教員採用試験

教員採用試験 計画は休日ありで考えるべき

教員採用試験 勉強計画の立て方

どうも、福永です。

あなたは毎日、勉強していますか?

先日、下記ツイートをしました。

この記事では「毎日、勉強しても効率が悪いよ」って話を書いていきます。

直接、試験には関係ありませんが、箸休めに読んでみてください。

教員採用試験 勉強するときは、休日をつくるべき

勉強はスポーツと同じです

だからこそ、休日は必要です。

例えばサッカー選手の1週間をみると、

  • 日曜日 試合
  • 月曜日 マッサージ
  • 火曜日 オフ
  • 水曜日 練習
  • 木曜日 練習
  • 金曜日 練習
  • 土曜日 練習

って感じらしいです。

毎日、毎日練習や試合をしているわけじゃないんですよ。

それでもしっかり調整して試合では力を発揮していますよね。

休日を考慮したスケジュール

勉強計画を立てるときは6日+1日(予備、休日)で考えましょう。

1日を休日にするだけで効率がかなりあがりますよ。

例えば、

  • 月曜日 教育原理、専門教養
  • 火曜日 教育法規、専門教養
  • 水曜日 一般教養
  • 木曜日 教育原理、専門教養
  • 金曜日 教育法規、専門教養
  • 土曜日 一般教養、
  • 日曜日 休日

と、いった感じです。

もし、休日作るのが不安っていう人は、

午前中だけ勉強するなどしてもいいと思います。

一番ダメなのは、勉強しなくちゃいけないって意識から毎日無駄にだらだら10時間勉強するようなことですね。

時間はかけているかもしれませんが、覚えることはできていないと思います。

教員採用試験 面接試験が重要
教員採用試験 筆記試験が満点でも合格できない理由「筆記試験で満点取れないと合格できないよね・・・」って思っていませんか?別に満点とっても必ず合格できるわけじゃありませんよ。それより合格するのに大切なことがあります。...
SPONSERD LINK

教員採用試験 働きながらだと毎日勉強は厳しい

正直、働いている人が毎日勉強することは難しいと思います。

とくに常勤講師をしているひとは朝から晩まで授業や準備で追われているでしょうからね。

そんな人ほど、「毎日勉強しないとやばい・・・」って焦りがちです。

でも、上記の理由から毎日、無理に勉強する必要はないんです。

肩の力を抜いて学習計画を見直してみましょう。

教員採用試験 働きながら合格を目指す
教員採用試験 働きながら合格できるの?方法を教えます。「働きながらでも教員採用試験に合格できるのかな・・・」そう思っている人へ。合格はできますよ。もちろん合格の可能性を高める方法だってあります。気になったらご覧ください。...

まとめ

  • 毎日勉強しても効率がいいとは限らない
  • 休日を考えたスケジューリングが必要
  • 無理はしない

勉強するなら効率よくしましょう。

とくに教採は対策しないといけないことが多いですからね。

完璧主義の人ほど不合格になりやすいですよ。

ABOUT ME
アバター
福永 真
42歳 関東圏在住/大卒→中学・高校教員(社会科)→教育出版業を経て教職コンサルタントとして躍進中。教育問題の課題、解決に向けたセミナーを開催・企画しています。