使わなくなった参考書買取キャンペーン

神戸市教員採用 教養試験は難しくない?勉強法を解説します。

悩む人

神戸市の教養試験ってどんな試験なの?傾向とか知りたいな。

このような情報を求めている方、多いのではないでしょうか。

どうも、教職コンサルタントの福永です。

この記事は神戸市教員採用試験の教養試験に関する情報をまとめています。

こういったツイートをしています。

出題傾向を理解して勉強をすることで、少ない時間でも得点が取れるようになりますよ。

試験勉強をはじめる前の傾向分析として活用してください。

神戸市教員採用 教養試験の傾向

神戸市の筆記試験では「教養試験」と「専門教養」の2種類が実施されます。

教員採用の教養試験は「教職教養」と「一般教養」に分類されますが、神戸市では「教職教養」「一般教養」両方から出題となっています。

神戸市教員採用 教養試験の日程

月日
2019年 7月6日(土)
2018年 6月30日(土)
2017年 7月1日(土)

神戸市教員採用 教養試験の時間

試験時間 50分

神戸市教員採用 教養試験の問題数

問題数 50問
解答数 50個

神戸市教員採用 教養試験の科目

過去3年間で出題された科目は、次のとおり。

教育原理 日本史
教育法規 世界史
教育心理 地理
教育史 政治
教育時事 経済
神戸市の問題 数学
国語 物理
英語 化学
倫理 生物
音楽 地学
美術 情報
保健体育 常識・雑学
家庭

神戸市教員採用 教養試験の難易度

神戸市の難易度は高い。

理由としては2つあります。

まず1つ目は、「倍率が高い」です。

「神戸市の倍率」でも書いていますが、1次試験の平均倍率は3倍を超えます。科目によって3倍を超える都道府県は多くありますが、全体的に3倍を超えている地区は少ないです。

2つ目は、「一般教養重視」。

教員採用試験 一般教養の勉強法まとめ|傾向と対策」でも書いていますが、一般教養は苦手な受験者が多いです。

しかし神戸市の教養試験は70%以上が一般教養で占められています。

また出題の多くが常識・雑学問題で対策がしにくいことも理由のひとつになります。

神戸市教員採用 教養試験の勉強法

勉強の仕方に関する僕の意見はこちら。

神戸市で出題される問題数は50問、内訳は教職15問、一般35問で一般教養に比重がある傾向です。

教職14問のうち8問~9問は教育原理と教育法規で占められているので重要だとわかります

とても多くの科目から出題されていることがわかりますよね。

闇雲に勉強しても時間だけが無駄にすぎますよ。

時間を無駄にしないためにも出題傾向を知ることが重要!

神戸市教員採用 教養試験の科目別出題数

過去3年間の科目別出題数は、次のとおり。

教職教養 2018年 2017年 2016年
教育原理 3 2 4
教育法規 4 9 5
教育心理 2 2 2
教育史 1
教育時事 4 2 3
神戸市関係 1 1
合計 15 15 15
一般教養 2018年 2017年 2016年
国語 9 14 7
数学 4 4 2
英語 3 5 3
日本史 0
世界史 0
地理 2
政治 1 1
経済 0
物理 0
化学 0 1
生物 0
地学 1
音楽 1 1
美術 1
家庭 0 1
体育 0
情報 1 1
常識・雑学 11 11 4
神戸市(一般) 1
合計 35 35 20

テキスト選びがとても重要

正直、使える参考書から、まったく覚えることに適していないものまでたくさんあります。使うテキストでかかる時間も変わってくるので慎重に選ぶようにしましょう。

神戸市教員採用 教養試験の出題例(過去問)

神戸市教員採用 教育法規

次の文は教育公務員特例法第22条である。(ア)、(イ)にあてはまる正しい語句の組合せを①~④から選び、番号で答えよ。

 

教員は、(ア)に支障のない限り、本属長の承認を受けて、勤務場所(イ)研修を行うことができる。

① ア 体調 イ を離れて
② ア 授業 イ に限り
③ ア 授業 イ を離れて
④ ア 体調 イ に限り表記

神戸市教員採用 教育時事

平成28年9月に文部科学省から通知された「不登校児童生徒への支援の在り方について」の内容として、誤っているものを①~④から選び、番号で答えよ。

① 不登校児童生徒の支援においては、予兆への対応を含めた初期段階からの組織的・計画的な支援が必要である。

② 校長のリーダーシップの下、教員だけで、組織的な支援体制を整えることが必要である。

③ いじめが原因で不登校となっている場合等には、いじめられている児童生徒の緊急避難としての欠席が弾力的に認められてもよい。

④ 不登校の要因や背景を的確に把握するため、学級担任の視点のみならず、スクールカウンセラー及びスクールソーシャルワーカー等によるアセスメント(見立て)が有効である。