神奈川県教員採用試験

神奈川県教員採用試験 倍率1.1倍の時代到来!?【情報まとめ】

神奈川県教員採用試験の詳細をまとめています。
神奈川代表
神奈川代表
神奈川県の教員を目指しています。倍率ってどれくらい?ほかにも試験日程や内容などが知りたいです

と、いった質問に回答します。

どうも、福永です。

この記事は「神奈川県教員採用試験の概要(倍率、内容、日程など)」を簡単にまとめています。

下記ツイートをしました。

試験の内容や倍率を知れば対策すべきことが見えてきます。

例えば2019年度 中学校国語の1次試験は1.1倍でした。

でも2次試験は2.2倍。

二次試験に力を入れたほうがいいですね。倍率をしれば対策すべきものをしれますよ。過去の倍率ものせているので参考にしてください。

これから対策をはじめる人は必見です。

神奈川県教員採用試験の概要

まずは全体をみておきましょう。

神奈川県教員採用試験 受験資格(年齢制限)

2019年(令和2年度)の年齢制限は次のとおり。

昭和35年4月2日以降に生まれた人

※受験する校種・教科の免許を持っている(見込み)人
※地方公務員法第16条及び学校教育法第9条に該当しない人(下記参照)

〔欠格事項〕
ア 成年被後見人又は被保佐人
イ 禁錮以上の刑に処せられた者
ウ 神奈川県職員として懲戒免職の処分を受け、当該処分の日から2年を経過しない者
エ 教育職員免許法第10条第1項第2号又は第3号に該当することにより免許状がその効力を失い、当該失効の日から3年を経過しない者
オ 教育職員免許法第11条第1項から第3項までの規定により免許状取上げの処分を受け、3年を経過しない者

関連記事教員採用試験 年齢制限は何歳?年齢が高くても合格できるのか?

SPONSERD LINK

神奈川県教員採用試験 日程

2019年(令和2年度)の年齢制限は次のとおり。

受付期間 4月24日~5月20日
一次試験 7月14日(日)
一次試験
合格発表
7月26日
二次試験 ①8月5日~26日の間で指定された日
②8月21日、22日(注1)
最終合格 10月1日

注1)実技試験のある科目のみ

関連記事【2020年度】教員採用試験 日程一覧まとめ




神奈川県教員採用試験 募集教科と採用人数

志望する校種(教科)の募集が必ずあるとはかぎりません

採用数は今後抑えられていく方向にあるので注意が必要です。

2019年(令和2年度)の募集教科と採用予定数は次のとおり。

校種・科目 採用予定数
小学校 355
中学校 国語 32
社会 20
数学 32
理科 22
音楽 10
美術 16
保健体育 22
技術 8
家庭 8
英語 20
高等学校 国語 60
地歴公民(注1) 60
数学 55
情報(注2) 8
理科 40
音楽 3
美術 3
保健体育 40
家庭 10
英語 85
工業(注3) 11
商業 2
農業 3
特別支援学校 125
養護教諭 20

注1)地理歴史及び公民の弁居城が必要(取得見込み可)
注2)情報の免許状の他に高等学校教員免許が必要
注3)建築、機械、電気、デザイン、化学を募集

神奈川県教員採用試験 特別選考

今までの経験や職歴の応じて一般選考とは別に試験の免除などを受けることができます。

2019年(令和2年度)の当別選考は次のとおり。

区分 条件 免除
教職経験者 国公私立学校において正規教員、常勤講師として平成27年4月1日~平成31年3月31日までの間に通算1年以上の勤務経験がある人 教養
試験
社会人経験者 民間企業、官公庁等で正規社員として平成26年4月1日~平成31年3月31日までに3年以上の勤務経験がある人 教養
試験
スポーツ・芸術
特別選考(注1)
国際的又は全国的規模の大会・コンクール等において優秀な実績がある人(注2) 専門
教養
英語資格所有者(注3) 次のいずれかを持っている人

  • TOEIC730点以上
  • TOEFL80点以上
  • 実用英語技能検定準一級以上
専門
教養
かながわティーチャーズカレッジ修了者 かながわティーシャーズカレッジの平成30年度修了者 教養
試験
障害者特別選考 次のいずれかに該当する人

  • 身体障害者手帳の交付を受けている人
  • 療育手帳の交付を受けている
  • 知的障害があると判定された人
  • 精神障害者保健福祉手帳を持っている

注1)対象は中学・高校の音楽、美術、保健体育
注2)高等学校以降の成績(平成23年4月1日以降の実績)
注3)対象は中学・高校の英語

関連記事教員採用試験 一般選考と講師経験者採用 合格率の違いはあるの?

関連記事【社会人経験】教員採用試験 特別選考とは【講師経験】

神奈川県教員採用試験 内容

2019年(令和2年度)の試験内容は次のとおり。



試験時間
問題
内容




60分
50問
教職教養と一般教養

関連記事
神奈川県教員採用試験 教養の勉強法|出題傾向を知れば簡単に攻略できる話

60分
科目による
教科に関する専門試験
60分
800字
教育関連に関する思考力・論理力・表現力を評価する論文試験(注1)

 

関連記事
神奈川県教員採用試験 小論文は過去問を読んで傾向をつかめ!





