川崎市教員採用試験

川崎市教員採用試験 教養試験の攻略のヒントは過去問にあり

川崎市教員採用試験 教養試験の傾向

どうも、福永です。

この記事は川崎市教員採用試験の教養試験を攻略する内容を書いています。

先日、こんな内容のツイートをしました。

教員採用試験で1番時間のかかる対策は教養試験ですが、負担を減らすことは十分可能です。攻略のポイントは「過去問」。

傾向や出題数がわかれば自動的に対策方針は決定します。

これついて内容を深堀していきます。

具体的な内容はこちら。

本記事を読むことで川崎市の傾向を知ることができます

傾向がわかれば効率よく勉強できるようになりますよ。ぜひ、ご覧ください。

川崎市教員採用試験 教養試験の基本情報

実施時期 1次試験 実施日 7月14日(日)
試験時間 60分 出題形式 マークシート形式
問題数 50題 解答個数 50個

川崎市の教養試験は「神奈川県」「横浜市」「相模原市」と同じ問題を使って行われます。

出題形式は全問マークシート方式で、出題方法は

  • 「組合せとして正しいもの」
  • 「記述してある内容について適当な(適切でない)もの」
  • 「空欄に当てはまるもの」

などを5つの選択肢から選んで解答します。

配点は1問2点で合計100点満点。

福永
福永
基準点(30点)が設定されています。下回ると不合格なので注意しよう。
SPONSERD LINK

川崎市教員採用試験 試験科目

教員採用試験の教養試験は「教職教養」と「一般教養」をメインとして出題されます。

自治体によっては「地域に特化した問題」や「時事」「一般常識」などの出題もあります。

基礎知識
  • 「教職教養」は学習指導要領や生徒指導など教員として必要な知識。
  • 「一般教養」は中学~高校で学習した国語や数学などの知識。

川崎市で出題される試験科目は、なんと19科目!とても多いです。

出題されている科目は次のとおり。

教育原理 学習指導要領や生徒指導など教員として必要な知識の原点となる科目
教育法規 教育基本法や学校教育法など教員として知っておかないといけない教育関連の法令知識。
教育心理 児童生徒の学習に関する心理過程や成長発達についての基礎的知識。
教育史 日本、世界の教育思想や教育制度を学び、当時の子ども観や教育観がどのように生まれて普及したのかを知る科目
教育時事 文部科学省が出す答申や通知から出題があります。
人文科学 国語、英語、音楽、美術などから出題があります。
社会科学 日本史、世界史、地理、政治、経済のほか法律に関する出題も増えています。
自然科学 数学、物理、化学、生物、地学の出題があります。

関連記事 教員採用試験 教職教養ってどんな科目?勉強法まとめ

川崎市教員採用試験 教養試験の過去問

川崎市教員採用試験 過去問(教育法規)

地方公務員法や教育公務員特例法の規定についての記述として最も適切なものを,次の①~⑤のうちから選びなさい。

  1. 職員は,上司の職務上の命令については,いかなる命令であっても忠実に従わなくてはならない。
  2. 公立学校の教育公務員の政治的行為の制限については,罰則を含めて国家公務員と同様の規定が適用される。
  3. 職員は,勤務時間外の行為については,免職処分を受けることはない。
  4. 教員は,授業に支障がある場合でも,本属長の承認を受ければ,勤務場所を離れて研修を行うことができる。
  5. 教育公務員は,任命権者の定めるところにより,現職のままで,長期にわたる研修を受けることができる。
SPONSERD LINK



川崎市教員採用試験 過去問(地学)

月食についての記述ア~エのうち,正しく述べているものの組合せとして最も適切なものを,後の①~⑤のうちから選びなさい。
  • ア.月食が起こるのは,満月のときである。
  • イ.月食は,地球上のいずれかの場所で毎月 1 回起こる。
  • ウ.皆既月食のとき,月に太陽の光が届かないため月は完全に見えなくなる。
  • エ.太陽-地球-月の順に一直線に並んだとき,月食は起こる。
  1. アとイ
  2. アとウ
  3. アとエ
  4. イとウ
  5. イとエ

川崎市教員採用試験 教養試験の勉強法

勉強したいけど、何から勉強すればいいかわからん。

それもそのはず、だって試験科目は19科目あるわけですから何をすればいいかわからなくても仕方がないです。

まずは過去問を5年分見てみましょう。そうするとやるべき科目が見えてきますよ。

例えば教職教養で「教育心理」って科目があるけど、一般的な出題率は5%程度です。

5%程度なら優先順位は後ですよね。でも、川崎市の過去問をみると教育心理の占有率は25%ほどあることがわかります。

一般的には捨てられがちな教育心理も川崎市では出題占有率が高いので優先して勉強する必要がありそうですね。

福永
福永
過去問を分析するだけで勉強の優先順位を決めることができますよ。

川崎市教員採用試験 教養試験の出題内訳

2018年 2017年 2016年
教育原理 7 5 7
教育法規 6 7 6
教育心理 5 6 5
教育史 1 1 1
教育時事 1 1 1
自治体 0 0 0
合計 20 20 20
科目 2018年 2017年 2016年
国語 5 5 5
英語 3 3 3
技術・家庭
音楽 1 1 1
美術 1 1 1
保健体育
日本史 3 2 3
世界史 1 1
地理 3 2 2
政治 3 4 3
経済 1 1
法律 2 1 2
一般常識 1 1
数学 4 4 4
物理 1 1 1
化学 1 1 1
生物 1 1 1
地学 1 1 1
情報
合計 30 30 30

川崎市教員採用試験 教養試験の出題分野

出題数を知れば科目の優先順位をつけることができましたね。

さらに科目の中でも優先順位がつけれると効果的に勉強できそうですね。

実は科目ごとの分野も傾向がありまして出る分野、出ない分野にわけることが可能です。

具体的にみると教育原理は12~13の分野から構成されていますが、川崎市で出題がある分野は4~5分野ほど。

直近3年間で100%の出題がある分野は次のとおり。

  • 「いじめ」
  • 「人権教育」
  • 「特別支援教育」
  • 「学習指導要領」
福永
福永
つまり教育原理の勉強をするときは、まずこの4分野を優先して勉強するということになります。

関連記事 教育原理の勉強法|攻略すべき分野は〇〇だ!



終わりに

川崎市の教養試験は空欄補充の問題が少なく、複数の分野が複合された問題の出題が多いので難易度は高いです。

そのため合格点もあまり高くなく、倍率の高い高校地歴でも70点前後がボーダーラインとなっています。

無駄な勉強をしないためにも出題傾向を把握してから勉強するようにしましょう。


関連記事 教員採用試験 勉強は質を取るべき?量が大切?

ABOUT ME
アバター
福永 真
42歳 関東圏在住/大卒→中学・高校教員(社会科)→教育出版業を経て教職コンサルタントとして躍進中。教育問題の課題、解決に向けたセミナーを開催・企画しています。