岐阜県教員採用試験

岐阜県教員採用試験 グループワークって何?傾向を伝授

岐阜県教員採用試験 グループワークの傾向

岐阜県のグループワークってなに?傾向がしりたいな

と、いった質問に回答します。

どうも、福永です。

本記事の内容は、

  1. グループワークの傾向
  2. グループワークのテーマ

です。

もし、あなたが岐阜県の教員を目指していて、グループワークについて情報がほしいと思っているなら本記事は役にたちます。

ぜひ、参考にして試験勉強に役立ててくださいね。

岐阜県 教員採用試験 グループワークの傾向

グループワークは2次試験に実施されます。

試験があるのは小学校、中学校、養護教諭、栄養教諭を受験する人です。

高等学校、特別支援学校を受験する人はありません。かわりにグループ討議があります。

グループワークは与えられたテーマに対してグループ全員で、

  • 考える
  • 話し合う
  • 実演する(発表する)

と、いった試験です。

試験時間は60分で、150点の配点があります。

岐阜県 教員採用試験 グループワークの流れ

グループワークのテーマが発表されたあと、1分間テーマについて考える時間が与えられます。

時間になると1分間で意見を発表し、グループで意見交換(作業)を行います。

最後に5分間の実演(発表)を行い終了。

試験ではコミュニケーション能力やチームでの協力などが評価されます。

自分にできることをやって協力する姿勢を大事にしましょう。

SPONSERD LINK

岐阜県 教員採用試験 グループワーク 過去問

・あなたは小学校4年生の担任です。クラブ活動の紹介をすることになりました。子どもたちがクラブ活動に期待を持てるような発表をしなさい。

・あなたは小学校5年生の担任です。地域のお年寄りに「お世話になった。」を伝える会を開きます。

それを児童が楽しみと思える発表をしなさい。

・あなたたちは中学3年の担任です。生徒は1年間「絆」を合言葉に学校の顔として引っ張ってきてくれました。

卒業式二日前の学年集会で生徒が胸を張って卒業できるように,どのような話をするか。演じなさい。

終わりに

2次試験は他にも個人面接やプレゼン試験など多くの試験を攻略しなくてはいけません。

筆記試験ばかりに気をとられていると最終合格は難しいです。ぜひ、早期対策をこころがけるようにしましょう。

ABOUT ME
アバター
福永 真
42歳 関東圏在住/大卒→中学・高校教員(社会科)→教育出版業を経て教職コンサルタントとして躍進中。教育問題の課題、解決に向けたセミナーを開催・企画しています。