茨城県

茨城県教員採用試験 倍率を知って合格への準備をはじよう

茨城県の教員採用試験って、倍率は高い?

と、いう質問に回答します。

どうも、福永です。

本記事の内容は、

  1. 最新倍率の講評
  2. 1次試験の倍率
  3. 2次試験の倍率
  4. 過去の倍率

です。

本記事を読むことで茨城県の競争率(難易度)を知ることができます。

競争率を知ることで、どの試験に力をいれて対策をすればいいか分かります。

試験勉強をはじめる前に確認しておきましょう。

茨城県教員採用試験 2018年(平成31年度)倍率

最終結果は3.1倍でした。

過去の倍率をみると2016年3.6倍→2017年3.4倍なので徐々に下がっていますね。

同じ関東圏の自治体と比べると、

  • 東京都2.9倍
  • 千葉県3.4倍
  • さいたま市3.9倍
  • 栃木県4.0倍
  • 埼玉県4.3倍
  • 群馬県4.9倍
  • 神奈川県4.9倍

と、なっていて関東圏でも低い位置にあることがわかります。

校種ごとの倍率は、

受験者 合格者 倍率
小学校 786 348 2.3
中学校 828 273 3.0
高等学校 709 157 4.5
特別支援学校 204 78 2.6
養護教諭 211 31 6.8
栄養教諭 54 10 5.4
全体 2792 897 3.1

と、なっています。

科目ごとの倍率は、

中学校 受験者 合格者 倍率
国語 77 33 2.3
社会 152 29 5.2
数学 113 41 2.8
理科 75 41 1.8
音楽 31 12 2.6
美術 19 13 1.5
保健体育 221 36 6.1
技術 26 12 2.2
家庭 19 13 1.5
英語 95 43 2.2
高等学校 受験者 合格者 倍率
国語 74 25 3.0
世界史 26 7 3.7
日本史 61 4 15.3
地理 13 4 3.3
公民 18 2 9.0
数学 83 17 4.9
物理 20 6 3.3
化学 21 5 4.2
生物 51 6 8.5
地学 4 2 2.0
保健体育 135 13 10.4
音楽 17 4 4.3
美術 24 3 8.0
書道 7 1 7.0
英語 52 25 2.1
家庭 13 7 1.9
農業 13 4 3.3
工業 30 10 3.0
商業 34 6 5.7
水産 1 1 1.0
看護 1 1 1.0
福祉 4 2 2.0
情報 7 2 3.5

と、なっています。

受験する校種・科目の倍率を確認してください。

SPONSERD LINK

茨城県教員採用試験 1次試験の倍率

1次試験の平均倍率は1.9倍でした。

関東圏の自治体と比べると、

  • 千葉県1.9倍
  • さいたま市1.9倍
  • 神奈川県2.0倍
  • 栃木県2.0倍
  • 埼玉県2.1倍
  • 東京都2.8倍
  • 群馬県2.9倍

と、なっており同水準です。

校種・科目ごとの1次試験倍率は、

受験者 合格者 倍率
小学校 787 490 1.6
中学校 828 477 1.7
高等学校 709 280 2.5
特別支援学校 204 129 1.6
養護教諭 211 62 3.4
栄養教諭 54 18 3.0
中学校 受験者 合格者 倍率
国語 77 62 1.2
社会 152 55 2.8
数学 113 82 1.4
理科 75 56 1.3
音楽 31 23 1.3
美術 19 17 1.1
保健体育 221 69 3.2
技術 26 22 1.2
家庭 19 17 1.1
英語 95 74 1.3
高等学校 受験者 合格者 倍率
国語 74 47 1.6
世界史 26 15 1.7
日本史 61 10 6.1
地理 13 8 1.6
公民 18 8 2.3
数学 83 32 2.6
物理 20 9 2.2
化学 21 7 3.0
生物 51 14 3.6
地学 4 2 2.0
保健体育 135 24 5.6
音楽 17 6 2.8
美術 24 6 4.0
書道 7 2 3.5
英語 52 38 1.4
家庭 13 10 1.3
農業 13 8 1.6
工業 30 16 1.9
商業 34 10 3.4
水産 1 1 1.0
看護 1 1 1.0
福祉 4 3 1.3
情報 7 3 2.3

と、なっています。

科目によっては高倍率になっています。

1次試験は筆記試験がメインとなるのでしっかり対策しましょう。

茨城県教員採用試験 2次試験の倍率

2次試験の平均倍率は1.6倍でした。

校種、科目ごとの2次試験倍率は、

受験者 合格者 倍率
小学校 490 348 1.4
中学校 466 273 1.7
高等学校 270 157 1.7
特別支援学校 129 78 1.7
養護教諭 62 31 2.0
栄養教諭 18 10 1.8
中学校 受験者 合格者 倍率
国語 61 33 1.8
社会 54 29 1.9
数学 79 41 1.9
理科 56 41 1.4
音楽 23 12 1.9
美術 17 13 1.3
保健体育 68 36 1.9
技術 20 12 1.7
家庭 16 13 1.2
英語 72 43 1.7
高等学校 受験者 合格者 倍率
国語 46 25 1.8
世界史 14 7 2.0
日本史 10 4 2.5
地理 8 4 2.0
公民 6 2 3.0
数学 31 17 1.8
物理 9 6 1.5
化学 7 5 1.4
生物 13 6 2.2
地学 2 2 1.0
保健体育 23 13 1.8
音楽 6 4 1.5
美術 6 3 2.0
書道 2 1 2.0
英語 37 25 1.5
家庭 10 7 1.4
農業 7 4 1.8
工業 16 10 1.6
商業 10 6 1.7
水産 1 1 1.0
看護 1 1 1.0
福祉 2 2 1.0
情報 3 2 1.5

と、なっています。

1次試験、2次試験の倍率をみくらべると茨城県は1次試験を合格することが重要ということがわかりますね。

茨城県 教員採用試験 教養試験の傾向×難易度×過去問他」で傾向をまとめています。読んでおきましょう。

茨城県教員採用試験 過去の倍率

茨城県教員採用試験 倍率

終わりに

教員の補充も数を満たしてきているので、これからは採用数を抑制する動きが出始めると思います。

合格できやすい今の時代をチャンスを思って準備していきましょう。

ABOUT ME
福永 真
大学卒業後、9年間中学・高校の社会科教諭として勤務。家庭の事情で退職後、某出版社へ就職。教員採用試験の担当を7年経験して41歳で独立。現在、大学や短大で今までの経験を活かし、教職アドバイザーとして活動中。高校受験の家庭教師もやっています。