都道府県別試験情報

鹿児島県教員採用試験 ついに高倍率から脱却!?

鹿児島県って全国でも高倍率って聞くけどそんなに高いの?

と、いった質問に回答します。

どうも、福永です。

本記事の内容は、

  1. 2018年試験の倍率講評
  2. 1次試験の倍率
  3. 2次試験の倍率
  4. 過去の倍率

です。

例年、鹿児島県は全国で高倍率ランキング2位でした。

しかし、今年はついに陥落!?

本記事を読むことで最新の倍率から過去の倍率、1次試験、2次試験ごとの倍率まで知ることができます。

関連記事 鹿児島県 教員採用試験まとめ

鹿児島県教員採用試験 2018年(平成31年度)倍率の講評

2018年の最終結果は5.8倍でした。

全国的に高倍率が続いていた鹿児島県ですが、

2015年10.9倍→2016年9.9倍→2017年8.3倍と年々、倍率が下がってきてついに6倍をきる低倍率となりました。

しかし九州圏内の自治体と比べると、

北九州市2.3倍
福岡県2.9倍
佐賀県3.0倍
長崎県3.1倍
大分県3.7倍
宮崎県3.8倍
熊本市4.5倍
熊本県5.0倍
鹿児島県5.8倍
福岡市6.2倍
沖縄県8.8倍

まだまだ、高倍率ですね。

校種ごとの倍率は、

受験数 合格数 倍率
小学校 698 165 4.2
中学校 472 60 7.9
高等学校 479 42 11.4
特別支援学校 133 34 3.9
養護教諭 97 26 3.7
栄養教諭 59 5 11.8
合計 1938 332 5.8

と、なっています。

中学校、高等学校、栄養教諭は高倍率が続いています。

科目ごとの倍率は、

中学校 受験数 合格数 倍率
国語 62 6 10.3
社会 66 4 16.5
数学 72 9 8.0
理科 54 9 6.0
音楽 30 3 10.0
美術 6 1 6.0
保健体育 71 8 8.9
技術 11 1 11.0
家庭 13 1 13.0
英語 87 18 4.8
高等学校 受験数 合格数 倍率
国語 52 4 13.0
地理歴史 48 4 12.0
公民 21 1 21.0
数学 77 4 19.3
理科 66 2 33.0
音楽 13 2 6.5
美術 14 2 7.0
保健体育 77 4 19.3
家庭 23 3 7.7
英語 22 4 5.5
農業 9 4 2.3
商業 40 3 13.3
工業 16 4 4.0
水産 1 1 1.0

と、なっています。

志望する校種・科目を確認しましょう。

SPONSERD LINK

鹿児島県教員採用試験 1次試験の倍率

1次試験の平均倍率は3.0倍でした。

筆記試験がメインですが、3倍を超えると難易度は一気に上がるので対策時間を多くする必要がありますね。

九州圏内の自治体と比べると、

北九州市1.6倍
大分県1.7倍
長崎県1.8倍
福岡市1.8倍
熊本市1.9倍
佐賀県2.0倍
福岡県2.0倍
宮崎県2.4倍
熊本県2.5倍
鹿児島県3.0倍
沖縄県5.5倍

1次試験の難易度が高いことがわかりますね。

校種、科目ごとの1次試験倍率は、

受験数 合格数 倍率
小学校 698 278 2.5
中学校 472 120 3.9
高等学校 479 132 3.6
特別支援学校 133 61 2.2
養護教諭 97 52 1.9
栄養教諭 59 10 5.9
中学校 受験数 合格数 倍率
国語 62 12 5.2
社会 66 8 8.3
数学 72 15 4.8
理科 54 15 3.6
音楽 30 6 5.0
美術 6 4 1.5
保健体育 71 16 4.4
技術 11 4 2.8
家庭 13 4 3.3
英語 87 36 2.4
高等学校 受験数 合格数 倍率
国語 52 15 3.5
地理歴史 48 12 4.0
公民 21 4 5.3
数学 77 12 6.4
理科 66 8 8.3
音楽 13 8 1.6
美術 14 6 2.3
保健体育 77 16 4.8
家庭 23 9 2.6
英語 22 12 1.8
農業 9 8 1.1
商業 40 9 4.4
工業 16 12 1.3
水産 1 1 1.0

と、なっています。

鹿児島県教員採用試験 2次試験の倍率

2次試験の平均倍率は2.0倍です。

校種、科目ごとの倍率は、

受験数 合格数 倍率
小学校 278 165 1.7
中学校 120 60 2.0
高等学校 132 42 3.1
特別支援学校 61 34 1.8
養護教諭 52 26 2.0
栄養教諭 10 5 2.0
合計 653 332 2.0
中学校 合格数 合格数 倍率
国語 12 6 2.0
社会 8 4 2.0
数学 15 9 1.7
理科 15 9 1.7
音楽 6 3 2.0
美術 4 1 4.0
保健体育 16 8 2.0
技術 4 1 4.0
家庭 4 1 4.0
英語 36 18 2.0
高等学校 合格数 合格数 倍率
国語 15 4 3.8
地理歴史 12 4 3.0
公民 4 1 4.0
数学 12 4 3.0
理科 8 2 4.0
音楽 8 2 4.0
美術 6 2 3.0
保健体育 16 4 4.0
家庭 9 3 3.0
英語 12 4 3.0
農業 8 4 2.0
商業 9 3 3.0
工業 12 4 3.0
水産 1 1 1.0

と、なっています。

難関の1次試験を突破しても油断はできませんね。しかし、1次試験よりは倍率が低いので1次試験に時間をかけた対策が好ましいです。

鹿児島県教員採用試験 過去の倍率

鹿児島県教員採用試験 倍率

終わりに

全体の倍率は下がりましたが、科目によっては高倍率が続いています。

狭き門ですが、諦めずに勉強することが大切ですね。

ABOUT ME
福永 真
大学卒業後、9年間中学・高校の社会科教諭として勤務。家庭の事情で退職後、某出版社へ就職。教員採用試験の担当を7年経験して41歳で独立。現在、大学や短大で今までの経験を活かし、教職アドバイザーとして活動中。高校受験の家庭教師もやっています。