個人面接

 

関連記事
神奈川県教員採用試験 二次試験は面接のオンパレード

模擬授業・集団討議

 

関連記事
神奈川県教員採用試験 二次試験は面接のオンパレード


教科に対する実力を確認する実技試験(注2)

注1)評価は二次試験でおこなわれる。
注2)中学・高校の音楽、美術、保健体育、技術、家庭、英語のみ実施




神奈川県教員採用試験 求める教員像

教員採用試験では、都道府県・政令市ごとに「求める教員像」があります。

「こういう人物を採用したい」という採用者側からのメッセージです。面接試験でも、質問されることが増えているため、内容を理解しましょう。

神奈川県では3つの要素を求める教員像としています。

  1. 人格的資質と情熱を持っている人
  2. 子どもや社会の変化による課題を把握し解決できる人
  3. 子どもが自ら取り組むわかりやすい授業を実践できる人

人格的資質と情熱を持っている人

  • 豊かな人間性と社会性、高い対人関係能力とコミュニケーション能力を持っている人
  • 子どもへの教育的愛情と責任感、教職に対する使命感と誇りを持っている人
  • 高い倫理観をもち、公平・公正に行動できる人
  • 変化に対応し、学び続ける向上心を持っている人

子どもや社会の変化による課題を把握し解決できる人

  • 子どもをよく理解し、多様な教育的ニーズに対して適切に対処・指導できる人
  • 得意分野をもち、個性豊かで、連携・協力しながら指導できる人
  • 教職員全体と協力し、学校全体を意識しながら組織的に取り組むことができる人
  • 保護者、地域の人々と協力して取り組むことができる人

子どもが自ら取り組むわかりやすい授業を実践できる人

  • 子どものやる気を引き出し、意欲を高めることができる人
  • わかりやすい授業の実践ができる人
  • 高い集団指導の力をもち、望ましい学級づくりができる人
  • 授業研究を生かした行内研修に進んで取り組むことができる人

面接試験や論作文試験で出題されることがあります。

受験する以上は知っておく必要があるので覚えておきましょう。

神奈川県教員採用試験 倍率

平成29年度以降の倍率をまとめています。

神奈川県教員採用試験 2019年(令和元年度)の倍率

受験区分 受験者 合格者 倍率
小学校 1227 415 3.0
中学校 国語 97 35 2.8
社会 247 23 10.7
数学 178 35 5.1
理科 119 26 4.6
音楽 60 10 6.0
美術 31 11 2.8
保健体育 270 23 11.7
技術 10 6 1.7
家庭 20 11 1.8
英語 152 22 6.9
高等学校 国語 236 74 3.2
地歴公民 376 67 5.6
数学 312 60 5.2
情報 41 11 3.7
理科 299 47 6.4
音楽 39 3 13.0
美術 32 3 10.7
保健体育 453 47 9.6
家庭 41 11 3.7
英語 268 96 2.8
工業 52 12 4.3
商業 26 3 8.7
農業 29 3 9.7
特別支援学校 410 151 2.7
養護教諭 236 21 11.2




神奈川県教員採用試験 2018年(平成31年度)の倍率

受験区分 受験数 合格数 倍率
小学校 1370 404 3.4
中学校 国語 118 39 3.0
社会 261 25 10.4
数学 168 27 6.2
理科 120 27 4.4
音楽 41 5 8.2
美術 39 16 2.4
保健体育 258 22 11.7
技術 13 6 2.2
家庭 24 14 1.7
英語 169 29 5.8
高等学校 国語 252 71 3.5
公民 106 12 8.8
地歴 385 55 7.0
数学 351 54 6.5
情報 47 7 6.7
理科 337 47 7.2
音楽 50 3 16.7
美術 40 3 13.3
保健体育 499 43 11.6
家庭 43 10 4.3
英語 307 86 3.6
工業 58 20 2.9
商業 29 3 9.7
農業 31 4 7.8
水産 3 1 3.0
特別支援 414 136 3.0
養護教諭 232 15 15.5

神奈川県教員採用試験 2017年(平成30年度)の倍率

受験区分 受験数 合格数 倍率
小学校 1370 404 3.4
中学校 国語 118 39 3.0
社会 261 25 10.4
数学 168 27 6.2
理科 120 27 4.4
音楽 41 5 8.2
美術 39 16 2.4
保健体育 258 22 11.7
技術 13 6 2.2
家庭 24 14 1.7
英語 169 29 5.8
高等学校 国語 252 71 3.5
公民 106 12 8.8
地歴 385 55 7.0
数学 351 54 6.5
情報 47 7 6.7
理科 337 47 7.2
音楽 50 3 16.7
美術 40 3 13.3
保健体育 499 43 11.6
家庭 43 10 4.3
英語 307 86 3.6
工業 58 20 2.9
商業 29 3 9.7
農業 31 4 7.8
水産 3 1 3.0
特別支援 414 136 3.0
養護教諭 232 15 15.5

神奈川県教員採用試験 2016年(平成29年度)の倍率

受験区分 受験者 合格者 倍率
小学校 1472 408 3.6
中学校 国語 124 39 3.2
社会 285 30 9.5
数学 201 30 6.7
理科 156 35 4.5
音楽 72 7 10.3
美術 36 17 2.1
保健体育 333 28 11.9
技術 19 8 2.4
家庭 25 8 3.1
英語 184 34 5.4
高等学校 国語 290 70 4.1
公民 422 54 7.8
地理歴史 111 10 11.1
数学 349 52 6.7
情報 48 5 9.6
理科 329 47 7.0
音楽 52 5 10.4
美術 58 6 9.7
保健体育 525 47 11.2
家庭 46 8 5.8
英語 315 90 3.5
工業 58 6 9.7
商業 43 2 21.5
農業 45 2 22.5
特別支援学校 499 131 3.8
養護教諭 254 25 10.2
ABOUT ME
アバター
福永 真
42歳 関東圏在住/大卒→中学・高校教員(社会科)→教育出版業を経て教職コンサルタントとして躍進中。教育問題の課題、解決に向けたセミナーを開催・企画しています。