
・事故発生の未然防止の観点から,児童生徒等の安全教育の充実を図ることも重要である。

・学校における安全教育の目標は,概説すると,日常生活全般における安全確保のために必要な事項を( A )に理解し,自他の生命尊重を基盤として,生涯を通じて安全な生活を送る基礎を培うとともに,進んで安全で安心な社会づくりに参加し貢献できるような( B )を養うことにあり,具体的には次の三つの目標が挙げられる。
~略~

道徳教育

重要度:★★★☆☆
平成27年3月に学習指導要領が改訂され、新しく「特別の教科 道徳」が設定されました。基本的に学習指導要領の一部として出題されることが多いため、学習指導要領とあわせて学習しておきましょう。

今後の道徳教育の在り方についての説明として,正しいものの組合せはどれか。

ア.小・中・高等学校の学習指導要領を見直し,小・中・高等学校において,「特別の教科 道徳」(道徳科)を設置する。

イ.道徳教育の充実を図るために,道徳教育の要である「特別の教科 道徳」(道徳科)の中心となる教材として,検定教科書を導入する。

ウ.道徳の授業については,小学校高学年や中学校よりも特に小学校低学年において課題が大きいことが指摘されており,その改善のためには,児童生徒の発達の段階を踏まえ,内容や指導方法等を適切に見直すことが必要である。

エ.「特別の教科 道徳」(道徳科)においては,実際の経験や体験を生かしながら児童生徒に考えさせる授業よりも,読み物教材の登場人物の心情を理解する授業を重視していく必要がある。

オ.道徳性は,極めて多様な児童生徒の人格全体に関わるものであることから,個人内の成長の過程を重視すべきであり,「特別の教科 道徳」(道徳科)について,指導要録等に示す評価として,数値などによる評価は行わない。

① ア・ウ
② ア・エ
③ イ・エ
④ イ・オ
⑤ ウ・オ

特別活動

重要度:★★★☆☆
道徳と同じように学習指導要領からの出題が大半です。内容や取扱いまで深い部分が聞かれる傾向にあります。

次の文は,高等学校学習指導要領解説 特別活動編(平成21年文部科学省)「第3章 各活動・学校行事の目標と内容」「第3 節 学校行事」「1  学校行事の目標」の一部を抜粋したものである。文中の( ア )~( オ )に当てはまる語句の正しい組合せを選びなさい。ただし,同じ記号には同じ語句が入る。

学校行事で育てたい「よりよい学校生活や社会生活を築こうとする自主的,( ア )な態度」とは,教師の( イ ),計画的な指導の下に,社会で共に生きること働くことの意義と尊さを実感し,生徒自らが( ウ )をもち学校や社会の一員としての役割や責任を果たそうとするなど,( エ )しようとする態度を含め,人間としての在り方生き方についての自覚を深めるとともに,学校や地域,社会などの実生活の様々な場面において( オ )を生かし,協力してよりよく発展させようとする自主的,( ア )な態度である。

① 自発的 組織的 課題 社会に貢献 能力

② 自発的 意図的 課題 社会に貢献 能力

③ 自発的 組織的 目標 社会に貢献 自己

④ 実践的 意図的 目標 社会的に自立 自己

⑤ 実践的 組織的 目標 社会的に自立 能力

生涯学習・社会教育

重要度:★☆☆☆☆
頻出度は低いです。教育と国、地方公共団体とのつながり、社会教育関係施設・職員などに関する出題があります。

次の文章は,平成26年度文部科学白書の「生涯学習社会の実現(総論)」についての内容を示したものである。文中の( a )~( c )にあてはまる語句の組合せとして,最も適当なものを選びなさい。

「生涯学習」とは,一般には人々が生涯に行うあらゆる学習,すなわち,学校教育,家庭教育,社会教育,文化活動,スポーツ活動,レクリエーション活動,ボランティア活動,企業内教育,趣味など様々な場や機会において行う学習の意味で用いられます。また,人々が,生涯のいつでも,( a )に学習機会を選択し学ぶことができ,その成果が適切に評価される社会として「生涯学習社会」という言葉も用いられます。

文部科学省では,( b )の精神にのっとり,国民一人一人が自己の人格を磨き,豊かな人生を送ることができるよう,その生涯にわたって,あらゆる機会に,あらゆる場所において学習することができ,その成果を適切に生かすことのできる社会の実現を目指して,生涯学習の振興に取り組んでいます。

現在,第2期教育振興基本計画に基づき,「( c )」,「協働」,「創造」の三つをキーワードとする生涯学習社会の実現に向けて,学校教育の充実はもとより,社会教育,家庭教育,の他様々な場や機会における学習の充実・環境整備に取り組んでいます。

