神戸市

神戸市教員採用試験 集団面接は1分間自己PRが大事

神戸市の集団面接の傾向が知りたい

集団面接では、どんな質問がされるの?

このような情報を求めている方、多いのではないでしょうか。

1次試験を合格するためには、集団面接の評価がとても重要といえます。

理由は、筆記試験の点数は70点しかなく受験者同士で差がつきにくいからです。

近年の教員採用試験は面接試験を重視する傾向があり、筆記試験だけよくても合格することはありません。

まずは集団面接の内容と傾向を理解して、対策をはじめましょう。

神戸市教員採用試験のすべて
神戸市教員採用試験 合格するための試験傾向まとめ神戸市教員採用試験の試験日程は?どんな試験内容?倍率は?教養試験の傾向は?など、試験に合格するための情報をまとめました。本記事を読むことで神戸市の教員になるために必要なことがわかります。...

神戸市教員採用試験 集団面接の傾向

神戸市教員採用試験 集団面接の傾向

実施要項には「集団面接試験」としか記載がないため、

 集団面接の練習をするぞ!!

と、意気込んで対策をはじめようとします。

しかし、本試験の流れは、

① 1分間 自己PR

② 集団討論(20分)

③ 集団面接(30分)

と、なっています。

集団討論の練習も兼ねて対策をしておかなければいけないので注意が必要です。

1分間 自己PR

試験会場に入室し、着席すると初めに1分間で受験番号・氏名・自己アピールをします。

タイマーで1分間を計られているため時間オーバーに注意。

面接試験では第1印象がとても重要です。この自己PRで良い印象を与えられるように練習しましょう。

集団討論

はじめに3分間、テーマに対する自分の考えをまとめる時間があたえられます。

その後、グループ全員でテーマについて意見を出し合い討論を実施。

進行は司会者を決めて行います。

よく集団討論では「司会者になると評価が良くなる」といわれていますが、上手く進行ができないと逆に評価をさげます。

自分の適性を考えて司会者になるかどうか考えましょう。

集団討論のテーマ例

 神戸を愛する子供を育てるためにどのような学習を行うか。

 主体的・対話的で深い学びを実現するために、あなたはどのようなことに取り組むか。

 教育公務員として遵守すべきことはなにか。

集団面接

討論が終了すると、すぐに集団面接になります。

質問には「指名制」と「挙手制」があるため積極的に発言できるようにしたいですね。

集団面接では、次のことに注意しておきましょう。

 質問の意図を正確に理解して、簡潔に答える。

 他の受験者が発言しているときの態度

面接官は3名います。

面接官にも役割があり、

・発言しているときの姿勢や表情をみる人

・他の受験者が発言しているときの態度を見ている人

などです。

せっかく良い発言をしていても態度が悪ければ評価はあがらないため注意しましょう。

集団面接の質問内容

・集団討論で印象に残ったことはありますか。

・集団討論の出来を自己採点してください。

・長所と短所を教えてください。

・初対面の人と話すときに気をつけていることはありますか。

・これからの教員生活で大切にしたことはなんですか。

・10年後の児童生徒が身につけておくべき能力はなんですか。

・最近、気になるニュースはありますか。

・神戸市の魅力を一言で教えてください。

・良い先生とは、どのような先生ですか。

・児童が目の前にいるとして、自己紹介してみてください。

・今の面接試験に点数をつけるとしたら何点ですか。またその理由。

SPONSERD LINK

終わりに

神戸市の集団面接について内容をまとめました。

集団面接では自分だけではなく、ほかの受験者にも配慮する気配りが必要です。

討論でもそうですが、アピールしたいからといって自己主張ばかりすると逆に評価は下がるので気を付けてくださいね。

ABOUT ME
福永 真
大学卒業後、9年間中学・高校の社会科教諭として勤務。家庭の事情で退職後、某出版社へ就職。教員採用試験の担当を7年経験して41歳で独立。現在、大学や短大で今までの経験を活かし、教職アドバイザーとして活動中。高校受験の家庭教師もやっています。