兵庫県教員採用試験

兵庫県教員採用試験 合格するための情報まとめ

兵庫県教員採用試験の情報をまとめています。
兵庫県の教員になりたいけど、試験の日程とか倍率とか全体像が知りたい

と、いった質問に回答します。

どうも、福永です。

この記事は「兵庫県教員採用試験の詳細」を簡単にまとめています。

こんなツイートをしました。

これを深堀します。

いざ試験勉強をはじめようと思っても、試験内容や日程がわからないと計画を立てることができませんよね。

実施される試験も年々、複雑になってきているので試験を知ることは必須です。

はじめて試験を受ける人、兵庫県の情報を確認したい人は是非ご覧ください。

兵庫県教員採用試験 概要

兵庫県の公立学校で教員をするには「兵庫県教員採用試験」に合格しなければいけません。

試験は年1回実施されており、筆記試験や面接試験などが課されます。

試験は自治体ごとにおこなっているため、もし神戸市で教員をしたいなら「神戸市教員採用試験」を受験する必要があるので覚えておきましょう。

神戸市教員採用試験のまとめ
【まとめ】神戸市教員採用試験 日程はいつ?合格へ向けた一歩を踏み出そう神戸市教員採用試験の試験日程は?どんな試験内容?倍率は?教養試験の傾向は?など、試験に合格するための情報をまとめました。本記事を読むことで神戸市の教員になるために必要なことがわかります。...

兵庫県教員採用試験 求める教員像って何?

教員採用試験は各都道府県・政令指定都市が独自に採用試験をおこなっています。

そのため求める人材(教員像)も自治体ごとに設定されているんですね。

「こういった人物を募集しています」といったメッセージなので自己PRや志望動機を考えるときに知っておいたほうがいいですよ。

よく面接試験でも聞かれることがあるので、受験する以上は知っておきましょう。

兵庫県が求める教員像は次のとおり。

  1. 知・徳・体の調和がとれ、自立して生涯にわたって自らの夢や志の実現に努力する人
  2. ふるさとを愛し、互いに支え合い協力しながら、明日の兵庫を切り拓き、日本の未来を担う人
  3. 我が国の伝統と文化を基盤として、創造性やチャレンジ精神をもって国際社会に貢献できる人

兵庫県教員採用試験 日程

兵庫県の採用試験は7月~8月に実施されます。

2019年(令和2年度)の日程は次のとおり。

申込受付 【郵送受付】
5月7日~5月17日(消印有効)
1次試験 7月6日(土)、20日(土)
1次試験合格発表 8月8日(木)
2次試験 8月16日~27日の中で指定された日
最終合格発表 9月27日
【2020年度】教員採用試験 日程一覧まとめ2020年(平成32年度、令和2年度)の試験日程をまとめました!併願や受験先の試験日を確認して対策をしましょう!...

兵庫県教員採用試験 年齢制限

教員採用試験は「経験豊富な人材を採用するために年齢制限を撤廃している地域」と「若手の人材育成を目的として年齢制限を強めている地域」があります。

兵庫県の年齢制限は「昭和44年4月2日以降に生まれた人」です。50歳未満まで受験できるため、幅広い人にチャンスがあります。

2019年(令和2年度)の試験より年齢制限が実質撤廃(昭和35年4月2日以降に生まれた人)となりました!

関連記事 教員採用試験 何歳まで受験できる?年齢が高くても合格できるのか?

兵庫県教員採用試験 採用人数と募集教科

採用人数や募集教科は教員の欠員や退職者、学校の数などから決定されます。

そのため必ず採用があるわけではないので、注意が必要。

2019年(令和2年度)の試験は小学校で90人減るなど全体的に減っており905人の採用を予定。

2019年(令和2年度)の募集人数は次のとおり。

募集教科 採用人数
小学校 340人
小学校(特別支援) 20人
中学国語 28人
中学社会 34人
中学数学 37人
中学理科 28人
中学音楽 18人
中学美術 13人
中学保健体育 35人
中学家庭 16人
中学技術 10人
中学英語 31人
中学校(特別支援) 20人
高校国語 26人
高校地歴公民 22人
高校数学 13人
高校物理 1人
高校化学 3人
高校生物 8人
高校音楽 1人
高校美術 1人
高校書道 1人
高校保健体育 22人
高校家庭 3人
高校看護 2人
高校福祉 4人
高校情報 3人
高校農業 8人
高校水産 1人
高校工業 15人
高校商業 3人
高校英語 33人
特別支援学校 50人
養護教諭 40人
栄養教諭 15人
SPONSERD LINK

兵庫県教員採用試験 倍率

2019年(令和2年度)の最終倍率は5.8倍でした。

昨年が6.7倍だったのでかなり下がりました。

しかし全国平均が4倍程度なので、まだまだ高い自治体であることがわかりますね。

2019年(令和2年度)の合格者概要は次のとおり。

受験者 合格者 倍率
小学校 1,769 360 4.9
中学校 1,322 270 4.9
高等学校 1,453 170 8.5
養護教諭 329 40 8.2
栄養教諭 93 16 5.8
特別支援学校 271 50 5.4
合計 5,237 906 5.8

科目ごと、過去の倍率は「兵庫県教員採用試験 倍率の上昇がやばいぞ!」にまとめています。

兵庫県教員採用試験 どんな内容の試験があるの?