① a.自由  b.教育基本法  c.自立

② a.平等  b.教育基本法  c.自主

③ a.平等  b.学校教育法  c.自立

④ a.自由  b.教育基本法  c.自主

⑤ a.自由  b.学校教育法  c.自立

学習評価

重要度:★★☆☆☆
中央教育審議会が出す報告からの出題が大半です。次期(新)学習指導要領で定める学力の3つの要素も要チェックです。

次は,「児童生徒の学習評価の在り方について(報告)」(平成22年3月,中央教育審議会初等中等教育分科会)の一部である。ア~ウにあてはまることばをa~lからそれぞれ一つ選び,記号で記せ。

学習評価は,児童生徒が学習指導要領の示す目標に照らしてその実現状況を見ることが求められるものである。学習指導要領は,各学校において編成される( ア )の基準として,すべての児童生徒に対して指導すべき内容を示したものであり,( イ )の面から全国的な教育水準の維持向上を保障するものであるのに対し,学習評価は,児童生徒の学習状況を検証し,( ウ )の面から教育水準の維持向上を保障する機能を有するものと言える。

a. PDCA サイクル
b.教育活動
c.教育的配慮
d.観点別
e.結果
f.判断力
g.指導
h.目標設定
i.相対評価
j.教育課程
k.年間計画
l.評価規準

情報教育

重要度:★★★☆☆
次期(新)学習指導要領でもICT教育の充実、プログラミング学習がはじまるなど、情報教育の重要性が高まっています。それに伴い出題増加が予想されます。

「教育の情報化に関する手引き」からの出題は頻出です。

次の文は,平成23年4月に文部科学省が作成した「教育の情報化ビジョン~ 21世紀にふさわしい学びと学校の創造を目指して~」の第二章 情報活用能力の育成について述べたものの一部である。(   )に入る語句として最も適切なものを,下の1~5の中から一つ選びなさい。

子どもたちの情報活用能力の育成に関しては,中学校の技術・家庭科(技術分野)や高等学校の共通教科「情報」において必履修として位置付けられているが,情報活用能力は,子どもたちが各教科等で(   )を活用することによっても涵養される。

1 .プログラミング言語
2 .パソコン
3 .検索ツール
4 .ソフトウェア
5 .情報通信技術

教育時事

重要度:★★★★☆
文部科学省や中央教育審議会の各種答申や報告、法改正など幅広い出題があります。その多くが教育原理の他分野と関連する出題が多いため特別に意識する必要はない。

頻出のテーマは「いじめ」「体罰」「特別支援教育」「学校安全」です。これをキーワードにして「通知」や「報告」を組み合わせて検索し、上位表示された資料が重要となります。

次の文は「子供の貧困対策に関する大綱」(平成26年8月29日閣議決定)の一部である。文中の( ⑴ ),( ⑵ ),( ⑶ )にあてはまる語句の適切な組合せを,下のアからエのうちから一つ選べ。

教育の支援においては,( ⑴ )を子供の貧困対策のプラットフォームと位置付け,①学校教育による( ⑵ ),②学校を窓口とした( ⑶ )関連機関との連携,③経済的支援を通じて,学校から子供を( ⑶ )的支援につなげ,総合的に対策を推進するとともに,教育の機会均等を保障するため,教育費負担の軽減を図る。

ア.⑴ 地域  ⑵ 学力保障  ⑶ 医療

イ.⑴ 学校  ⑵ 就労支援  ⑶ 医療

ウ.⑴ 地域  ⑵ 就労支援  ⑶ 福祉

エ.⑴ 学校  ⑵ 学力保障  ⑶ 福祉

教員採用試験 教育原理の勉強方法

教育原理は「空欄補充」や「正誤問題」が多いため必要事項の暗記だけでも十分、点数をとることができます。

しかし、はじめに書いたように面接試験のことを考えると科目のつながりや分野のつながりを意識した勉強が必要です。

独学でつながりを意識した勉強をすることは難しいため、可能な限り予備校の利用を検討してください。固い文章を読んで覚えるよりも具体例を出しながらの説明を聞く方が100倍理解できるからです。

しかし、筆記試験で満点をとるだけなら今から説明する方法でも十分ねらうことができるので参考にしてください。

準備するもの

独学で勉強をはじめるために必要なものは、

 受験先の過去問(5年分)

 問題集

 参考書

 全国の過去問(2~3年分)

を、準備しましょう。

教員採用試験 勉強法① 過去問分析

はじめに書きましたが、教員採用試験は受験する県によって出題分野が違います。

さきほど、学習指導要領は「教育原理のなかで1番重要な分野」と書きましたが、県によっては1問も出題されていないこともあります。

傾向を知らずに勉強することは効率が悪いですよね。

優先して勉強する分野」、「時間をかけて勉強する分野」を知るために受験する県の過去問を使って、傾向を分析します。

教員採用試験 勉強法② 問題集を使って演習

え?いきなり問題集を使って勉強していいの?
まったく勉強してないから解けるわけないじゃん。

そう思った方、多いのではないでしょうか。

高校受験や大学受験を経験した人の多くが「参考書を読み込む」→「問題集で確認」という勉強をしていたのではないでしょうか。

大学受験のように科目の全分野が試験範囲ならば有効な勉強方法です。しかし、教員採用試験の参考書は「試験に必要がない(でない)知識」がおおく、参考書だけを使っての学習は非効率なのです。

