使わなくなった参考書買取キャンペーン

北海道・札幌市教員採用 教養試験の勉強法|傾向を教えます。

悩む人

北海道(札幌市)の教養試験ってどんな科目があるの?傾向や勉強法を教えてほしいな。

と、いった疑問を解決します。

どうも、福永です。

この記事は北海道(札幌市)教員採用試験の教養試験を攻略する内容を書いています。

下記ツイートをしました。

これを深堀していきます。

北海道(札幌市)の教養試験は基本的な問題しか出ず、ボーダーラインも低いです。

だからこそ出題傾向を把握して無駄のない勉強をしましょう。

▼教採に本気で合格したい方へ▼

北海道・札幌市教員採用 教養の試験科目は多い?

北海道(札幌市)の教養試験で出題される科目は多いです!

出題は教職教養と一般教養から出題され、12科目以上あります。

教職教養

教職教養は教員として必要な知識を勉強します。出題科目は「教育原理」「教育法規」「教育心理」「教育史」「教育時事」の5科目。

科目の特徴を知らない人もいると思うので、おすすめの記事を紹介しておきます。

教育原理

教員採用試験 教育原理の勉強法を徹底解説!目指せ満点。

教育法規

教員採用試験 教育法規の勉強法まとめ|出る条文はこれだ!

教育心理

教員採用試験 教育心理の勉強法|人物名を覚えることがポイント!

教育史

教員採用試験 教育史の勉強法|この人物を覚えれば満点です

教育時事

kyouinnsaiyou_apuri教員採用 教育時事や一般常識の勉強はアプリを使おう!

一般教養

一般教養は日本史や国語など今までに勉強してきた科目からの知識です。

科目数が多く、傾向に沿った勉強をすることが大切です。科目の特徴を知らない人もいると思うので、おすすめの記事を紹介しておきます。

人文科学

教員採用試験 人文科学の勉強法|国語と英語が重要です。

社会科学

教員採用試験 社会科学の勉強法|暗記科目はこう覚える!

自然科学

教員採用試験 自然科学の勉強法|理科の攻略が合否を決める

北海道/札幌市教員採用 教養試験の出題例(過去問)

実際に出題された問題をまとめています。

出題形式やレベルの把握に使ってみましょう!

北海道/札幌市教員採用 教育原理

次の文は,中学校学習指導要領(平成29年告示 文部科学省)の第1 章「総則」の一部である。これを読んで,問1,問2 に答えなさい。

 

2  特別な配慮を必要とする生徒への指導

 

⑴ 障害のある生徒などへの指導

 

ア 障害のある生徒などについては,特別支援学校等の( 1 )を活用しつつ,個々の生徒の障害の状態等に応じた指導内容や指導方法の工夫を組織的かつ計画
的に行うものとする。
イ 特別支援学級において実施する特別の教育課程については,次のとおり編成す
るものとする。

 

ア 障害による学習上又は生活上の困難を克服し( 2 )を図るため,特別支援学校小学部・中学部学習指導要領第7 章に示す( 2 )活動を取り入れること。

 

問1  空欄1,空欄2 に当てはまる語句の組合せを選びなさい。

 

ア. 1 -保護者又は地域の人材  2 -コミュニケ-ション
イ. 1 -保護者又は地域の人材  2 -自立
ウ. 1 -助言又は援助      2 -コミュニケ-ション
エ. 1 -助言又は援助      2 -自立
オ. 1 -助言又は援助      2 -社会参画

 

問2  太文字に関して,中学校学習指導要領解説 総則編(平成29年 文部科学省)における「⑴ 障害のある生徒などへの指導」に示されている内容として,適切なもの
の組合せを選びなさい。

 

① 担任を含む全ての教師間において,個々の生徒に対する配慮等の必要性を共通理解するとともに,教師間の連携に努める必要がある。
② 障害の種類や程度によって一律に指導内容や指導方法が決まるため,障害の種類や程度を十分理解して指導方法の工夫を行う。
③ 校長は,特別支援教育実施の責任者として,校内委員会を設置して,特別支援教育コーディネーターを指名し,校務分掌に明確に位置付ける。
④ 個々の状況に応じた必要な支援を行うことが必要であり,登校という結果を目標にするとともに,生徒や保護者の意思を十分に尊重しつつ,生徒の進路を主体的に捉える。

北海道/札幌市教員採用 教育法規

次の文は,「学校教育法施行規則の一部を改正する省令」(平成29年3月告示 4 月施行文部科学省)の一部である。これを読んで,問1,問2 に答えなさい。

 

第78条の2  部活動指導員は,中学校におけるスポーツ,文化,( 1 )等に関する教育活動(中学校の教育課程として行われるものを除く。)に係る( 2 )な指導に従事する。

 

問1  空欄1,空欄2 に当てはまる語句の組合せを選びなさい。
ア. 1 -科学  2 -実践的
イ. 1 -科学  2 -補助的
ウ. 1 -科学  2 -技術的
エ. 1 -芸術  2 -技術的
オ. 1 -芸術  2 -実践的

 

問2  太線部に関して,「学校教育法施行規則の一部を改正する省令の施行について(通知)」(平成29年3月 スポーツ庁)において示されている,部活動指導員の職務や任用等の内容として,適切なものの組合せを選びなさい。