兵庫県の試験内容は筆記試験面接試験が実施されます。

筆記試験は教養試験や専門教養に大別され、面接試験も個人面接や模擬授業などにわけることができます。

ひとえに試験といっても種類がたくさんあるので正確に試験内容を理解しておくことが重要です。

兵庫県で実施される試験内容は次のとおり。

1次試験 教養試験
専門教養
集団面接
2次試験 個人面接
模擬授業
実技試験

兵庫県教員採用試験 教養試験の内容

2019年(令和2年度9)より試験内容の見直しが公表されています。データは昨年のものです。

  • 試験時間:80分→60分へ変更
  • 問題数:70問→??
  • 形式:マークシート方式

出題科目数が全国で1番多かった兵庫県の問題がどう変わるのか・・・。

昨年までの出題傾向を「兵庫県教員採用試験 教養試験は全国で1番科目数が多い」で深堀しています。

兵庫県教員採用試験 専門教養の内容

  • 試験時間:90分
  • 問題数:科目による
  • 形式:記述式

専門教養は教養試験以上に力をいれましょう。

理由は配点が教養試験の2倍つくからです。

教養試験は100点、専門教養は200点なので高得点ほど有利になりますよね。

兵庫県教員採用試験 集団面接の内容

試験時間:20分受験者:8人試験官:2人

1次試験に集団面接が実施されます。

集団面接と書いていますが、内容は討論です。

傾向を「兵庫県教員採用試験 面接の配点は〇〇点!できないと不合格」で書いています。参考にしてください。

兵庫県教員採用試験 個人面接の内容

  • 試験時間:25分
  • 面接官:3人
  • 内容:場面指導があり。

個人面接は2次試験であります。

配点が180点あり、2次試験で1番高いです。

傾向を「兵庫県教員採用試験 面接の配点は〇〇点!できないと不合格」で書いています。参考にしてください。

兵庫県教員採用試験 模擬授業の内容

  • 試験時間:15分
  • 試験官:3人
  • 課題:事前公表

模擬授業は個人面接と同じ枠であります。

配点は120点あり、評価が低いと合格は厳しいです。

傾向を「兵庫県教員採用試験 面接の配点は〇〇点!できないと不合格」で書いています。参考にしてください。

兵庫県教員採用試験 実技試験の内容

小学校
特別支援学校
  • 歌唱:「こいのぼり」(文部省唱歌)
  • 器楽:「とんび」(文部省唱歌)
  • 器械運動(マット運動)
  • ボール運動(バスケットボール)
音楽
  • 弾き語り
  • 和楽器演奏(任意の楽器、任意の曲)
  • 専門実技
家庭 被服、食物に関する基礎的・基本的な技術
理科 実験、観察
保健体育
  • 器械運動
  • 陸上競技
  • 水泳
  • 球技(バスケットボールまたはバレーボール)
  • 武道(柔道または剣道)またはダンス
英語 英語によるコミュニケーション
美術
  • 鉛筆デッサン
  • 基礎デザイン(色彩構成)
技術
  • ものづくりに関する基礎的技術
  • パソコンに関する基礎的技術
工業
  • 機械:機械に関する基礎的技術
  • 電気・電子:電気・電子に関する基礎的技術
  • 建築:建築に関する基礎的技術
書道
  • 毛筆
  • 硬筆
商業 コンピュータの活用技術
情報 コンピュータの活用技術
養護教諭 養護教諭の職務に関する基礎的技術

兵庫県教員採用試験 主な特例(特別)選考

全国的に経験者を積極的に採用する傾向が強くなっています。

一般選考とは別に特別選考をおこなっており、該当する人は筆記試験の免除など優遇措置を受けることができます。

兵庫県でおこなっている主な特別選考は、

  • 正規教諭特別選考
  • 社会人特別選考

兵庫県教員採用試験 正規教諭特別選考

1次試験の教養試験と専門教養を免除。

2020年(令和2年)3月31日現在、休職・育児休業期間等、勤務実態のない期間を除き、2年以上の勤務経験を有する者。

兵庫県教員採用試験 社会人特別選考

高校看護、高校福祉を受験する人で、看護師や介護福祉の正規職員として5年以上の勤務実績がある人は、教員免許がなくても受験することができます。試験内容は一般選考と同じ。

兵庫県教員採用試験のまとめ

教員の大量採用が終わって、今後は狭き門になっていきます。

合格しやすい、今の時代がチャンスだと思って、準備していきましょう。

まずは対策に時間のかかる教養試験です。傾向を「兵庫県教員採用試験 教養試験は全国で1番科目数が多い」で書いているので参考にしてください。

兵庫県教員採用試験の情報をまとめています。
兵庫県教員採用試験 教養試験が難しい理由|一般教養を攻略せよ!勉強法は科目の出題数を知り、傾向を知ること。過去問などを分析することで傾向を知れます。勉強法が知りたい人は読んでおきましょう。...
ABOUT ME
アバター
福永 真
42歳 関東圏在住/大卒→中学・高校教員(社会科)→教育出版業を経て教職コンサルタントとして躍進中。教育問題の課題、解決に向けたセミナーを開催・企画しています。