逆に問題集は試験に必要な知識を集約したテキストなので効率よく知識を頭にいれることができます。しかし、情報量が多くないため「該当箇所を参考書で確認する」ことで空いた知識の穴埋めができるようになります。

基本的に1冊もしくは2冊の問題集を徹底的にとりくみます。

教員採用試験 勉強法③ 全国の過去問を使って演習

②の作業が終われば、最後は全国の過去問集を使って知識のインプット&アウトプットをしましょう。

1日1~2県の問題を解き、答え合わせをします。間違った問題は参考書を使って確認し、ノートなどに貼って管理。これを2年分行えば、ものすごい量の知識を頭にいれることになります。

あとは予備校の模擬試験などを会場受験して試験の雰囲気や新しい問題に取り組めばOKです。

問題形式だと空欄補充がメインなので、どこが狙われているのかわかりやすい。

教員採用試験 おすすめの参考書

さいごに、勉強するときに必要なテキストを紹介して終わりにします。

教員採用試験 おすすめ問題集

教職教養の演習問題(2020年度版 Twin Books完成シリーズ)

教員採用試験で出題される教職教養の典型的な問題を、頻出領域・分野にそって厳選しています。良問が多く、出題の要点と解答のポイントが詳しく書かれており、知識の定着がしやすい。

実践的な問題も多くのっているので、合格に必要な力を効率よく身につけることができます。

このテキストで解けない問題や間違えた問題があったら、姉妹本の教職教養の要点理解を使って頻出事項の要点をチェックすることで理解力をあげることができます。

2019年度版 絶対決める!教職教養 教員採用試験合格問題集

この本は各分野の一問一答と本試験問題で構成されています。まずは一問一答で基礎知識を覚え、本試験問題に取り組む流れです。

この本の良いところは見開きで問題と解答・解説がみれるため、すぐに知識の確認ができます。また、付属の赤シートを使うことで重要語句が消え、暗記がしやすい工夫があります。

各問題にcheckボックスがついており、正解・不正解をチェックすることができます。繰り返し学習に適しています。

教員採用試験 おすすめ参考書

教職教養の要点理解(2020年度版 Twin Books完成シリーズ)

教員採用試験で問われる教職教養の基礎的・基本的な事項を、頻出領域・分野にそって厳選し、要点を確実に理解できるように簡潔にまとめたものです。

基礎的な知識が不十分でも頻出領域・分野の要点が理解できるように構成されています。姉妹本の教職教養の演習問題を使って知識のアウトプットをすることで学習効果が倍増する仕組みをとっています。

教員採用試験対策参考書 1 教職教養I(教育原理・教育史 )

予備校大手の東京アカデミーが出版している参考書です。

さすが東京アカデミー。すごい情報量が載っています。これ1冊でも十分対策が可能ですが、正直無駄が多すぎます。

すごい長文で書かれています。文字が小さいので読みにくく、見るだけで疲れてしまいます。これだけを使って覚えることは効率が悪いため、あくまで参考書として1冊手元に置いておき問題演習後の確認として使うようにしましょう。

調べものとして使う場合No.1です。

システムノート 教職教養ランナー (教員採用試験シリーズ)

書き込み型の参考書です。

参考書に空欄があるので、読みながら書き進めていくスタイルの参考書。分量もそこそこあり、書きながら覚える派の人におすすめです。

難点はサイズ。持ち運びがしにくいA3タイプなのが嫌ですね。

教員採用試験 おすすめ過去問

〇〇県の教職教養過去問 2019年度版 (教員採用試験「過去問」シリーズ)

過去問分析に最適な1冊。受験先の過去問が5年分つまっており、過去問分析に最適です。

科目ごとの傾向やポイントが書かれており、参考になります。勉強をはじめる前に買っておきたいですね。

教職教養の過去問 (2019年度版 Hyper 実戦シリーズ)

全国の過去問を勉強するならこのテキストです。

全国の教職教養の問題がのっていて解説も詳しく書かれています。紙質も個人的には読みやすいものを使用しているので使いやすいです。

終わりに

教育原理の問題は最新の時事や法令をのぞき、類問が出題されています。

まぁ、教師として必要な知識がコロコロ変わっていたら大変ですからね。覚えなければいけない問題は同じということです。

ABOUT ME
3年C組かえる先生
3年C組かえる先生
大学受験予備校及び資格学校予備校で学生や社会人を相手に指導している、元中学・高校教師。 『大学受験ブログ』『予備校講師の魅力ブログ』『公務員ブログ』を運営、多くの若者たちの夢を叶えるために教示。
あわせて確認したい記事