① 部活動の年間・月間指導計画については,学校教育の一環である部活動と教育課程との関連を図る必要があることから,部活動指導員は作成に関わることができない。
② 部活動指導員の任用に当たっては,指導するスポーツ等に係る専門的な知識・技能のみならず,学校教育に関する十分な理解を有する者とすること。
③ いじめや暴力行為等の事案が発生した場合は,直接生徒指導に係る対応をすることはできず,速やかに教諭等に連絡する必要がある。
④ 学校の設置者及び学校は,部活動指導員に対し,事前に研修を行うほか,その後も定期的に研修を行うこと。
⑤ 事故が発生した場合は,応急手当,救急車の要請,保護者への連絡等を行い,必ず教諭等へ報告する必要がある。

 

ア.①②④  イ.①③④  ウ.①③⑤  エ.②③⑤  オ.②④⑤

【傾向】北海道/札幌市教員採用はバランスよく出題があります。

北海道(札幌市)の教養試験は一次試験に実施されます。

実施日は6月下旬で、高知県に次ぐ2番目に試験があります。そのため併願する人も多いです。

試験時間は60分で、問題数は40問。その内訳は教職教養20問、一般教養20問でバランスの良い出題となっています。

出題形式はマークシートで、5つの選択肢から選んで回答。

【難易度】北海道/札幌市教員採用の教養試験は超簡単です!

出題レベルは全体的に「基礎的な問題」が出題されているため、難易度は【超難関・難関・ふつう・簡単・楽勝】の5段階評価では「ふつう~簡単」に相当します。

しかし小学校の一次試験合格率は驚異の93%(2019年)で、難易度は低いといえます。

全体的な合格率も60%を超えており、高得点は必要ありません。

ボーダーライン(合格点)はどれくらい必要か

専門教養で高得点を取る必要があります。理由は配点が教養40点、専門100点だからです。

しかも専門教養の方がやるべきことが分かりやすく、勉強もしやすいため高得点が期待できます。

教養試験は傾向に沿って勉強し、50点~60点あたりの正答を目指しましょう!

【対策】北海道/札幌市教員採用で合格点を取る簡単な勉強法

こんなツイートをしています。

専門試験は勉強した時間や量に比例して点数がとれるけど、教養は逆効果。科目数も多く、範囲も広いのである程度割り切った勉強が必要。しかも必ず点数がとれるわけでもない・・・。ここを理解しているか、しないかで合否がわかれますよ。合格する人は時間の使い方が上手いです。

この通りでして、教養を上手に勉強するには出題傾向を把握して、傾向通りに勉強することが重要!

効果的に勉強するために次の2つを理解しておきましょう!

  1. 科目ごとの出題数
  2. 科目ごとの分野

この傾向を知っておけば、あとは傾向通りに勉強すればいいので楽ですよ。

科目ごとの出題数

<【傾向】北海道/札幌市教員採用はバランスよく出題があります。>で書いたように北海道の出題数は教職20問、一般20問です。

しかし、科目ごとにみると教育原理8問、英語2問みたいにばらつきがあるんですね。

効率よく勉強するには科目の優先順位をつけることが大切で、そのためには出題数を知る必要があります。

教職教養

科目 2019年 2018年 2017年
教育原理 8 10 10
教育法規 2 4 4
教育心理 4 4 2
教育史 2 2
教育時事 2 2 2

見てのとおり、「教育原理」の出題が圧倒的ですね。

教育心理の出題もそこそこあるので、一緒に勉強できるとよさそうです。

一般教養

教養試験の科目別出題数

科目 2019年 2018年 2017年
国語 2 2 2
音楽 2 2
美術 2 2
保健体育 2
家庭 2
英語 2 2 2
日本史 2 2
世界史 2
地理 2
政治 2
経済 2
数学 2 2 2
物理 2
化学 2 2
生物 2 2
地学 2
常識 4 2 2

科目数の多い一般教養も傾向があります。

100%出題がある「国語」「英語」「数学」「一般常識」を中心に勉強する必要があります。

ぶっちゃけ社会科目や理科科目は傾向が掴みずらいので優先順位は低め。頻出分野を把握して、そこを集中して勉強する方法が効果的です。

出る分野を知れば負担が半減する

教育原理や国語が良く出ることは分かったと思います。

さらに科目ごとにみると、出る分野、出ない分野ってのもわかるので、それを知って勉強すれば怖いものなしですよ。

教育原理

北海道教育原理

出題数が平均8問ある教育原理ですが、出題の多くは「学習指導要領」からです。その出題率は100%!

総則を中心に科目からの出題もあります。

また、生徒指導と特別支援教育の出題も60%ほどあるため対策は必須ですね。

✅関連記事
>>教員採用 生徒指導ってどんな科目?過去問でイメージしよう!
>>教員採用試験 教育原理で出題率No2「特別支援教育」の過去問をチェック!

国語

一般教養の国語は出題率100%の科目です。なので勉強は必須ですね。

上記の通り、出題は「漢字の同音異語」と「現代文読解」からです。他の分野は模試や全国の過去問を使った勉強のときに吸収すればOK。

こんな感じで科目ごとに頻出分野があり、これに従って勉強することが教養試験では大切です。

他の科目についても>>note(北海道・札幌市教員採用 教養試験の頻出分野を解説!)で公開中です。ぜひ、活用してください!

CHECK NOW

>>noteで北海道・札幌市の頻出分野を見る

北海道・札幌市教員採用 教養のまとめ

  • 教養試験の科目は12科目以上
  • 教職と一般からバランスよく出題
  • 難易度は低め
  • 出題数と分野に従った勉強が重要

この記事は北海道(札幌市)教員採用の教養試験をまとめていました。

何度もいますが、教養試験にハマると落ちます。合格する人は専門と面接に力を入れていることを知ってください。

教養は傾向に沿って、出る部分を中心に負担を掛けず勉強することが重要です。

CHECK NOW

>>noteで北海道・札幌市の頻出分野を見る