使わなくなった参考書買取キャンペーン

福井県教員採用 論文試験の傾向|添削を受けて効果的に攻略!

福井県教員採用 論文試験

福井県の教員を目指している方、どうも、福永( @kyosai365)です。

こういった悩みや不安はありませんか。

田中

論文ってどんな内容なの?
論文の字数ってどれくらい?何分なの?

山口

論文って筆記試験と違って、イマイチ何をすればいいのかわかりずらいですよね。

そういった悩みや不安を解消します!

この記事は「福井県教員採用 論文試験」に関する内容をまとめています。

  • 論文って、何を書くんだろう。
  • 勉強法が知りたい

って人は参考になるはずですよ。

ぜひ、はやめに確認して対策できるようにしましょう。

まだ福井県の試験について知らないって人は先に福井県教員採用 合格に必要な情報まとめをチェックしてください。

福井県教員採用 論作文の傾向

福井県の論文は「文部科学省」や「中央教育審議会」が出す答申や通知などの資料から出題されます。

その資料をもとにして、論点や自分の特性などを総じて書き上げる試験です。

攻略するには教育時事の知識や自己分析が必要。

CHeck It

dmenu ニュース

dmenu ニュース

株式会社NTTドコモ無料posted withアプリーチ

福井県教員採用 論作文の試験時間

試験時間 60分

福井県教員採用 論作文の文字数

文字数 800字

福井県教員採用 論作文の勉強法

論作文の勉強法に対する僕の意見はこうです。

はやめに添削者を探すようにしましょう。

後からだと他の受験者も同様に探すので満足いくまで指導を受けれない可能性があります。

論作文でおすすめの予備校

先日、こういったツイートをしました。

これに関していえば、おすすめできる予備校は<資格の学校TAC「教採対策講座」>です。

資格の学校TAC「教採対策講座」

理由は、

  • 添削指導が無制限に受けられる
  • 低価格
  • 講師の質

の3点。

実際10万円ほどで論作文の添削指導に加えて面接対策も無制限でやってくれるので面接試験重視の現状では1択ですね。

福井県教員採用 論作文の出題例(過去問)

2016年(平成29年度)以降の問題をまとめています。

ぜひ、一度書いて添削を受けてみましょう。

福井県教員採用 2019年(令和2年度) 論文の問題

あなたは「確かな学力」を育成するためにはどのような授業を行いますか。また,そのような授業を行うために,あなた自身の資質・能力をどのように高めようと考えますか。あなたの受験校種・教科を明記し、それに適した内容とすること。

 

①確かな学力とはどのような学力か明らかにして論ずること。
②確かな学力を育成するための授業とはどのような授業か具体的に論じること。
③上記②の授業を実践するためにどのような自己研鑽をするか具体的に論ずること。

福井県教員採用 2018年(平成31年度) 論文の問題

あなたは、自分自身の教員としての資質能力をどのように向上させていきますか。次の3つの点に留意し、論じなさい。なお、あなたの受験校種・教科を明記し、それに適した内容とすること。

 

① あなたが向上させたい資質能力を具体的に説明すること。
② 上記の資質能力を向上させる必要性を、具体的に論じること。
③ 上記の資質能力を向上させるために、どのような努力や実践を行うのか、具体的に論じること。

福井県教員採用 2017年(平成30年度) 論文の問題

  • 特にこれからの時代に求められる資質・能力将来の予測が困難な複雑で変化の激しい社会や、グローバル化が進展する社会に、どのように向き合い、どのような資質・能力を育成していくべきか。

上記の文章を読んで、次の3つの点に留意し、論じなさい。なお、あなたの受験校種・教科を明記し、それに適した内容とすること。
①「将来の予測が困難な複雑で変化の激しい社会や、グローバル化が進展する社会」とはどのような社会であるのか、例を1 つあげて具体的に説明すること。
② ①で説明した社会に対する児童生徒の向き合い方について論じること。
③ ②で論じた向き合い方に対応するため、児童生徒にどのような資質・能力を学校教育の中で育成していくか論じること。

福井県教員採用 2016年(平成29年度) 論文の問題

  • これまで教員として不易とされてきた資質能力に加え、a自律的に学ぶ姿勢を持ち、時代の変化や自らのキャリアステージに応じて求められる資質能力を生涯にわたって高めていくことのできる力や、b情報を適切に収集し、選択し、活用する能力や知識を有機的に結びつけ構造化する力
  • cアクティブ・ラーニングの視点からの授業改善に対応できる力量、d道徳教育の充実に対応できる力量、e小学校における外国語教育の早期化・教科化に対応できる力量、f ICTの活用に対応できる力量、g発達障害を含む特別な支援を必要とする児童生徒等への対応ができる力量
  • h「チーム学校」の考え方の下、多様な専門性を持つ人材と効果的に連携・分担し、組織的・協働的に諸問題の解決に取り組む力

上記の資質能力について、次の3つの点に留意し、論じなさい。なお、あなたの受験校種・教科を明記し、それに適した内容とすること。
①これまで教員として不易とされてきた資質能力とは何かを論じること。
②教員に新たに求められる資質能力について、下線部a ~ hから1つ選択し、それが求められるようになった背景について論じること。
③不易とされてきた資質能力と新たな資質能力をあなた自身がどのように高めていくかを論じること。

福井県教員採用 論文まとめ

この記事は「福井県教員採用 論文試験」の内容をまとめていました。

論文試験は一人では対策することができません。

プロにお願いして添削指導を受けるようにすることが攻略への近道です。

はやめに対策を心がけましょう。